不倫には色々なシチュエーションがありますよね。
その中でも、禁断中の禁断の関係といえば、子供の先生との不倫関係……。危ないニオイしかしないですね。
 
今回は、禁断中の禁断に手を出してしまった、ある主婦のエピソードをご紹介します。
 

電話で話した先生がイケメンだった

 

先生との出会いは、入学前の電話口でした。息子の進学予定の小学校に、PTAや学校生活のついて問い合わせて対応して頂いたのが先生。分からないことだらけだったので、根掘り葉掘り色々聞いてしまいましたが、とても親身に相談に乗ってくださいました。
 
そして入学前説明会で初めて先生にお会いした時、とても爽やかな見た目にひとめぼれ。正直、息子の担任の先生になってくれたら嬉しいな、なんて思っていました。

そして入学、担任の先生は……?

 

しかし新1年生の担任の先生は全く違う先生。2年生も、違う先生でした。しかし、2年間行事などで学校で会う度に意識して挨拶していたので、先生もわたしのことを覚えて「Aくんのお母さん」と声をかけてくれるようになりました。
 
ついに、3年生で先生が息子の担任に。正直わたしは浮かれてしまいました。
先生と交わす連絡帳のやりとりが楽しくて、ちょっとした用事でも連絡帳を記入したり電話をかけたりして、先生とコミュニケーションを取っていました。
 

そしてついに行動に出る

 

わたしは個人懇談の日、ついに行動に出ました。うちの子がその日の最後の面談の生徒だったので、面談が終わった後、子供にバレないように思い切って先生にこっそり連絡先を渡しました。「良かったら、お願いします」と言うと、先生はとてもびっくりされてましたが、「ありがとうございます」と小さな声で言ってくれました。
 
いつもの教師としての声色ではなく、1人の男の人としての声だったのをハッキリ覚えています。
 

先生との禁断の関係

 

先生からはその日の夜連絡が来ました。その日から、他愛もない会話をLINEで交わすようになり、ある日夜に子供を夫に任せ、食事に行きました。そしてわたしは、入学時から先生のことを気にしていて、好きになっているかもしれない、と打ち明けました。
 
ダメと分かっていながらもお互い欲望のまま、ホテルへ。何度か関係が続きました。

禁断の関係の破局

 

しかし、担任の先生と関係を持つというのは想像以上に大変でした。どこに知り合いの保護者かいるかわからないし、日頃の子供を通じたやりとりと個人的なやり取りのメリハリがつかないし……先生は人気があったので、他の保護者や先生と仲良さげに話しているのを見るのも辛かった。好きだからこそ辛く、家庭を捨ててでも先生を独り占めしたいと思うようになってしまいました。
 
先生はそんなわたしの様子を察したのか、「やはりこういう関係は良くないので、もう終わりにしましょう」と連絡が。
 
何事もなかったように、次の日からは先生と保護者の関係に戻りました。こんな思いをするならやはり憧れのままにしておいた方が良かったのかもしれない、数度の関係のために欲望に任せたのは間違いだった、と心から気付かされた出来事でした。
 

教師と保護者の危険すぎる関係は引き時が肝心

 

聞いているだけでドキドキハラハラするような体験談ですが、結局のところ破局し以前のような良い距離感は壊れてしまいました。
この関係はバレてしまうと学校だけでなくママ友の間でもあっという間に噂が広がってしまうので、まさにお互い破滅を呼びます。くれぐれも魅力的な先生にはご注意を。
 
(mashu/ライター)
 
■旦那とママ友がまさかの不倫!? 泥沼不倫劇【前編】
■子どもが目撃……ダブル不倫の泥沼すぎるエピソード
■不倫が子供にバレたら……?恐ろしい体験談4つ
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

不倫】の最新記事
  • 「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の5つの違いとは?
  • ダメだとわかっていながらも……。同級生との不倫がはじまったわけ
  • 意外とハードルは低い?気になる既婚者を振り向かせるテクニック
  • 絶対許さない!不倫した夫に妻が下した怖すぎる制裁【後編】
  • 独身女性が「不倫の別れ」から最速で立ち直る方法とは?
  • 絶対許さない!不倫した夫に妻が下した怖すぎる制裁【前編】
  • 既婚者に口説かれやすい独身女性の7つの特徴
  • 不倫相手が本気になってしまったら?リスクと対策