自分の手のなかにあるもの以外を欲しくなってしまうひとが、世の中にはいるようです。いわゆる「無い物ねだり」というやつなのですが、そんな人が恋愛に走ると、結婚していたり、彼女がいたりする男子ばかり好きになってしまいます。
 
本人はなんとなく無意識に好きになっているのかもしれませんが、周りの人間にとったら迷惑な話でしかありません。だって、自分のものを盗りにきているわけですから。
 
もし、身近にこのような人がいたらいち早く危険を察知し、ディフェンスを固めなければいけません。そんなときのために今回は、特定のパートナーが既にいる男子と関係を持つ女性の種類についてご紹介します。
 

1.狩人系女子

 

「人のものだからこそ価値があるように見える。あの娘から奪ったら私の方が魅力的だってこと。私の魅力を証明した」と考えて、積極的にアピールし、落とすまでを楽しんでいる女子もいます。
 
こういった狩人系女子の場合、自分のものになって、相手が本気になりはじめたとたんに気持ちが覚めてしまいがちです。次から次に、飽きるまで狩るのが狩人系女子の特徴です。狩人系女子が落ち着くのは、狩りに飽きたときだけです。

2.悲劇のヒロイン女子

 

既婚者や彼女持ちを好きになって、関係が始まったとしても、本命として扱われない女子もいます。
 
本命がいるのでデートもおおっぴらにできなかったり、クリスマスや年末年始は独りぼっちになってしまったり、つらいことも多いのですがひたすら耐えるのが悲劇のヒロイン女子です。
 
本人も気が付いていない場合が多いのですが、「つらい、でも好き」という感情に酔うのが好きなので、つらいと言いつつも関係を終わらせようとはしません。
 

3.つまみ食い女子

 

「既婚者や彼女持ちだったら、一晩遊ぶのにちょうどいいかな」という軽い気持ちで狙ってくる女子もいます。
 
そういったつまみ食い女子は、本気の関係を求めていないので、フリーの男子よりも既婚者や彼女持ちの方が都合がいいと感じています。

4.コミットメント恐怖症女子

 

本気の関係を心の底では望んでいるにも関わらず、彼女持ちの男性に近づいてしまったり既婚者からの誘いにのってしまう女子もいます。
 
彼女たちは、ひとりの男性とコミットして、幸せになることを心の奥で恐れています。自分に自信が無い場合も多く、「私には恋愛で幸せになる資格なんてない。二番手がちょうどいい」とコミットすることや、一対一の関係になることを無意識で避けてしまっている場合もあります。
 

さいごに

 

今回は、既婚者や彼女持ちなど、すでに特定のパートナーがいる男性を好きになったり、関係を持ってしまう女性の心理について解説してきました。
 
自分で好んで選択している場合は問題ないのですが、「既婚者ばかりを好きになってしまってつらそういった行動をとってしまうのか、一度自分の心の中を見つめ直してみる必要があるでしょう。
 
また、余談ですが、本気の恋でなくとも、既婚者と肉体関係を持ってしまった場合には、妻から訴えられる危険性がでてきます。「ちょっとした遊びのつもりが100万円請求された」という悲劇を避けるためにも、本気の恋でないのなら、既婚者と深い関係になることは避けた方が無難でしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■あの子も不倫してるかも?不倫する女性の特徴
■だからいつも2番目? 不倫相手に選ばれやすい女子の特徴
■既婚女性が不倫を始めるきっかけってどんなもの?
 

不倫】の最新記事
  • 不倫バレした子持ち妻に訪れた、夫と社会からの冷ややかな仕打ち【前編】
  • 最近、「不倫」って軽い言葉に聞こえていませんか? 実際はこんなにも重たい不倫の事実
  • 「不倫になるか浮気で終えるか」男性が考えるボーダーラインとは?
  • 不倫になることを承知で関係を持ったのに、今更怖くなった人へ
  • 不倫する男は優柔不断が多い? 貞操観念が薄くなる男性の特徴とは?
  • 不埒な既婚男性が狙う「声をかけやすい女性」の特徴とは?
  • 妻に不倫された夫がとる行動4選
  • 子煩悩で家庭的な「イクメン男性」が不倫に走る理由とは?