最近SNSやアプリが発展し誰もが既婚者と関係を持ったり、既婚者同士のコミュケーションも増えてきました。不倫のパターンも多様化してきています。
 
今回はみんなの不倫エピソード3パターンをご紹介します。
 

既婚男性×独身女性エピソード

 
「会社の上司なんですが、既婚の人と付き合ってました。家庭の不満があるのに頑張ってる彼の癒しになるために頑張ってましたが、クリスマスも誕生日も会えないし、小遣いが少ないからお金ないと言い出してわたしがホテル代とか出さないといけなくなって……別れましたね」(29歳/事務)
 
1番スタンダード(?)な不倫のタイプの既婚男性と独身女性の不倫。昔からよくある、「愛人」というやつですね。
 
既婚男性は魅力的に見えますし、不倫相手との時間に最大限の癒しをもとめているのて甘い恋人同士のような関係になりやすいのですが……最初は頑張ってくれていたデート代が段々出せなくなったり、イベントは毎回家族を優先され、せつない思いをしたり……耐えきれなくて別れてしまう、王道不倫パターンです。

ダブル不倫エピソード(子供なし)

 
「お互い結婚して5年くらいで、子供がいませんでした。パートナーとはレスになっていて、仲は悪くないけど……って感じで。不倫相手は実は元恋人で。SNSで連絡をとるようになって、また会うようになったのがきっかけです。前付き合ってたこともありお互いの悩みとか話しやすくて自然な感じで不倫関係になりました。たまに、彼の奥さんが羨まくなっちゃう時がありますが、家族はパートナー、恋愛は不倫、という、いいバランスでお付き合いできてると思います。」(33歳/看護師)
 
一世を風靡した不倫ドラマはこのパターンでしたね。
子供がなかなかできないしがらみで不仲になったり、夫婦の仲は良いけど刺激が足りず外に求めてしまったり……というカップルが増えています。
 

ダブル不倫エピソード(子供あり)

 
「高校、中学生の子供がいますので、家族に悟られないよう細心の注意を払ってお付き合いしてます。外デートは少なくとも市外で、基本的に会うのはホテル。連絡も最小限です。細々とした付き合いですが、お互いいい息抜きになってると思います」(41歳/パート)
 
少し大人な、年代に多いのがこのパターン。子供が中高生になりだいぶ手が離れ、自分の楽しみも作れるようになった時期に恋愛を楽しむ人が増えています。
 
子供が多感な時期で行動範囲も広くなり感づきやすいので、細心の注意は必要となってきますね。

既婚女性×独身男性エピソード

 
「わたしには子供も夫もいますが、彼は独身。時間も、合わせてもらって、経済的にも彼にいつも頼っています。彼のおかげで癒しを貰えてるし日々頑張れてますが……彼も彼女をつくって結婚しなければならないので、長くは続かない関係だな、と考えてます。ちなみにアプリで出会いました」(31歳/パート)
 
最近増えているのが、若い男の子と人妻さんのカップルパターン。
仕事が忙しく、趣味を大切にしたいけど癒しは必要な独身男性と、生活もうまく割り切りながらも女性としての楽しみは必要なら奥様はマッチしやすいようです。
 
ラブホテルでも、綺麗な奥様の、運転するファミリカーの助手席に若い男の子が座っている、なんてカップルも見かけるようになりました。
 

不倫のスタイルは変わってきている

 
昔は不倫といえば既婚男性の不貞、ドロドロ、というイメージですが、最近は既婚女性が主導権を握る不倫も増えてきています。
 
意外とそのパターンはバランスが取れていることもあるので、スマートに始まりスマートに終わることも多いようですね。
 
(mashu/ライター)
 
■不倫を活用するとイイ女になる!? 超ポジティブな不倫ルール3選
■不倫相手が本気になってしまったら?リスクと対策
■ホテル代はどっち持ち?ダブル不倫カップルのデート代のリアルとは
 

不倫】の最新記事
  • 不倫でもメリークリスマス?不倫カップルのクリスマスの過ごし方
  • 意外と上手くいく?不倫バレした時の切り抜け方4つ
  • 絶対這い上がれない?不倫の泥沼エピソード4つ
  • 不倫相手ってセフレなの?既婚者の本音直撃
  • みんなはこうして不倫を終わらせる。終わった不倫関係のエピソード3つ
  • 不倫はダメ絶対?あなたは不倫肯定派?否定派?
  • 既婚男性が語る「理想的な不倫相手の条件」に対するリアルな本音
  • 不倫もイロイロ?みんなの不倫エピソード3つ