一定の期間は関係が続く不倫と単発的な関係で終わってしまう浮気、男性はこの2つに明確な線引をしているのでしょうか。
 
そこで今回は、「不倫になるか浮気で終えるか」男性視点のボーダーラインをご紹介します。
 

不倫と浮気のボーダーラインは“感情”次第?

 

許されざる関係であろうとも、その場限りの浮気で終わるか継続的な不倫関係になるかは、“気持ち”があるかどうかが大きいです。
 
不倫や浮気は許されざる行為ですが、とは言え、それも一つの人間関係。
相手への気持ちがないと、単発的・短絡的な関係で終わり、相手への感情があれば関係が長引きやすいのではないでしょうか。
 
不倫や浮気に求めるものは人によって違いますが、根っこの部分は感情的なもの。
 
純粋に性欲解消のためだけに不倫や浮気をする人もいますが、大切な人がいるのにもかかわらず他の誰かに心を奪われてしまうのは、現状に不満を抱いているから。
 
不倫関係に発展するか浮気で終わるかは、その満たされないものを満たしてくれる、もしくは、満たされていると誤認させてくれる相手かどうか、また、相手への感情があるかどうかが、ボーダーラインなのです。

相性など継続させる価値があると判断すれば不倫に発展する

 

感情の動きがあっても単発的な浮気で終わることもありますが、それがなくても継続的な不倫関係に至ることはあります。
それは、相性(肉体的・性格的)が合い、リスクを冒してでも不倫関係になってもよいと判断した時です。
 
この場合も全く感情がないとは言い切れなせんが、最初は出来心で火遊び程度の気持ちだけだったとしても、相性が良いと「もっと会いたい」「日常を忘れて彼女に没したい」と誰でも思ってしまうもの。
 
不倫に至るか浮気で終わらすか、相性だけで判断している訳ではありませんが、相性の良し悪しは大きなポイントのようです。
 

都合が合うか・都合のいい女か

 

男性視点では、気持ちや相性よりも都合のいい女の方が、不倫関係というのは長く続けやすいものです。
 
不倫にしても浮気にしても、男性側から見ればどちらも都合のいい女に違いないのですが、関係を継続していくとなると、より都合のいい女でないと関係は成り立ちません。
 
不倫や浮気は既婚者側の都合に合わせないといけないので、物理的に都合が合うか、都合のいい関係を続けてくれる女性か、このポイントが鍵を握ります。関係を望む男性からしたら、これがクリアでないと、単発的・短期的な浮気で終わることがほとんどです。
 
不満はありながらも結局彼を許してしまう女性、関係を許してしまう女性、会っている時だけは異常な充足感で満たされる女性、こういう女性は都合のいい女に成り下がりやすいので注意してくださいね。

さいごに

 

明確な基準を設けて不倫や浮気をしている男性は少ないと思いますが、「感情の動きがあるか」「相性がいいか」「都合のいい女か」という三つのポイントが、大きなボーダーラインです。
 
不倫や浮気と無縁な人生を送りたいなら、まずは、都合のいい女にならないようにしてみるといいかもしれませんね。
 
(瀬戸 樹/ライター)
 
■【要注意】さらっと嘘をつくのが上手い! ヤバいタイプの浮気男の特徴とは?
■これで判別、浮気ができる男性・できない男性
■どこからが浮気? 浮気に対する男女の考え方の違い

不倫】の最新記事
  • デート代、どうしてる?ダブル不倫カップルのリアル
  • リモートワークの盲点|WEB会議で社内不倫が発覚する落とし穴
  • サレ妻をナメるな!夫への痛快復讐劇【エピソード:2】
  • サレ妻をナメるな!痛快復讐劇【エピソード:1】
  • テレワーク勤務の夫が、出社日にコソコソとやっていたこととは?
  • 抜け出しきれない社内不倫に終止符を打つには?
  • どうしても抜け出せない…「不倫」がやめられない女性の原因は?
  • 旦那が浮気。その相手が私の友達だった恐怖のエピソード