不倫を何度もくり返すような男性に捕まってしまうと、結局は後悔するようなことになるだけです。
 
だからこそ、不倫をくり返すような男性にはどういった人が多いのかは、きちんと把握しておきましょう。
 
そこで今回は、不倫を「くり返す」男性の特徴について紹介します。
 

「言い訳」がうまい

 

「口がうまい男は、自分は誰でも簡単にだませるという自信がある。だから、何度も何度も同じことをくり返すんです」(20代・女性・営業)
 
言い訳がうまい男性は、たとえ不倫がバレたとしても、結局は逃げ切ることができてしまいます。
 
そのため、言葉巧みに説得をして奥さんのことをなんとか言いくるめ、ほとぼりが冷めたらまた不倫をするパターンになりがち。
 
嘘が上手だったり、口がうまかったりする男性は、女性を口説くのも得意である傾向になるので、まんまと口車に乗せられないように注意してくださいね。

「罪悪感」がない

 

「不倫をすることを悪いことだと思ってないから、また気になる子ができたら不倫をしちゃう。そういう男性って結構多いですよね」(30代・女性・IT)
 
不倫や浮気を何度もくり返すのは、そもそもそこに罪悪感をほぼ抱いていないから。
 
口では謝罪の言葉などを述べていても、実際には特になんとも思っていないというのが本音でしょう。
 
真剣に反省していたり、改心しようとしたりする姿勢が感じられないのなら、実はそこまで悪いとは思っていない可能性もかなり高いですよ。
 

「優柔不断」で拒めない

 

「はっきりとNOと言えないから、女性の誘いを拒めない男性もなかにはいますね。変にモテるから、結局は何回も不倫しちゃってる。」(30代・女性・WEBデザイナー)
 
優柔不断な性格ではっきりと断ることができない男性も、不倫や浮気をくり返す場合があります。
 
女性から積極的にアプローチをされて、流されるままに不倫に陥ってしまっているというパターン。
 
誰にでもやさしい男性は、いい男のようにも見えますが、芯がまったくない人だったら、奥さんや彼女はつらい思いをすることになるかもしれませんよ。

「大きな代償」を払っていない

 

「うまく逃げきれたり、なんかあまりおおごとにならずに済んだ人って、また不倫しますよね。大丈夫だろって思っちゃうんでしょうね」(30代・女性・ネイリスト)
 
不倫をして痛い目に遭った男性は、さすがにそこでもう懲りるはずです。
 
でも、そこまで大きな代償を払っていない男性は、苦い経験になっていないので、また不倫をしようという思いが湧き起こりがち。
 
きつい状況になっていなくて、まだヘラヘラと女性に近づいているような男性は、限りなく危険度が高いと言えるでしょう。
 

さいごに

 

不倫を悪いことだと思っていなかったり、大して反省していなかったりする男性は、結局は同じことをくり返す可能性が高いです。
 
そういった男性には、あまり近づかないほうがいいかもしれませんね。
 
(山田周平/ライター)
 
■後悔しても遅い――恐ろしすぎる「不倫の代償」エピソード
■そんな気はなかったのに…「不倫」に陥った原因エピソード
■違いを知りたい!「浮気」と「不倫」の境界線は一体どこなの?

不倫】の最新記事
  • 気をつけて! 既婚男性が20代独身女性を狙う時に考えていること
  • バレなきゃ平気だと思ってる――不倫する人の考え方
  • 実はみんな知ってる…「社内不倫」がバレる思わぬ原因
  • 不倫エピソードの中で一番多いのは職場不倫?
  • 結婚したら恋愛しちゃダメなんて誰が決めたんですか?
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.2】
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.1】
  • 夢から覚め、失ったものの大きさに愕然とする熱愛不倫の恐ろしさ