既婚者と恋愛関係になってしまったけれど、体の関係はない、という場合、慰謝料を請求されるなどのリスクはあるのでしょうか?

今回は、体の関係を伴わないプラトニック不倫のリスクについてご紹介していきます。

プラトニック不倫で慰謝料は請求される?


普通、相手が既婚者だと知りながらも肉体関係を結んだ場合、不倫だとみなされて、恋愛相手の配偶者から慰謝料を請求されるリスクが発生します。

不倫の慰謝料の相場は50万〜300万円程度だと言われており、不倫がどの程度家庭に影響を及ぼしたのか、によって慰謝料の金額は変わってきます。

通常は、不倫といえば肉体関係を伴うものですから、「恋愛感情はあるけれど、体の関係はない」という場合には、慰謝料を請求されるリスクはかなり低いと考えられます。

そもそも、肉体関係があるかないかは、「ラブホテルにいった」などの客観的証拠から明らかになりますが、恋愛感情があるかどうかは、本人以外知りようがないものです。ですから、体の関係がなければ、不倫の証拠自体をつかみにくいと実態があり、やはり慰謝料請求には結びつきにくいと考えられます。

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • 不倫占い|彼は本当に奥さんと別れる気がありますか?
  • 不倫占い|奥さんがいる彼との関係、このまま続けていける?
  • 不倫相手に結婚された既婚女性のコメントが怖かった
  • 絶対に誰にもバラせない! 職場不倫がバレない3つの方法
  • 探偵に聞いた! 不倫で慰謝料を請求される証拠とは? メールはセーフ?
  • そろそろ潮時かも! 不倫関係を円満に別れる方法
  • 誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
  • W不倫の行く末…私が今の幸せを手に入れることになったワケ