少なからず結婚願望のある未婚女にとって、不倫は辛く、未来がなく、意味のないもの。

 

不倫トリックにハマるのならば相当な覚悟を

 

それでもアラサー未婚女の誰もが1度くらいは経験したことがある“不倫”。
不倫をしている人たちは口を揃えて「不倫をしたくてした訳ではない。ただ好きになった人がたまたま結婚していただけ」などと言うけれど、本当にそうなのか?

これだけ世の中に不倫が蔓延しているのには訳がある。それは一種の“トリック”であり、この“不倫トリック”に一度ハマると、なかなかその罠から抜け出せない。未婚女が不倫トリックにハマってしまう理由を明らかにしよう。

●その1.不倫男は“恋愛”に全力投球

妻子ある男は“恋愛”から遠ざかった生活をしている。なので、一旦“恋愛スイッチ”が入ると、その勢いはもの凄いのだ。
忘れていた“恋愛”という実態のないものを追及しようとする。面倒くさい結婚も生活も金も関係ない。云わば恋愛シミュレーションゲームをしているかのように“恋愛の世界”に没頭できるのだ。
恋愛の世界に没頭している男は、自分を精一杯愛してくれる。「こんなに私の事を愛してくれる人は彼しかいない」そう思いがちだが、それは彼があなたを愛しているのではなく、久々に恋愛をしている“自分”を愛しているだけなのだ。

●その2.不倫男は未婚者よりも経験が豊富

なんて言っても、“結婚”というものを経験している不倫男。そりゃそこら辺の未婚の男よりも経験豊富で当たり前。
だが、そんな冷静な事は忘れてしまって、ただ単純に未婚の男どもと不倫男を比較してしまい、未婚の男に対して“劣”の評価を与えてしまうのだ。
あたかも人間的に不倫男の方が優れているかのように見えるが、家庭があるのに他の女に現を抜かしている時点で、だいぶ劣っている人間だという事実には、間違っても不倫トリックにハマっている間は気付かない。

●その3.非日常体験をできる

家庭がある不倫男の家に行くわけにはいかないので、必然的にホテルに行く事が増える。ホテルというものは、非日常空間なので、ひとときの夢を見る事ができるのだ。
掃除をする必要もない、食事を作る必要もない、洗濯をする必要もない。生活感のないその空間は、面倒くさい要素が全て排除されている。例えそれがネオンがギラギラと光るラブホテルであっても、密閉されたその2人だけのその空間は、“恋愛中”である2人にとっては特別なものなのだ。

●その4.意味のない優越感に浸れる

結婚している相手がいるのにも関わらず、その相手ではなく自分と一緒にいるということへの優越感を感じる事ができる。
本来この優越感は的外れなもので、自分とは別の法で定められた結婚相手がいるのだから、自分が立場的には負けに決まっているのだが、それでも「“法”に反してまでも自分と一緒にいてくれる」というのが不倫トリックにハマった女の思考回路なのだ。

●その5.同時並行しても罪悪感がない

相手には家庭がある、と思うと平気で自分も浮気でき、不倫男に会えない寂しさを埋めるために他の男に抱かれても、一切の罪悪感を感じる必要がない。
同時に複数の人と付き合いたいというのであれば実に都合が良い。例え不倫男が束縛の激しい男であっても、自分の事を棚に上げて何を言っているんだという話になる。そういった意味では常に自分が強い立場でいられるのだ。

●その6.罪の意識がエッセンスに

なんだかんだ言い訳をしつつも、世間的にはいけないことをしている、という罪の意識は、誰にでもある通常の精神。しかし、その通常の精神こそがその気持ちを盛り上げるのだ。
古く遡るところの「ロミオとジュリエット」のように、世の中に背く恋愛というのは燃えるものなのだ。まるで悲劇のヒロインのように、不幸な恋愛をしている自分に酔いしれることができる。

不倫トリックにハマっているうちは良いが、結局のところ立場が弱いのは不倫トリックにハマった未婚女の方だ。旦那の浮気の証拠を掴むために、相手の嫁から探偵をつけられる可能性もあるし、挙句の果てには訴えられて損害賠償をふっかけられることもある。増して子供が出来てしまったら、彼は本当に今の家庭を捨てて自分と自分の子供を選んでくれるのだろうか?

誰もが経験しがちな甘い罠。その痛みやリスクを十分考えて、「それでも良い」という覚悟があるのであれば誰にも何も言えないが、人間の気持ちだけではどうにもならない “法の壁”というものは、思った以上に厚い、という事だけは理解しておく必要があるだろう。

 

関連コラム

 

別れた彼ともう一度やり直したい!復縁を成就させる方法とは?
イケない関係から相手を本気にさせた女性の行動とは?
自分とは釣り合わない?魅力的な彼と付き合うために
憧れの彼を自分のもとへ引き寄せる方法とは?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by David Photo Studio

不倫】の最新記事
  • 「ママは帰ってこなかった」不倫、失踪、性に溺れた女の事件簿…
  • 気をつけて! 既婚男性が20代独身女性を狙う時に考えていること
  • セフレは嫌!不倫の恋から踏み出す次なる一歩
  • 不倫している友達を「見下している」あなたに言いたいこと
  • 不倫の真実! 妻バレしたら、あなたはこんなに損をする!
  • いつの間にか恋に落ち、知らぬ間にハマる泥沼不倫|誰に相談すればいい!?
  • 不倫や復縁「もう無理かも」と思ったアラサー独身女性を救った奇跡
  • 不倫を止められないあなたが、今すぐ彼から卒業できる一言