日本国民3万2千人を対象に行われたアンケート結果によって、様々な県民性があらわとなりました。
その情報によると、「セックスが好き」「キスが好き」「不倫をしたことがある」「不倫はありだと思う」と、ことセックス関連のランキングが軒並み1位なのが、岩手男子です。

気は小さいけれど、好奇心旺盛。そんな彼らと上手に付き合っていくにはどうすればよいのでしょうか?
岩手県出身の男性に限らず、同じような特徴に当てはまるカレシや旦那、気になる相手がいる方は要チェックです!

参考図書:ケンミンまるごと大調査(文芸春秋)/ 木原誠太郎+ディグラム・ラボ県民性研究所

 

岩手男子との上手な付き合い方3つ

 

■1:決して束縛はしない

異性に対する興味が強い男性は、束縛されるほどに不自由さを覚え、アナタの元を離れたいと考えるようになってしまいます。

また、アナタが相手を束縛することで依存している姿勢を見せてしまうと、「何をやっても俺の元からどうせ離れられない」などと、足元を見られてしまう危険性もあります。

目移りが多く、浮気性な男性と対等で良好な関係を続けていくには、決して相手に依存せず、「こちらもいつだって別れる準備は出来ている」といったフットワークの軽い姿勢を貫くことが大切です。

しかし決してお互いに好き勝手やるのではなく、お互いを尊重しつつ、自分がどうしても許せないことだけは事前に話しておきましょう。そうすればもめ事も少なく、お互いストレスフリーに暮らしていけます。

■2:性欲以外の欲求をきちんと認めてあげる

性欲に限らず、様々な欲求にも同様に熱い情熱を持っているのが岩手男子の特徴です。例えば、物欲。

新しいもの好きな浪費家で、次々に何かを購入してしまうのも、その人の個性の一つと割り切ることが大切です。
性欲以外の欲求を認めてあげることで、それらで不満を解消させるように促し、浮気や不倫を未然に防止することが出来ます。

反対に、カレシの買い物にいちいちケチをつけたり、文句を言ったり、追及ばかりしていると、性欲の解放に走ってしまう危険性があるので注意してください。

全てを我慢してもらうのではなく、どれか一つでも、アナタが最も許せないカレシの欲求を抑えてもらい、残りの全てには寛容な態度を取ること。良好な関係を、末永く続けていくためのコツです。

■3:一緒にアクティブな生活を送る

岩手男子はとにかく好奇心が旺盛。どこかに出かけたり、身体を動かしたりするのが好きな傾向にあります。そのため、交友関係も広く浅いのが特徴です。

もしもアナタがインドア派で、どちらかというと様々なものごとに消極的な場合は、岩手男子はアナタに物足りなさを感じてしまうかもしれません。一緒に遠くへ出かけてみたり、お互いの友人たちも合わせて大人数で遊びにいったりするなど、岩手男子の好奇心を満たし続けることが大切です。アナタへの不満が溜まることはなく、むしろ一緒にいることによって楽しいと思わせることが出来ます。

アナタと一緒に過ごしていると「退屈せず、常に新たな刺激が舞い込んでくる」と思わせることこそが、岩手男子を夢中にさせる最も重要なエッセンスの一つです。

 

岩手男子と付き合うには、やっぱり相手を尊重すること!

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したのは「岩手男子の特徴」でしたが、岩手県出身の男性以外にも、その特徴に当てはまる方は多くいるのではないでしょうか。岩手男子と真剣な交際を続けていくには、相手の気持ちを尊重しつつ、自分の考えを穏やかに伝える必要がありそうです。

アナタがもしも現在岩手男子との交際に課題や悩みを抱えている場合は、是非今回の記事でご紹介した方法や考え方を実践してみてください!

 

佐々木英造 バックナンバー

 

女子向けじゃ足りない!女子が楽しめる男子用エロ動画の探し方
エッチより気持ちイイ!男の子がメロメロになる「キスのやり方」

 

佐々木英造プロフィール

 

佐々木英造
ネットや実話誌などで執筆をするライター。趣味はゲームやネットなどかなりのインドア派。ひきこもりから一転、人間関係を学び、コミュニケーションデザイナーとしても活動を始める。Written by 佐々木英造
Photo by Shojiro Ishihara

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • 不倫の真実! 妻バレしたら、あなたはこんなに損をする!
  • いつの間にか恋に落ち、知らぬ間にハマる泥沼不倫|誰に相談すればいい!?
  • 不倫や復縁「もう無理かも」と思ったアラサー独身女性を救った奇跡
  • 苦しいのに、この恋がやめられない。いつか決着がつくとしたら……。
  • この禁じられた恋から、あなたが得られるもの
  • 一年後、二人の関係はどうなっている?
  • この先、二人の関係はどうなっていく?
  • 真実を視ましょう。あの人が明かさない「家庭の内情」
あなたへのおすすめ