今年のゴールデンウイークは、多くの人が楽しみを奪われてしまってしまいましたよね。そんな中不倫カップルはどんな掟をつくってゴールデンウイークをやり過ごすのでしょうか。
今回はゴールデンウイークの不倫カップルの掟をご紹介します。
 

そもそも会う話すらしていない

 

「世間がこんなことになっているので、そもそも会う話すら1ヶ月くらい出ていません。ゴールデンウイークは、元々家族と過ごす予定だったというのもあります」(40歳事務/)
「実はお互い医療従事者。不倫どころでは無い日々です。ただ時間が空けば連絡をとりあってお互い励まし合っています。」(43歳/看護師)
 
不倫は、日々の生活の中で最も不要不急のもの……その自意識がある人は自分たちは会うべきでない、と判断しているようてますね。
そもそもこのような事態にならずとも会う予定ではなかった人も多いようです。
 
医療従事者の方や仕事が休めない方はこの事態でゴールデンウイークも休むことができないようですが、辛い時期も不倫相手と連絡をとることで乗り越えているようです。

事態が収束するまでは会えない

 

「この事態が収束するまでは会えない予定です。子供が学校休みになってしまったので」(36歳/パート)
「お互い会って感染したらどこで感染した?となり非常にまずいので、会いません」(42歳/製造)
 
ゴールデンウイーク以前に、コロナウイルスが蔓延し始めてから会うのを控えている不倫カップルも非常に多かったです。このままいくとゴールデンウイーク中も自粛ムードは続くので、無闇に他人と会うことはできませんよね……。なかには不倫相手がコロナウイルスに感染したようで連絡も取れない、ゴールデンウイークは絶望的、という衝撃的なエピソードも。
 

世間の風潮に沿ったデート

 

「コロナは長期化するのが分かってきたので、お互い細心の注意を払いながらデートする事に決めました。おうちデートしてます」(31歳/営業/)
「会う頻度を半分以下に下げて、体調管理はもちろん、菌だらけの可能性が高いのでホテルは行かない、お互い以外の家族とは極力会わない、と精一杯の自粛をします。」(35歳/建築)
 
コロナウイルスの影響でゴールデンウイーク前後含めて長期休みになる不倫カップルも少なくありません。また、今後収束の目処も立っておらず、今年いっぱい、来年以降も流行が収まっている保証はありません。
 
もちろん会わない、というのが最善の方法ではありますが、長期戦が覚悟されるので、細心の注意を払いながらデートをするカップルも。

不倫関係も本当にお互いに必要な関係かどうか振るいにかけられる

 

ゴールデンウイークは、元々会えないという覚悟の不倫カップルが多いため、このような事態でも会えないことに耐えることが出来るカップルが多いよう。
今年の場合はゴールデンウイーク前後にも連休が加わる可能性も高いので、長期間会えない可能性がでてきます。このような事態に不倫関係もデトックスしてしまうか、会える日を夢見てお互い思い続けるのか、試されることとなります。
 
今年の不倫カップルのゴールデンウイークは、お互いの愛を確かめる正念場になりそうです。
 
(mashu/ライター)
 
■絶対這い上がれない?不倫の泥沼エピソード4つ
■サイコーでサイテー?不倫で経験したドキドキエピソード
■みんなはこうして不倫を終わらせる。終わった不倫関係のエピソード3つ
 

不倫】の最新記事
  • 被害者なのに不利? 不倫されたのに離れられない「サレ妻」の弱み
  • 彼氏は既婚者だった!? 知らずに不倫してしまった女子たちのエピソード
  • 既婚女性の不倫事情「妻が、母が家族を裏切る」きっかけとは?
  • アレもだめ、これもダメ。不倫カップルの暗黙のルールとは
  • やり方が卑劣!「不倫狙いの男性」がやりがちな行動
  • どうしてもやめられない……既婚男性にしか恋できない女子の心理とは
  • 【不倫略奪】曖昧な彼の決心「いずれ離婚する」を今にする方法3選
  • まるで夢みたい?不倫カップルの一日デートプラン