不倫というと、「報われない切ない恋」とか「禁断のロマンチックな恋」または「割り切った大人の恋」というイメージが強い方が多いでしょう。しかし、実際のところ、不倫は、そういったシリアスな面だけではなく、間抜けで、珍妙で、ちょっとおかしい面もたくさんあります。
 
今回は、そういったほとんど語られることのない不倫の珍エピソードをご紹介していきます。
 

不倫の珍エピソード。ダブル不倫でばったり!

 

既婚者の不倫。男女どちらの割合が多いと思いますか? 正確な統計はありませんが、順当に考えて半々くらいが適切でしょう。しかし、なぜか、一部の男性は、自分は不倫するけど、妻が不倫なんてするわけない、とタカをくくっています。
 
Rさん(男性・30代)もそんな風に考えている男性のひとりでした。Rさんは誰もが知る商社の水産部に勤め、若い頃から今までモテ続けている男性です。大学時代の同級生と結婚してからも、商社に派遣できている女性と幾たびにもわたって不倫関係を築いてきました。
 
そんなRさんが、不倫相手の女性とラブホテルに行った際、事件はおこりました。その日は休日前でラブホテルは混んでいたため、少しロビーで待つことになったのですが、そこに、自分の妻が他の男性とやってきたのです!
 
Rさんは、妻を見て激怒しましたが、妻側も黙ってはいません。「あんたが不倫を繰り返してきたことは知ってる。私はこれが2人目だから、あんたよりマシ!」と啖呵を切ったのです。
 
Rさんはそれを聞いてさらに怒り狂います。初めての浮気ですらなく、2人目だなんて、と。しかし、当のRさんはさらなる不倫常習犯。妻は、「2人なんて少ない。あなたの浮気相手、少なくとも5人は知ってるから」。
 
騒ぎを聞いたラブホテルのスタップは、営業妨害になるからと、4人をその場から追い出したのですが、追い出されたRさんと妻の口論はヒートアップ。それぞれの不倫相手は呆れてその場から逃げ去ったといいます。
 
その後、Rさんと妻がどうなったかというと…なんと、それまで以上に仲良くなったとか。Rさんは妻が他の男性といる姿を見て、妻はRさんが他の女性といる姿を見て、お互い嫉妬したのだそうです。
 
愛情がなくなってしまえば、嫉妬なんて感情もわきません。Rさん夫妻の場合は、お互いの不倫現場を目撃したことで、奇しくもお互いの感情について再認識させられたのでした。

不倫で夫婦の絆が強まる?

 

通常、不倫は夫婦の絆を壊すと言われています。実際、不倫は離婚の正当な理由になります。
 
しかし、Rさん夫婦のように、不倫によって夫婦の絆が強まる事例も、少なからずあるのです。Rさん夫婦の不倫相手がどういった気持ちで不倫をしていたのかはわかりませんが、夫婦の絆が深まるきっかけにされた、という意味では、どうにも報われないものを感じます。
 
独身男女のみなさまに置かれましては、そういった自分が損をする不倫は徹底的に避けるべきでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■やっぱりしないのが正解だった。不倫後悔のエピソード
■不倫が旦那にバレた……もう全て終わり? 後悔エピソード
■https://magazine.gow.asia/column/affair/throb-episode/
 

不倫】の最新記事
  • 秘密の不倫愛…あの人の本当の気持ちを知りたいんです
  • 禁断の不倫占い|どうすれば彼を独り占めできますか?
  • 既婚者の恋占い|幸せor破滅?この恋、貫いた先に待っているもの
  • この不倫関係を続けていたら、幸せになれる?
  • 不倫占い|あの人と私、もう会わないほうが良いでしょうか?
  • 「本当に離婚する気はある?」不倫相手の衝撃本音
  • 不倫を止められないあなたが、今すぐ彼から卒業できる一言
  • 不倫タロット占い|結婚していますが、この思いを貫いてもいいですか?