不倫をすると、大きな代償を払わなくてはいけなくなる危険性も高いです。
 
だからこそ、どういった目に遭う場合があるのか、ちゃんと知っておくことも大切でしょう。
 
そこで今回は、女性が不倫をして「失ったもの」を紹介します。
 

「会社」を辞めることになった

 

「会社の先輩と不倫しているのがバレて、結局私が会社を辞めることになりました。あのままあそこにいるのは、さすがに無理でしたからね」(20代・女性・営業)
 
同じ職場の人との不倫だった場合は、バレたときに厄介なことになりがち。
 
少なからず仕事に支障もきたすでしょうから、会社を辞めなければいけなくもなるかもしれません。
 
たとえ会社に残ったとしても、同僚から白い目で見られる可能性はあるので、居心地の悪さはどうしてもあるのでしょう。

「お金」を支払った

 

「不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されて、えらい目に遭った友人がいます。完全に自業自得ですけど、悲惨すぎる結末でしたね」(30代・女性・販売)
 
不倫をしていた事実がバレてしまったら、相手の奥さんから慰謝料を請求されるかこともあるかも。
 
そうなると、最悪の場合、お金を支払わなくてはいけないことになるケースも…。
 
不倫にはそれなりの代償を伴う危険性も秘めていることを自覚しておかないと、大きな後悔をする羽目になってしまいますよ。
 

「友人」から縁を切られた

 

「既婚男に捕まっちゃって、友達からは止められてたのに無視して不倫しちゃったことが…。その後、その友達からは縁を切られることになりました…」(30代・女性・エステティシャン)
 
不倫をしたことによって、周りから人が離れていってしまう場合もあるもの。
 
信用を失ったり、呆れられたりして、友人から縁を切られることだってあり得ます。
 
好きな人ができるとその人のことしか見えなくなってしまうようなタイプの女性は、友人や知人などの声に耳を傾けなくもなりやすいので、特に注意したほうがいいでしょう。

「時間」を無駄にした

 

「3年間も不倫をしている知り合いの子がいて、もうやめなよっていつも言っています。あの不倫相手は絶対に奥さんと別れるつもりなんてないのに…」(20代・女性・IT)
 
長い期間に渡って不倫をしてしまうと、それだけ多くの時間を費やすことになります。
 
そうやって時間を無駄にしたことを、別れてから後悔する女性は少なくないかも。
 
「いずれは妻と別れるから」なんて男性の言葉を鵜呑みにすると、ダラダラと不倫関係を続ける羽目にもなりかねないですよ。
 

さいごに

 

不倫をしたら、やはり後悔する羽目になるが多いです。
 
本人はちょっとした火遊びのつもりであっても、そんな簡単な話では終わらないケースだって十分にあり得ることですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■どうしても抜け出せない…「不倫」がやめられない女性の原因は?
■もう戻れなくなる…深入りしすぎないための「不倫の引き際」
■ダブル不倫が与える「当人たち以外」への悪影響とは?

不倫】の最新記事
  • 気をつけて! 既婚男性が20代独身女性を狙う時に考えていること
  • バレなきゃ平気だと思ってる――不倫する人の考え方
  • 実はみんな知ってる…「社内不倫」がバレる思わぬ原因
  • 不倫エピソードの中で一番多いのは職場不倫?
  • 結婚したら恋愛しちゃダメなんて誰が決めたんですか?
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.2】
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.1】
  • 夢から覚め、失ったものの大きさに愕然とする熱愛不倫の恐ろしさ