既婚者と恋愛関係になってしまったけれど、体の関係はない、という場合、慰謝料を請求されるなどのリスクはあるのでしょうか?

今回は、体の関係を伴わないプラトニック不倫のリスクについてご紹介していきます。

プラトニック不倫で慰謝料は請求される?


普通、相手が既婚者だと知りながらも肉体関係を結んだ場合、不倫だとみなされて、恋愛相手の配偶者から慰謝料を請求されるリスクが発生します。

不倫の慰謝料の相場は50万〜300万円程度だと言われており、不倫がどの程度家庭に影響を及ぼしたのか、によって慰謝料の金額は変わってきます。

通常は、不倫といえば肉体関係を伴うものですから、「恋愛感情はあるけれど、体の関係はない」という場合には、慰謝料を請求されるリスクはかなり低いと考えられます。

そもそも、肉体関係があるかないかは、「ラブホテルにいった」などの客観的証拠から明らかになりますが、恋愛感情があるかどうかは、本人以外知りようがないものです。ですから、体の関係がなければ、不倫の証拠自体をつかみにくいと実態があり、やはり慰謝料請求には結びつきにくいと考えられます。

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • リスクゼロ?プラトニック不倫の落とし穴
  • 不倫占い|この恋は終わらせて、次の恋愛に踏み出すべき?
  • 男性が不倫を始める心理
  • 不倫占い|あなたが知らない、彼の家庭の事情とは?
  • 不倫占い|彼が言う愛の言葉は本物ですか?
  • 不倫占い|好きな人にはパートナーがいた……この恋は諦めるべき?
  • 既婚女性が不倫を始めるきっかけってどんなもの?
  • 不倫占い|不倫相手の彼の言葉……どこまで本気なの?