世の中は世間体が大事。
「実は不倫されたの」なんて、口が裂けても人には言えないもの。しかし、人知れず「サレ妻」さんになってしまった女性の悲痛な叫びはなりやみません。
今回は、不倫をサレた「サレ妻」さんたちの叫びをご紹介します。
 

サレ妻Aさん(39歳)の叫び

 

「わたしは日々、夫の母の介護や育児に疲れ果てていました。正直女としての身だしなみも忘れて日々無我夢中で……。でも、日々のことを一生懸命やることで、夫はわたしのことを認めて愛してくれるんだと思っていました。
 
しかし、そんな中で夫のダブル不倫が発覚……。子供も連れて出かけてくれてると思ったら、不倫相手の子と自分の子を連れて遊園地に行っていたようで…… 問い詰めると「女忘れてるから他見ちゃうよ」って。
 
じゃあ離婚しろよって思ったし、子供を不倫相手と連れ出すなって思いました。そして、子供を引き取らせてくれるなら離婚するし親権をわたしが持つなら離婚しないとまで言われて。
 
こんだけ頑張ってるのに、母親は要らないって言われるたも同然。幸せになるはずだったのに惨めなサレ妻になるなんて。こんな結婚生活になるはずじゃなかった……」
 
こちらのサレ妻さんは、親の介護や子育て家事全て担っていたにも関わらず、女を捨ててるからといって旦那さんに不倫をされてしまったサレ妻さんの叫び。今まで旦那さんのために一生懸命やってきたのはなんだったのか……と言いたくなりますね。

サレ妻Bさん(36歳)の叫び

 

「サレ妻って言葉はよくテレビとかネットで見かけてましたが、自分とは無縁のことだと思っていました。夫は最近優しいし、レスだけどスキンシップもあるし。ですが、ある日旦那のスマホにおびただしい量の着信が。どうやら旦那は、アプリを使って不倫してきたようで……わたしはサレ妻だったんです。
 
LINEを遡ると、旦那と不倫相手は旦那が優しくなってから、付き合いがはじまったようです。不倫しないと優しくなれないのか……?と思いました。あんな時のあんな言葉や行動も、全部不倫してたから?と夫のことが全く信じられなくなりました。結婚生活の時間を全部返して欲しいです 」
 
こちらは最近優しいと思っていた旦那さんが、実は不倫の罪滅ぼしで優しくしているだけだった、というエピソード。
女心としては、優しくされて喜んでしまった分、傷つきますよね。
 

サレ妻Cさん(34歳)の叫び

 

「家事、育児、仕事目が回るほど忙しい中で、夫は大事な協力しあうパートナーでした。 交代で子供を見ながら頑張ってきたのですが、そんな夫に不倫が発覚。夫と不倫相手が励ましあって癒しあっているLINEを見てしまいました……。
 
夫はきちんと謝罪し不倫相手とは終わらせてくれましたし、今後のこともあったので、不倫は無かったことにして再構築を決意しました。その後は以前と変わらず協力し合って生活してたんですが、旦那のイレギュラーな出勤があったり、スマホをチェックする姿を見たりするだけで吐き気がしてきます。
 
なんでサレて許してあげた側がこんな目に遭わないといけないのか……。」
 
こちらは、信頼し合っていたはずの旦那さんが、実は不倫をしていた、というエピソード。自分がサレ妻だったことが分かったあとも、生活のために毎日顔を合わせて連絡し合わなくてはいけない苦痛は想像を絶するものでしょうね。

サレ妻の傷は簡単に癒えるものではない

 

不倫をサレたサレ妻さんの悲しみは、簡単に癒えるものではなく、たとえ不倫が解決したとしてもずっと続きます。
不倫をシタ側の夫は、奥さんを幸せにするために結婚したはず……ということを忘れずに自分の行動をよく見つめ直して欲しいですね。
 
(mashu/ライター)
 
■なぜ私がこんな思いを? 旦那に不倫された「サレ妻」の苦しみ
■一度の不倫は許すべき? サレ妻の正しい対応とは
■被害者なのに不利? 不倫されたのに離れられない「サレ妻」の弱み
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

不倫】の最新記事
  • 「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の5つの違いとは?
  • ダメだとわかっていながらも……。同級生との不倫がはじまったわけ
  • 意外とハードルは低い?気になる既婚者を振り向かせるテクニック
  • 絶対許さない!不倫した夫に妻が下した怖すぎる制裁【後編】
  • 独身女性が「不倫の別れ」から最速で立ち直る方法とは?
  • 絶対許さない!不倫した夫に妻が下した怖すぎる制裁【前編】
  • 既婚者に口説かれやすい独身女性の7つの特徴
  • 不倫相手が本気になってしまったら?リスクと対策