「配偶者以外との性行為は不貞行為とする」そう、これがいわゆる不倫。“不倫”文字通り倫理にもとる行為です。そうは言っても、結婚しているのに誰とでも寝るような人はそうはいないでしょう。では、これが結婚前なら許されるのか?と言えば、それも道徳的にあり得ません。
 
結婚前からダメだと頭でわかっているのに、それでも不倫がなくならない背景には一体どんな理由があるのでしょうか?きっと、一筋縄ではいかない気持ちがあるから不倫をしている人たちがほとんどなのではないでしょうか。
 
それは恋愛感情とも、欲望のはけ口とも言えるかもしれません。どんなに綺麗ごとを並べていても、一度でも配偶者以外との性交があれば不倫なんです。罪の意識があったとしても同じこと。自分の罪悪感を見ないふりをして正当化しようとすれば、結婚とは何なのか?今まで共に暮らした愛する人との決別を意味します。
 
たとえ、普段から自分のことをきちんとコントロールできている人だとしても、たった一度の過ちで不倫は起こり得ます。ですが、愛する妻や子供を無くすかもしれないリスクを背負ってまで、不倫を続ける。これは、自分の欲求を満たそうとする強い意思があるとも言えます。
 
今回はなぜ既婚男性が不倫をしてしまうのか、そして続けてしまうのかについてお伝えしていきます。
 

家庭円満でも不倫をしてしまう理由

 

「妻とはうまくいっていないんだ……」と言うのが決まり文句なの? と言ってもいいくらい、不倫をする既婚男性は必ずそう言うと聞きます。
 
実はこの、うまくいっていないという言葉は特に意味のない言葉としたほうが良さそうです。
 
男性は家庭が円満でも「うまくいっていない」と平気で嘘を付き、不倫ができてしまうものなのです。どちらかと言えば、「妻とはだいぶご無沙汰」という言葉のほうがまだ真実味があります。
 
家庭や奥さんの不満を口にする男性ほど、家庭への依存心が高い傾向があるようで、家庭や奥さんを悪く言って「うまくいっていないアピール」をするのは、不倫相手の女性を安心させようとしているからなのです。
 
ですから必ずしも、家庭が崩壊している既婚者だけが不倫をしてしまうわけではありません。
 
ただ、なぜ家庭を大切にしているにも関わらず不倫に走ってしまうのかといえば、それは単純に女性との肉体関係や恋愛感情に興味をそそられるからでしょう。
 
例えば、妻よりも若くかわいらしい女性と親密な話をする機会があれば、「かわいいな」と思うのは至極当然のこと。そこで、それ以上の関係に進んでしまうのは、お互いに心を許してしまう環境があるから。
 
具体的に言えば、お酒や共感できる話、家族がその場に不在であることなど。普段の生活の延長線でありながら、少しだけそれとは違う空間に身を置くことができる、そんなアイテムがそろっていると、不倫の第一歩である「もっと知りたい」という欲求が顔をのぞかせます。この欲求は、不倫相手となる女性も同じでしょう。
 
どれだけ家庭が円満であろうと、その場には家庭の一員である“夫”や“父”の顔は存在しません。そこにいるのは、上司や部下、取引先や友達という、ある種の肩書を持ったただの男なのです。
 
さらに、男性は女性が好きですから、前述したように素敵な女性が自分に好意を持っているとわかれば、間違いが起きやすくなるのも当然でしょう。いい男、いい旦那の顔をしていても、本質は男なのです。

帰る場所があるから安心して不倫ができる

 

不倫をしている男性のほとんどが、「奥さんと別れる気」などありません。むしろ、帰る場所があるからこそ、安心して外で遊べているのです。
 
不倫相手の女性を心から愛しているのであれば、帰る場所を変えるはずですよね。「遊び」だとか「本気」だとか嘘はいくらでも言えますが、行動が全ての結果となっているはずです。
 
中には不倫相手の女性に通いこむ男性もいますが、きちんと夫や父親としての責任を果たし、最終的には家庭に帰っています。
 
ダラダラと不倫関係が続くのはなぜなのか考えると「帰る場所があるから」となります。家庭が円満な場合、奥さんや子供のために家に帰ります。
 
妻や子と決別するつもりがあるなら、不倫関係など関係なく、既に独り身になっているはずです。当たり前のことかもしれませんが、既婚男性にとって不倫相手となる女性は都合の良い相手であることには変わりありません。
 
この辺も、実は二股をかける男の心理と似ているところがありそうです。結婚前は一途で彼女を裏切ることなど絶対に考えられなかった男性でも、それはただ単にそういった境遇にならなかただけ、という場合も多いのです。
 
結婚して子供ができて、大人の余裕ができた頃に、女性から言い寄られたらコロッと浮気して不倫関係に落ちてしまう。男性なら遊び人や不真面目なひとじゃなくても、普通にあり得ることです。
 

性欲のはけ口を求めている

 

よく“男性は不倫や浮気をする生き物だ”と言われて、不快に思う男性も多いことでしょう。これは、夫を信じている女性にとっても同じ気持ちだと思います。
 
特に性欲に関していえば、何の制約もなければ本能のまま行動して、性欲を満たすことは止まらないのではないでしょうか。家族に内緒で風俗店に通い、欲求を満たす男性は決められたルールの中でそういった性欲を満たす行動をとっているのでしょう。
 
・セックスレスになってしまった
・妻には頼めないようなことを求める
・とにかく発散したい
 
性に対しては、さまざまな考えを持つ男性がいますが、一言でいえば「欲求を満たす」ために不倫をする男性も多い。ということです。
 
「レスだ」という既婚男性がいますが、ほとんどの場合それは真実でしょう。男性側が「妻には反応しない」と、抱くとすれば妻以外の女性しか抱けない。そうなっている場合が往々にして多いように思います。既婚であろうがなかろうが、ほとんどの男性は、周りに多くの女性がいるものです。決して奥さんしかいないわけではありません。
 
また、このご時世には、性欲を満たすためのアイテムがごまんと存在しています。ですから、奥さんとのセックスは子供を作る以外にはしなくなったという若夫婦もいますし、夫婦の営みとしてのセックスも頻度が減ってくるのも頷けます。
 
まして、一度不倫相手の女性とのセックスに味を占めた男性は、その女性と会えば抱ける関係にあり、お互いにそれを良しとしているのですから、性欲のはけ口として不倫していると言っても過言ではないでしょう。
 
そして、奥さんには頼めないことを不倫相手の女性に望んだり、とにかく発散したいがために不倫をする男性もいます。不倫関係が「体の関係」と密接なのは、性的欲求を満たしたい男性の行動の結果かもしれません。
 

認めてもらいたい欲が強い

 

不倫をする男性には「認められたい」と強く思う男性が多いです。家庭で、ろくに話も聞いてもらえず文句しか言われない、寂しい思いをしている既婚男性は外で承認欲求を満たそうとします。
 
頑張って働いても「おかえり、お疲れ様」も言われず、給料日には「ありがとう、お疲れ様」の言葉の代わりに文句を言われる。
 
こういった家庭の場合、男性側の心はひどく疲れ切ってしまっていますよね。
 
不倫相手の女性というのは、きちんと話を聞いてくれて優しく包み込んでくれる女性がほとんどです。文句など言わず話を聞いてくれて、笑っていてくれる不倫相手の女性に癒しや承認欲求を満たそうとします。
 
寂しさを不倫相手の女性で埋めて現実逃避をしてしまうのです。そして、家に帰りまた現実逃避をしに不倫をする……この無限ループに陥ってしまいます。
 

自信と余裕がある

 

自由に使えるお金があり、男としての自信がある男性も外の女性を求めて不倫をしてしまいます。男としてどこまで通用するのかを試そうとしたり、お金を使って遊ぶ既婚男性もたくさんいます。
 
不倫相手の女性が自分の感情に見合う付加価値をつけたい場合は、ただ既婚男性の不倫相手になることはあまりないでしょう。愛人としてお金に余裕がある人だったり、不倫交際にお金をつぎ込める人だったりします。
 
こういった男性は、自分の人間的な魅力を押し出すことができる、我の強い面が見受けられます。女性もそこに惹かれて愛人になってしまう場合がほとんどです。悲しいですが、愛情と経済力は天秤にかけると、愛情の皮をかぶった経済力には勝てないことも多いのです。
 
経済力があれば、大概のことはなんとでもなります。不倫相手にそうするように、奥さんに対する罪悪感もお金で解決しながら不倫を続けるケースもよく耳にします。
 
反対に、経済的に余裕があるわけでもないのに不倫関係になり、それを続けるケースもあります。お小遣い制で少ない金額で不倫相手とのホテル代やご飯代をやりくりする姿は見るに堪えません。
 
もはや、滅びゆくイメージしか持てませんが、そこまでしても不倫したい魅力が相手の女性や不倫そのものにあるのかもしれません。

不倫をする男性についてのまとめ

 

ここまで、不倫男性の心理についてお伝えしました。男性がなぜ不倫をしてしまうのかは、やはり人それぞれです。それでも本能的に女性に対して性的感情を抱いてしまう生き物です。誠実な男性というのも“不倫をしたことがない”男性だと言ってもいいかもしれません。
 
不倫に走る男性が、ただただ奥さんに愛情を求めることなく、外で自身のいろいろな欲求を満たそうとしているわけではありません。
 
不倫をしてしまうのも、帰る場所があるからこそですし、元々欲求を持ち合わせているところに、誘惑される環境がそろってしまって始まることが多いようです。ただ、不貞行為の始まりは計画性がなく、そこに罪悪感を感じる暇もないことも多く、後から襲ってくる罪悪感に耐えられなくなり、不倫女性に甘えて不倫関係を続ける結果になるのでしょう。
 
家庭円満でも不倫はするし、奥さんを抱かないとしても他の女は抱ける。男性に言わせれば、きっかけは出産後に妻が冷たくなったなど、奥さんをセックスレスの理由にすることもあるようですが、他の女性を抱いても良い理由にはなりません。
 
既婚男性が一度の過ちで不倫に手を染めるきっかけは様々です。ただ、不倫を続けてしまうのは、不倫できるだけの精神的、時間的、金銭的体力があり、不倫ができる環境を整え続ける能力があるからなのでしょう。
 
それは、小さな権力と言ってもいいかもしれません。男性は権威や権力に憧れるところがあります。実世界で思い通りにいかないことを別の世界では思い通りにしたいと思って不倫を続けるのかもしれませんね。
 
結婚や家庭生活はゲームのように考えられては、たまったものではありません。まさかそんな風に考えている男性がいるとは思いませんが、既婚男性にはぜひ家族だけに愛情を注ぎ続けて欲しいものです。
 
(yummy!編集部)
 
■既婚女性が不倫を始めるきっかけってどんなもの?
■あの子も不倫してるかも?不倫する女性の特徴
■失恋、二番目彼女…受け入れたくない現実に直面した時の対処法

不倫】の最新記事
  • 既婚者への恋|不倫の恋だけど、あの人が最後に選ぶのは私?
  • 不倫占い|イケナイ恋だとわかっているけど…略奪することはできる?
  • 不倫占い|あの人が私だけを見てくれる日はもうすぐ?
  • 切ない不倫占い|やっぱり遊び?彼の本当の気持ち
  • 不倫占い|禁断の恋を経て、あなたが得るものとは?
  • 不倫占い|あの人は私との関係に罪悪感を持ってる?
  • 既婚者への恋|思い続ければ叶う?
  • 不倫占い|曖昧な関係、この先打破できる?