不倫をしている女性は二極化しがち。相手に遊ばれて苦しみの多い女性と、自分から能動的に遊んで楽しんでいる女性。
同じ女性同士の不倫なのに、その違いはどこにあるのでしょうか?
今回は不倫の恋に振り回されがちな女と遊びと割り切れる女の違いをご紹介します。
 

不倫の恋に振り回されがちな女 ①相手に惚れ込み、依存している

 

恋愛経験が浅かったり、恋愛自体がものすごく久しぶりだったりすると、みるみるうちに心を奪われてまわりが見えなくなりがち。罪なことに、不倫相手の男性は自分に惚れ込んでいることを見抜いてくるので、都合いい不倫関係に持ち込もうとしてきます。
 
ですが男性側は都合のいい遊びとして思っていない場合が多く、ほどよくつなぎ止めておける程度の愛情表現はしてきます。
「わたし遊ばれてるのかな?」と落ち込みながらも、このつなぎ止めておくための愛情表現に舞い上がって、「やっぱりわたしは愛されているんだ」と浮かれてしまう繰り返しになってしまうのです。

不倫の恋に振り回されがちな女 ②不倫と結婚生活の本質をわかっていない

 

特に独身女性やシングルマザーである場合、結婚生活のリアルが分からない場合が多く、不倫の恋に振り回されがち。
結婚生活は想像以上にあたたかいもので、しかしそれ以上に言いようのないさみしさや苦労がつきまとうもの。
 
既婚者は、幸せを掴みながらもその言いようのない寂しさを埋めるために不倫をしているのです。不倫相手である自分がその「寂しさを埋める係」であることを認識しておらず、彼の恋人、そして最愛の人、という自覚を持ってしまっていると、弄ばれることなります。
 

不倫が遊びだと割り切れる女 ①セックスのためだけに不倫をしている

 

これはある程度年齢を重ねてきた既婚女性やキャリアウーマンの独身女性に多い傾向にあります。
恋愛の駆け引きやトキメキを面倒に感じてきているけれど、癒しやストレス発散はしたい、そう考えてセックスのためだけに不倫をするパターンです。
 
相手が既婚男性なら好意を持たれすぎることもないですし、いい距離感で後腐れなくセックスと程よい刺激を楽しむことができます。

不倫が遊びだと割り切れる女 ②所詮不倫、という考えが念頭にある

 
①ではセックスのみ追求する女性を紹介しましたが、もちろん心を癒し合う継続的な不倫関係を望む女性のほうが多数ですよね。そんな中、気持ちを寄せ合いながらも常に「だけどこれは不倫」と念頭に置きながら不倫する女性は、不倫相手にのめり込みすぎず、遊びとして割り切ることができます。ちょっと真剣なお遊び……といったところでしょうか。
 

不倫相手に遊ばれるか、自分が遊ぶかは、不倫の本質を理解しているかどうか

 

不倫相手に遊ばれてしまう女性は、不倫初心者であることが多く、ついついのめりこんで、相手に遊ばれている事に気が付かないでいることが多いです。
逆に遊びと割り切れる女性は過去に不倫にまつわる失敗を経験したり、周りで失敗している人を見て学習しているようです。
不倫もやり方次第でスマートにこなすことができるものですが、それでも油断すると痛い目に遭うのが不倫の恐ろしいところです。
 
(mashu/ライター)
 
■「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の5つの違いとは?
■不倫を楽しむ人と、不倫で人生を棒に振る人
■暇つぶしと愛は紙一重? 男女の不倫に対する価値観の違いとは?
 

不倫】の最新記事
  • 切ない不倫占い|やっぱり遊び?彼の本当の気持ち
  • 不倫占い|禁断の恋を経て、あなたが得るものとは?
  • 不倫占い|あの人は私との関係に罪悪感を持ってる?
  • 既婚者への恋|思い続ければ叶う?
  • 不倫占い|曖昧な関係、この先打破できる?
  • 禁断の恋◆相手がいるあの人…この先結ばれる未来は訪れる?
  • 不倫略奪愛|彼を独占することは可能?
  • あの人を私のものにしたい!恋が叶う可能性は何%?