不倫は、夫婦のどちらかが片方が罪を犯してしまうというのが一般的ですよね。
 
でも中には、夫婦揃って不倫しているという最悪のケースもあるんです。
 
今回は、マッチングアプリで遭遇したダブル不倫夫婦のエピソードをご紹介します。
 

①冷めかけた夫婦仲

 

わたしの名前はミワコ。夫はケイスケといいます。
 
わたしたちは職場内恋愛で、みんなに祝福されながら結婚しました。
でも、友達みたいになり過ぎて正直夫婦仲は冷めちゃってます。
 
完全なレスだし、お互い異性として見れないし……。
だけど共通の友人も多いし、SNSで仲良し夫婦アピールもしてるから離婚するにもできない状態です。
 
だけどレスが解消される気配もないし、どうしようかと悩むようになったんです。

②マッチングアプリに登録

 

するとSNSでマッチングアプリの広告を見つけ……つい登録をしてしまいました。
 
とはいえ、自分のありのままの写真を載せるのは知り合いにバレてしまうし、アプリ内で色んな男の子と話すにはなるべく可愛い写真を使うしかないな、と考えました。
 
加工して、顔のホクロを消し目と鼻もかなり変えた写真をプロフィールに載せました。
 
すると、登録した途端、ものすごいたくさんの男性が、わたしに「いいね!」をくれたのです。
 
加工した写真とはいえ、とても良い気分……。
わたしはいいねしてくれた男性の中から1番イケメンとマッチングしようと、男性のプロフィールを確認していきました。

③なんと夫を発見!

 

「いいね!」してくれた男性の中に、見覚えのある写真がありました。
 
それは、夫であるケイスケでした。
 
夫もたまたまわたしと同じアプリを始めていたのです。
しかも、加工したわたしの写真に「いいね」してきて、異性と出会う気満々……。
 
夫のプロフィールを見てみると、名前は「ケイタ」という偽名で年齢は2つ若く「30歳」に設定していて、身長も少し高めに書いていました。
 
夫でプロフィールに載せている笑顔の写真は、わたしが撮った写真です。
 
よくも堂々とアプリができるな……。
当然夫はわたしのことに気づかず「いいね!」してくれたようです。
 
わたしは夫に接触してみることに決めました。
 

④夫に接触

 

次の日の昼間、わたしは職場から夫にメッセージを送ってみました。
 
「マッチングありがとうございます。仲良くしてください」
お昼休みに、すぐ返事がきました。
 
「こちらこそありがとうございます。とても綺麗な方だなと思いいいねしましたー」
正直わたしはイラッとしました。
 
わたしに対してこんな褒め言葉言ったことないくせに……。
わたしは引き続き夫とやり取りをつづけました。
 
Vol.2へ続く
 
(ライター/mashu)
 
■子どもが目撃……ダブル不倫の泥沼すぎるエピソード
■「え、うそでしょ!?」偶然にも職場の人の不倫を知ってしまったら……
■不倫のパターンって!? 身勝手な不倫関係エピソード3つ

不倫】の最新記事
  • 気をつけて! 既婚男性が20代独身女性を狙う時に考えていること
  • バレなきゃ平気だと思ってる――不倫する人の考え方
  • 実はみんな知ってる…「社内不倫」がバレる思わぬ原因
  • 不倫エピソードの中で一番多いのは職場不倫?
  • 結婚したら恋愛しちゃダメなんて誰が決めたんですか?
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.2】
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.1】
  • 夢から覚め、失ったものの大きさに愕然とする熱愛不倫の恐ろしさ