一般的には肉体関係を持って、はじめて不倫と判断されますよね。
でも「ただの友達」だからといって、何をしてもいいわけではありません。
 
本人たちはセーフだと思っていても、常識的に見たらドン引きな言動もあるものです。
 
そこで今回は「ギリギリアウトな男女関係エピソード」をご紹介します。
 

欲求不満なLINEのやりとり

 

「学生時代のAちゃんとKくんは既婚者なのですが、お互いパートナーとうまくいってないみたいで。頻繁にいわゆる“欲求不満なLINE”を送り合っているようです。文章だけじゃなく、写真を見せ合うこともあるみたい。肉体関係はないのでギリセーフかもしれませんが、倫理的にはアウトだと思っています」(32歳/接客)
 
欲求不満LINEって、想像以上に生々しくて気持ち悪いもの。ここまでくると、もうれっきとした不倫に思えてしまいます。いまはLINEで済んでいても、いつかふたりで会ってしまいそうですよね。

既婚者とふたりでドライブに行く

 

「私の後輩は、既婚の元カレと頻繁にドライブに行くそう。『男友達のひとり』『買い物に付き合ってもらうだけ』と言っていますが、これってデートですよね? 私だったら彼氏が元カノとドライブをしていたら、速攻別れますね」(27歳/住宅)
 
百歩譲ってお茶する程度なら、まだ擁護のしようがあるもの。でもドライブとなると、一気にデート感が高まります。ましてや車は密室なので、余計に怪しく感じますよね。
 
いくら友達とはいえ、どちらかが結婚した以上は我慢するべきでしょう。
 

同じベッドで一晩過ごす

 

「既婚の男友達と飲んだとき、お互い酔っぱらってしまって。そのままうちのベッドで一晩過ごしたことがあります。もちろん体の関係は一切ナシ。この話を友人にしても『本当はヤッたんじゃないの?』と言われるので、話さないほうがいいのだと気付きました」(29歳/飲食)
 
あまり抵抗なく、異性と同じベッドで寝られる人もいるよう。とはいえお互い独身ならまだしも、既婚となると話は別ですよね。いくら何もなかったと言っても、周囲は信じないでしょう。自分の問題ではなく、パートナーの立場になって考えることが大切ですね。
 

旦那に言えないことをさらけ出せる

 

「8つ年上の旦那は頼りがいがあるのですが、私自身気を使ってしまう部分があります。その点同い年の男友達Yには、グチや悩みも素直にさらけ出せる。肉体関係はないですが、気持ちは完全にYに移っていますね」(33歳/主婦)
 
体の関係がないとはいえ、ほかの人を好きになってしまうと厳しいもの。本気だからこそ思いが通じ合ってしまうと、もう誰にも止められないでしょう。できたら彼と距離をおいて、まずは旦那との関係修復を目指したいですね。

さいごに

 

いくら「ただの友達」「これは純愛」などと訴えても、周囲はそう捉えてくれません。むしろ自分を正当化しているだけにしか聞こえず、軽蔑されてしまうおそれがあります。
 
誤解されるようなことは慎む、そして余計なことは口外しないことが大事ですね。
 
(和/ライター)
 
■絶対許さない!不倫した夫に妻が下した怖すぎる制裁【前編】
■実録「夫が3人の女性と不倫をしていた」リアルな妻の復讐劇
■超年下男性と不倫しておいて開き直り!? 妻の呆れる不倫物語【前編】

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

不倫】の最新記事
  • 【既婚・未婚x男性・女性】組み合わせ別、本気になりやすい不倫関係
  • 友達、同僚、上司……。不倫とわかっていたのに、男と女に変わった瞬間
  • 不倫経験者が「初めての不倫」に走った、身近なきっかけ3つ
  • 不倫経験者が語る――不倫によって失ったものたち
  • 愛を使い分けるやばい男の「俺が不倫する理由」――妻を愛しているから
  • 羨ましい不倫、悔しい不倫……身近な不倫関係への意見とは?
  • 「これって不倫? それともセーフ?」ギリギリアウトな男女関係エピソード
  • 【不倫カップルに聞いた】始まりから交際、終わりまで……不倫カップルのリアル