不倫は、魅惑的で、さらに誰でも罠にハマってしまいそうなほど身近なもの。 しかし、「シテル側」に一度なってしまうと、待っているのは後悔ばかり、とシナリオは決まってしまっているのです。
 
今回は、不倫の残念すぎる後悔エピソードをご紹介します。
 

身の回りに誰もいなくなった

 

「不倫がバレるまで、家庭も円満で、不倫相手にも程よい刺激を貰っていて、それなりに幸せでした。そして、不倫している時は心のどこかでもしもバレたとしても妻は許してくれる……という甘えもあったんです。ですがダブル不倫がバレて、妻も子供も僕を恨み、親からも勘当されて不倫相手とも音信不通に。本当に独りになりました。こんなはずじゃなかったのになあ」(44歳/営業)
 
不倫している時の「不倫脳」って、なぜかバレても自分は大丈夫、見捨てられない、というような正常性バイアスのような状態になっていることが多いよう。
 
バレてしまえば、裏切られ家族に捨てられもう、会えなくなってしまうのは当然のことですよね。そして失うにはあまりに大きすぎるものなのです。

都合のいいパートナーのはずだったのに……

 

「いつもいつも、初めのうちは「割り切った関係でいよう」なんて言っていい感じなはずだったのに、段々向こうが重くなってしまって、別れてしまいます。もう何人も不倫相手を変えてきてますよ。全然相手は定着しないまま、結局いまはフリー。最後の最後の相手なんて、うちの奥さんを脅迫しようとして本当に怖かった。これまでかけた時間とお金、すごくもったいなかったなあ」(35歳/公務員)
 
こちらはちょっと、理解に苦しむ種の後悔ですが……。思い通りの関係にはならず、大事になるまえに結局不倫を自分の判断で中断したわけなので、後悔はしたものの賢明の判断であったことは間違いないですね。
 

子供に傷をつけてしまった

 

「不倫を、夫よりも先に子供に勘づかれてしまいました。LINEを見られてしまったのがきっかけで……。いままで子供の前では夫婦円満を演じていたし、もうものの分別が分かる年齢なので、相当な傷をつけてしまいました。母親として失格ですね。傷つけるのはせめて夫だけで良かったのに。婚外恋愛したことに悔いはありませんが、子供を傷つけたことだけは後悔しています」(41歳/看護師)
 
こちらは、とても残念なケース。子供がいれば、必ず不倫の結末は子供も知ることになります。
1番罪のない存在に傷をつけることだけはしたくないですね。

家庭もお金も失った彼の松葉杖になる羽目に

 

「付き合ってるときは、家庭を守る彼が凄く魅力的で一生ついていきたい!なんて思っていたんです。そして浮気が奥さんにバレてみるみるうちに離婚話が出て、わたしは正直喜んでいました。でも、家族を失い憔悴してしまった彼は、仕事もろくにできず、慰謝料と、養育費を捻出するので精一杯……キラキラして頼りになった彼の面影はなく、彼がわたしを養っているような状態です。」(31歳/医療事務)
 
既婚男性って、独身女性から見ると本当にキラキラしてたくましく、魅力的に見えるもの。
しかし、あくまでカッコイイのは「結婚している良いパパの彼」。
守るものを失った男性ほど、情けないものはありませんね。
 

後悔先に立たず。不倫はやっぱり何も得ない

 

家族を築いていくことで得られるものは計り知れませんが、不倫をして得られるものは何もありません。
目先の快楽を味わって、その先は何も生み出さず、大事になれば今まで築き上げてきたものも、未来も全て失ってしまいます。
そんなことになる前にきちんと自制心を働かせておきたいですね。
 
(mashu/ライター)
 
■やっぱりしないのが正解だった。不倫後悔のエピソード
■もうこの恋は終わりにしよう。女性が不倫をやめたわけ 3選
■絶対這い上がれない?不倫の泥沼エピソード4つ
 

pickup!
不倫】の最新記事
  • 旦那の泥沼不倫に激怒した妻の痛快復讐劇【後編】
  • 突然どうして? 不倫相手が急に不倫をやめ家庭に戻る理由とは?
  • 旦那の泥沼不倫に激怒した妻の痛快復讐劇【前編】
  • 私と奥さんどっちが好きなの? 不倫相手と配偶者の魅力とは
  • 不倫カップルの運命は決まってる? 不倫カップルたちの末路
  • 不倫防止! 隠れ既婚者を見破るための8つのチェックポイント
  • ドン引き……!不倫カップルのラブラブLINE
  • 不倫を楽しむ人と、不倫で人生を棒に振る人