既婚者と恋愛関係になってしまったけれど、体の関係はない、という場合、慰謝料を請求されるなどのリスクはあるのでしょうか?

今回は、体の関係を伴わないプラトニック不倫のリスクについてご紹介していきます。

プラトニック不倫で慰謝料は請求される?


普通、相手が既婚者だと知りながらも肉体関係を結んだ場合、不倫だとみなされて、恋愛相手の配偶者から慰謝料を請求されるリスクが発生します。

不倫の慰謝料の相場は50万〜300万円程度だと言われており、不倫がどの程度家庭に影響を及ぼしたのか、によって慰謝料の金額は変わってきます。

通常は、不倫といえば肉体関係を伴うものですから、「恋愛感情はあるけれど、体の関係はない」という場合には、慰謝料を請求されるリスクはかなり低いと考えられます。

そもそも、肉体関係があるかないかは、「ラブホテルにいった」などの客観的証拠から明らかになりますが、恋愛感情があるかどうかは、本人以外知りようがないものです。ですから、体の関係がなければ、不倫の証拠自体をつかみにくいと実態があり、やはり慰謝料請求には結びつきにくいと考えられます。


プラトニック不倫のリスクとは?


ただし、慰謝料の請求リスクがかなり低いからといって、既婚者とお互い恋愛感情を持ち、食事などのデートを繰り返すことにリスクが全く無いとは言い切れません。

デートを重ねていることがバレた場合、肉体関係を結んでいなくとも、肉体関係があると疑われて訴えられてしまうリスクはもちろんあります。

音楽プロデューサーの小室哲哉さんの不倫騒動が報道された際、ご本人が体の関係を否定しているのにも関わらず、世間からのバッシングや好奇の目に耐えかねて、結局は引退発表をするまでに追い詰められてしまったことは、記憶に新しいと思います。

法的に罰せられることがなくとも、会社や家族にプラトニック不倫がバレた場合、非難されたり、社会的地位が揺らいでしまうという可能性は多いにあるのです。

また、「体の関係がなければ、デートしてもいいだろう」と気軽にデートに応じているうちに、気持ちが抑えられなくなってしまい、体の関係を持つことになってしまった、というケースも考えられます。

さいごに


今回は、体の関係を伴わないプラトニック不倫のリスクについてご紹介してきました。

既婚者と関係を持つこと、また、結婚してから配偶者とは別の人と恋愛を始めることには大きなリスクが付きまといます。リスクがあると分かっていながらも、突き進んでしまうことは誰しもありますが、本当にその人は、あなたが社会的地位やお金や家族を失ってまで一緒にいたい人なのかは、冷静に判断する必要があるでしょう。

「あんな人のために人生を棒に振ってしまった」ということが無いように、不倫の誘惑にはリスクがあることをきちんと覚えておきましょう。

(今来 今/ライター)

■【実録】夫が3人の女性と不倫をしていた妻の復讐
■不倫占い|気になる人が既婚者だった……彼は私をどう思っている?
■既婚者が恋愛しても不倫じゃない。オープン・マリッジとは?

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • みんなはこうして不倫を終わらせる。終わった不倫関係のエピソード3つ
  • 不倫はダメ絶対?あなたは不倫肯定派?否定派?
  • 既婚男性が語る「理想的な不倫相手の条件」に対するリアルな本音
  • 不倫もイロイロ?みんなの不倫エピソード3つ
  • 効果的過ぎて恐ろしい?不倫相手フィルター
  • コレなら好きになっても仕方ない?既婚者男性の魅力を語らせたら止まらない件
  • 「不倫=不幸」じゃない。不倫で幸せになれた女性の体験談
  • ハッピーorバッドエンド?みんなの不倫の結末とは