この記事では、不倫の良し悪しについてのジャッジは行いません。しかし、不倫という関係への関わり方については良し悪しがある、ということを述べさせていただきたいと思います。
 
物事は捉えようで、不倫関係を楽しめる人もいれば、不倫関係に悩まされストレスまみれになる人もいます。
 
同じ不倫を行なっていても、それが楽しめる人と苦しんでしまう人がいるのはなぜなのでしょうか?
 
自分が一番になれると期待しているか、期待していないか
不倫におけるお悩みで一番耳にするのは、「彼がいまの奥さんと離婚してくれるのか不安」というお悩みです。
 
この「いつか自分が一番になれるかもしれない」という期待感がある人は、不倫関係に心を蝕まれます。
 
逆に、不倫相手がどれだけ魅力的な相手だろうが、「自分が一番になろうなんて微塵も思っていない」人は不倫を全力で楽しむことができます。
 
相手には最愛の相手がいる、それをわかった上でおつきあいをする背徳感が楽しくて不倫にハマっているのです。
 

二番目の女は一番目には絶対なれない

 
自分がいつか一番目の女になれるんじゃないか、と期待しながら不倫関係を続けることは「悪い」不倫との関わり方だと断言します。
 
なぜなら、相手が本当に真剣に不倫相手のことを選ぼうとするなら、「きっちり別れてきてから」付き合おうとするはずだからです。
 
不倫をしている、という時点で、その恋は絶対に実らないことを証明しているようなものなのです。
 
多くの女性が勘違いしていますが、男性は二番目の女を一番目に繰り上げるなんてことはほとんどしません。
 
一番目の席が空いたら、また別の一番目の女がその椅子に座るだけであり、二番目の女はいつまでも二番目の女なのです。
 
不倫はどちらかが真剣になったらオシマイ
一方の不倫を楽しんでいる人は、その二番目の女でいることを重々理解しているのです。
 
なんなら相手のことも二番目の男として見ているのです。お互いがお互いにとって二番目でしかない、だからストレスなくその関係を楽しめるんですね。
 
個人的には不倫関係になることは否定もオススメもしませんが、どちらかがどちらかに真剣になったら終わり、だと思っています。
 
もしお相手に真剣な交際を求めるなら、「きっちりカタをつけてきたらまた会いましょう」とハッキリと伝えるべきです。
 
それでお相手の本音もしっかり探ることができるはずです。
 

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • 不倫相手の彼が「どうしてもあなたに会いたい」と思う瞬間
  • 独身時代に出会っていたら、彼は私を選んでいた?
  • 旦那or不倫相手?あなたが選ぶべきパートナーとは
  • この不倫…バレずに関係を続けられますか?
  • 不倫相手の彼と旦那、どちらを選ぶべき?
  • あなたたちの不倫関係を、周りはどう見ている?
  • この不倫関係を続けていたら、幸せになれる?
  • 年末年始も意外と遊べる? 不倫カップルの年末年始のデート事情