不倫、と聞くとオジサンと若い女性のイメージがありますが、現実の生々しい不倫カップルは何歳くらいの年代が多いのか気になりますよね。
 
今回は、不倫に走りやすい年代を年代別の不倫の特徴からまとめてみました。
 

不倫しやすい年代:30代以降

 

「結婚して、奥さんが妊娠した年ですね。セックス出来ないのが辛くて、つい浮気心が芽生えてしまいました。あとは父親になる責任感と寂しさ両方があって……」(32歳/公務員)
 
「お互い新婚だったけど、職場の人と不倫してました。理由は特に無いけど……僕の方は同棲が長くてマンネリしてたからかな?」(35歳/製造)
 
30代は男女ともにライフステージが大きく変わる年代。心理状態もゆらぐことが多く、また男性は仕事に少し余裕が出てきた頃で、まだまだ性欲は強い世代であることから不倫に走る人は多いようです。
 
レアケースではありますが、結婚を諦めた35以上のアラサーキャリア女子が、既婚男性とのラフな不倫関係に手を染めることもあるようです。

不倫しやすい年代:40代以降以降

 

「子育てが落ち着いて、パートに出た時に初めて不倫を経験しました。女としてでは無く母として生き続けてきましたが、久しぶりに異性と接して女性として扱って貰えて、不倫関係になってしまいました」(43歳/パート主婦)
 
「ずっと仕事と家庭のこと一筋で、気がついたらおっさん……妻とは最後にいつエッチしたか分からない。このままで人生終われないなって、サイトに登録して恋人を作る決意をしました。」(44歳/経営者)
 
30代は子育て、仕事にまっしぐらだった世代が一気に弾けてしまうのが40代以降の不倫。若い世代に比べればお金に余裕があるので、役職クラスや経営者の既婚男性と若い女性の不倫カップルができやすいのもこの年代ですよね。
 
また40代以降の女性は性欲が高く、旦那では物足りずトキメキや刺激を求めて家庭外で不倫に走ることもあるようです。
 

不倫しやすい年代:20代半ばから

 

「会社の既婚者の先輩と20代からずっと付き合ってます。そのままわたしは結婚して、現在ダブル不倫の形です」(28歳/事務)
 
「ネットで出会った色気のある人妻の熟女さんとママ活していました。旦那さんとエッチしたくないからって。」(22歳/営業)
 
実は結婚多い20代からの不倫。圧倒的に独身時代から既婚者と付き合っていた、既婚者とパパ活やママ活していた、という人が多いですが、20代で自分自身が結婚していて不倫に手を出している人も意外と多いのです。

1番不倫が多かった世代は……?

 

今回のインタビューでは、1番30代からの不倫が多く、次いで20代半ば以降からの不倫も同数くらいありました。
 
1番少なかったのは40代以降の熟年不倫。不倫をする人は、若いうちからそれなりに不倫の経験がある人だということです。
逆に40代以降で初めて不倫に走ってしまった人は、久々の刺激に自分を失いやすく破滅に向かいやすい傾向も。
 
何事も、ある程度免疫をつけておくことが大事、ということでしょうか。
 
(mashu/ライター)
 
■【実録】3組のカップルに聞いた! 不倫カップルのホテル事情
■既婚男性が語る「理想的な不倫相手の条件」に対するリアルな本音
■不倫の恋に「振りまわされがちな女」と「遊びだと割り切れる女」
 

不倫】の最新記事
  • 【不倫愛の未来】彼を略奪できたら、二人は幸せになれる?
  • ハッキリしたい不倫の恋。あの人が私だけを愛してくれる日は訪れる?
  • 不倫占い|禁断の恋だからこそ知りたい。あの人の本当の覚悟
  • 不倫占い|安らぎ?不満?あの人の、今の家庭に対する本当の思い
  • 不倫相手の家庭での姿をこっそり教えます
  • 苦しい不倫愛|あなたの苦しみを和らげる方法
  • 不倫相手の本音をズバリ!あなたと配偶者を比べる瞬間って?
  • 【不倫占い】今から一年後、二人の関係はどうなっている?