未婚者の不倫関係って気づかぬうちに泥沼にハマってしまいがちなんですよね。相手は既婚者にもかかわらず、「わたしにはこの人しかいない」思ってしまいがち。
 
今回は、世に多くの恋愛対象がいる中で「不倫相手を絶対に離さない!」と決めた女性の行動をご紹介します。
 

体の相性や手料理で心をつかむ

 

「女の武器を存分に使います。まずはやっぱり夜の相性を極めることですね。奥さんとはできないようなプレイもどんどんしてあげてます。ベッドの上で満足してもらえるようにいろいろ研究するのです。あとは、彼の奥さんが作れないような料理をつくったり、デザートも作ってあげたりします」(24歳/事務)
 
「彼は奥さんとはレスなので、彼が満足できるまで抱き合います。彼の奥さんは料理が上手らしいのですが、オシャレ過ぎて食べた気がしないときもあるらしいのです。なのでわたしは居酒屋風の料理を研究して、彼の好みにとことん合わせます」(28歳/歯科衛生士)
 
不倫をしている男性は奥さんとセックスレスの場合がとても多いのです。なので、触れ合いを重視する女性が多いようです。
 
料理に関しても、食の好みが合わなかったり育児や仕事でなかなか料理に手をかけられなかったりする奧さんが多いので、胃袋を掴んで話さない女性も多いようです。

奥さんの悪口やあらさがしを始める

 

「付き合い始めは良い子だと思われるために奥さんのことを褒めていました。でも本気になったら奥さんの間違いをバンバン指摘します。「その奥さんの行動って間違ってるよ。わたしならこうするしもっとあなたを大切にする」って猛アピールしますね」(27歳/事務)
 
「奥さんのSNSをくまなくチェックして、「奧さんまた高い化粧品買ってるよ」「奧さんまたランチしてる。あなたは500円のランチで我慢してるのにあんまりだよね」と、奥さんのあらさがしを徹底的にします。全部嘘じゃなくて事実を伝えるまでです。」(25歳/販売)
 
奥さんの悪口ばかりで嫌な思いをさせてしまうこともありそうですが、奥さんの欠点を的確に指摘することで、男性の気持ちを徐々に確実に冷めさせようとする作戦です。
 

妊娠させようとする

 

「ちょっと強行手段だけど、妊娠するように仕向けている最中です。彼にはピルを飲んでるって言ってあって、毎回中に出してもらってます。でも、実はピルなんて飲んでません。いつか妊娠したら「飲み忘れてた」ということにして、奥さんと別れてわたしと結婚してもらおうかな、と思ってるのです」(27歳/美容師)
 
「ゴムをつけてあげる。と言って、わざと袋を乱暴に開けたり爪を立てたりして、破れやすくしてます。いつか、本当に破れてしまう日はそう遠くないはずです。」(25歳/販売)
 
こちらは、かなりショッキングな行動で、物議を醸しているステルシングにも通じますし、法に照らせば罰せられてしまう行動。
 
妊娠をしてしまったら男性は確実に離婚してくれる……という算段でしょうが、捨てられてしまう可能性もあります。
 
非常にリスクの高い行為ですし、「罪に問われることを知らなかった」では済まされない文字通り倫理観を失った行動と言えます。自分の欲求を満たすために、大切にすべき命をないがしろにすることにもなりかねないことに気がついてほしいものです。

不倫相手への執念が常軌を逸してしまうことも

 

不倫関係は、フェアな恋愛関係ではないため、相手を手に入れるために手段を選ばなくなってしまうことが多いのです。しかし、大切なのは“今”だけではありません。未来を見据えた関係には、後ろめたいことがあってはならないでしょう。
 
ぜひ自分の魅力だけで一途に想ってくれるような人と、結ばれたいものですね。
(ライター/mashu)
 
■不倫バレした子持ち妻に訪れた、夫と社会からの冷ややかな仕打ち【前編】
■不倫バレした子持ち妻に訪れた、夫と社会からの冷ややかな仕打ち【後編】
■「もうこの人との関係は終わりだな」不倫していた女性が不倫をやめたわけ 3選

不倫】の最新記事
  • 気をつけて! 既婚男性が20代独身女性を狙う時に考えていること
  • バレなきゃ平気だと思ってる――不倫する人の考え方
  • 実はみんな知ってる…「社内不倫」がバレる思わぬ原因
  • 不倫エピソードの中で一番多いのは職場不倫?
  • 結婚したら恋愛しちゃダメなんて誰が決めたんですか?
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.2】
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.1】
  • 夢から覚め、失ったものの大きさに愕然とする熱愛不倫の恐ろしさ