不倫問題はいつの時代もワイドショーを賑わし、ご婦人方の話題の種になってきました。
 
一つ違うと言えば、時代の流れと共に不倫に対する考え方も変わってきているということ。
 
何となく男性は不倫を容認し擁護発言している気がしますが、果てして男性の不倫に対する価値観はどうなのでしょうか。
そこで今回は、男性目線で男性の不倫に対する価値観を考察してみました。
 

不倫する男はかっこいい?

 

不倫する男はかっこいいでしょうか?
一般人は不倫しても謝罪会見を開かないのでわかりませんが、涙ながらに謝罪会見しているタレントを見て「かっこいいな」と思う男はまずいません。というか……かっこ悪すぎ。
 
男のかっこいい基準というのも時代と共に変わっていますが、男の意地とか、プライドとか、生き様というか、保身のない姿勢というか、そういうのが男のかっこよさの一つだと思うので、奥さん一筋の男も男から見てかっこいい男の一人であり、不倫して謝罪しているような奴をかっこいいと思う男はまずいません。
 
ただ、不倫したタレントが会見開いて「俺は女が好きなんだ!俺は何人も愛するんだ!何が悪い」と、たとえ世間から非難されても、それが原因で無職になろうとも、離婚しようとも、己の信念があって不倫をしたなら、それは一つのかっこよさだと感じるところではないでしょうか。
 
それは男に限らず、例えば、「独身の男に手を出して何が悪い!私は死ぬまで女であり、女を謳歌するんだ」と不倫した女性タレントがこのような会見を開けば、応援したくなる女性も多いのでは?
 
ただ、不倫自体をダメとする女性からすると、不倫している人を軽蔑することもあるかもしれませんね。
その点からみれば、確かに男は不倫男に対して軽蔑はしません。ですが、かっこいいとも思っていません。
 
ただ、不倫男に「モテる」というイメージを持っている人はいます。
でもこれは、「不倫」という倫理と、「モテる」という俗念的なことを、男は別に考えているため、単純に「モテる」と思ってしまうだけです。
「不倫」=「モテる」ではなく、複数人の女性の心を射止めているという事実に対し、単純に「この人はモテるんだ」と思ってしまうということ。
 
そのため、お金払っている不倫は「モテる」に入りませんから、例えば風俗に通っている既婚者男性がいても、それをかっこいいとは思わないですし、ましてやモテる男とも思わないのです。

男の不倫の価値観

 

「男だったら不倫の一つぐらいしてみろ」と考える人や、最近は見ないですが、メディアで「女遊びは芸の肥やし」発言をする人がいますよね。
これらは、亭主関白が当たり前の世代や、一部の特異な職業の人の発言ですが、メディアの力は絶大なので、これらの論調は男の不倫を擁護し助長させてきました。
 
ただ、時代は確実に流れています。平成っ子からすると、これはかなり古臭い感じがするのです。
 
では何故、男は不倫男を軽蔑しないのか、不倫する男を「かっこいい」「モテる男」と思うのか、それには大きなポイントが幾つかあります。
 
まず、男は女性ほど他人の不倫にそこまで関心がないということ。
いくら世間を騒がせようとも、どうでもいいというか、たとえ近所の〇〇さんが不倫をしていても、他所は他所な訳で、そんなことを酒の肴にするほど語るに値しないと思っている人が多く、それが根底にあるということが一つ。
 
次に、不倫した男のバックグラウンドにかっこよさを感じることもあるということ。
先述した通り、何かの信念があって不倫したなら、それは一つのかっこよさであり、その信念を貫く姿がかっこいいと思う人もいるということです。
 
「不倫はしますが芸の肥やしにするので、今まで以上の芸を披露します。その芸を見て判断して下さい」という人がいれば、それはその人の考えで、ありと言えばありなのです。
根底に「他所は他所」という心情があり、そもそも一個人の考えを社会が認めるとか認めないとか、それを論ずること自体が間違っていますし、犯罪でもなければ、他人の家庭の問題なので、他所のことをどうこう言うこと自体がナンセンスであると多くの男性は思っているのです。
 
次に、不倫をステータスだと思っているバカも一定数いるということです。
これは、不良がかっこいいとかモテるとか、そういう中高生的感覚に近いのですが、その感覚が大人になっても成長せず、倫理的に反する行為をして粋がりたいのかもしれません。
 
次に、不倫したい派、現在進行形で不倫している派は、容認、擁護することが一つ。
この擁護する人たちが厄介で、男の代弁者みたいになりがちなのですが、それは大きな間違いです。
繰り返しになりますが、大抵は他所の家庭のことなので擁護も非難もしないのが一般的な感覚です。
 
最後に、根深い男女差別感情も、いまだにあるということ。
特に不倫を擁護しがちな、不倫したい派、不倫をしている派たちに多いのが、「女性は不倫をしない生き物」とか「してはならない」とか「自分の奥さんだけは不倫をしない」などの幻想を抱いているアホが多く、そして、「男は浮気をして当然」みたいな価値観を持っている人がいるのです。
 
そういう価値観ですから、不倫を容認、擁護したくなるのでしょうし、女性の不倫には冷ややかな意見を述べるのでしょう。
 
不倫に関しては男の勝手な所が強くて、奥さんには不倫して欲しくないと思っているくせに、自分は風俗とかキャバクラで遊んじゃう人が多いのは、やはり、差別と言うかなんと言うか、「男はそういう生き物だからいいけど、女はダメ」みたいな気持ちが、根底にある人が多いからでしょう。
 
男は遺伝子を残したいと、女は遺伝子を守りたいとプログラミングされているから、自然とそのような価値観になってしまうという側面もあるのかもしれませんが、男は同性の不倫に対しては甘い考えで、真摯に受け止めていないような気がしますね。

さいごに

 

まだまだあるのですが、あまりにも長くなったのでこのぐらいにしておきます。
 
結局何が言いたいのか、筆者もちょっとわからなくなってきましたが、今回のテーマに沿って端的に言うと……
 
・男は不倫自体をかっこいいと思っていない(かっこいいと思っている人も一応いる)。
・不倫行為自体ではなく、その背景や信念やその人物を評価し、「かっこいい」と思うことはある。
・「不倫」=「モテる」ではなく、複数人の女性を射止めているという事実を、「モテる」という一言で表現している。
・男の不倫に対する価値観は、昔と比べると改善されているが、一般レベルで言えば未だに緩い。
 
と、こんな感じでしょうか。
 
少しごちゃごちゃしたコラムになってしまいましたが、最後に一言、1人を愛し、添い遂げる方がかっこいいと思う価値観の人が増えて、もっと明るい未来になればいいですね。
 
(瀬戸 樹/ライター)
 
■暇つぶしと愛は紙一重? 男女の不倫に対する価値観の違いとは?
■やり方が卑劣!「不倫狙いの男性」がやりがちな行動
■普通の恋愛とどう違う? 不倫が長続きする人の特徴
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

不倫】の最新記事
  • 【既婚・未婚x男性・女性】組み合わせ別、本気になりやすい不倫関係
  • 友達、同僚、上司……。不倫とわかっていたのに、男と女に変わった瞬間
  • 不倫経験者が「初めての不倫」に走った、身近なきっかけ3つ
  • 不倫経験者が語る――不倫によって失ったものたち
  • 愛を使い分けるやばい男の「俺が不倫する理由」――妻を愛しているから
  • 羨ましい不倫、悔しい不倫……身近な不倫関係への意見とは?
  • 「これって不倫? それともセーフ?」ギリギリアウトな男女関係エピソード
  • 【不倫カップルに聞いた】始まりから交際、終わりまで……不倫カップルのリアル