一見、浅そうで心地よさそう見えるのに、はいってみると思ったより深く、なかなか抜け出せない人肌の湖。そんな世界が不倫です。抜け出すには相当の勇気が必要で、人によってはぬるま湯につかったままふやけて劣化していってしまうことも……。
 
今回は、そんな恐ろしくて心地のいい不倫について、まとめていきます。
 

不倫とは?なぜ不倫をしたくなるの?

 

まず、いけないことなのに不倫をしたくなる理由を紹介します。
 

男性が不倫をする理由

 

男性は、よく「本能的に浮気したくなるもの」といいますよね。たくさんの種をばら撒き、より子孫をたくさん残すため……だとかなんとか。
もちろん根底にはそのような本能的なもので浮気に走る場合もありますが、
 
・奥さんとは順調だがより自分の男としてのスペックを確かめたい、向上させたい
 
・奥さんとのセックスレス、すれ違いが原因で、心と体の寂しさを一時的に埋めたい
 
大体の浮気心はこの2つで片付けられます。
 
「一時的に」というのが男性の浮気心のポイントです。
深い理由などあまり無く、「ちょっと遊びたい」というような出来心がきっかけのことが多いのです。
 
※稀ではありますが、本気で婚外恋愛をしてしまうことは男性にもあります。トイレ不倫の芸人の場合は前者で、人気俳優の2年越し不倫は本気の婚外恋愛です。
 

女性が不倫をする理由

 

女性の場合、性欲云々……よりもまずは心で恋をすることが多い生き物。普通は「不倫したくなる」はずは無いのですが、不倫したくなっている女性は
 
・たまたま好きになった男性が既婚男性で、そのあとも既婚男性の魅力や不倫のスリルから抜け出せないでいる
・まともな恋愛ができなくなっていて、相手さえその気ならうまくいきやすい既婚男性との不倫に走りがち
 
という事態に陥ってしまっています。
 
既婚女性の場合は
 
・旦那とのセックスレス、子育てが落ち着いた頃の開放感
 
から不倫に走るケースが多いようです。
 

不倫が始まるきっかけ

 

不倫 きっかけ
 
次に不倫が始まるきっけけを紹介します。既婚者が不倫を始めてしまうのはどんな瞬間なのでしょうか?
 

上司に相談しているうちに親密になった

 

社内不倫の王道、ともいえるパターンですね。相談する、ということは、精神的に少し参っている時期ということ。そんな時にコロリと不倫に発展しやすくなってしまうのです。
 

お酒の勢いで

 

こちらも、浮気や不倫ではよくあることですよね。お酒の力というものは凄いものです。お酒を飲むと完全インポになるタイプの人と結婚するのは、良い浮気防止策かも……。お酒の勢いだとワンナイト不倫にはなりやすいようです。
 

昔の恋人に再会して

 

同窓会などで昔の恋人に久しぶりに会って、恋が再燃することは大人の恋愛ではよくあること。
永年の月日で変わったお互いを見て、ときめいてしまうことがあるようです。
昔の恋人に会ってガッカリした経験(ハゲてた、老けてた、太ってた)しかない筆者からすると、羨ましい限りです。
 

マッチングアプリ

 

現代の不倫のステージは社内恋愛かマッチングアプリ(出会い系サイト)のツートップと断言して問題ないくらい、アプリユーザーの既婚者率は高まっています。
不倫したい願望を持つ同士が出会いやすく、メッセージ交換を重ねてガチの出会いを楽しむ人も増えています。
 
■単純すぎてあきれる!既婚男性が不倫に手を染める理由

一般的な不倫の期間はどれくらい?

 

不倫 期間
 
一般的に、不倫はどれくらいの期間続くものなのでしょうか?
普通の恋愛とは違うのでしょうか?

ワンナイト

 

飲み屋、相席居酒屋で出会った相手がたまたま既婚者で、お酒の勢いで一夜を共にした……というパターンが多いよう。
ワンナイトだとお互い罪悪感も少ないためか、意外とワンナイト不倫のみの経験者は多いようです。
 

数カ月

 

数ヶ月という中途半端な交際期間は、マッチングアプリなどで出会った人の場合が多いようです。飲み屋やナンパで出会った場合で、相性がいいと数ヶ月関係が続く場合も。
 

数年

 

数年単位、長い人だと10年以上という場合も……ここまでくるとお互いただの遊びではなく本気の恋愛ですよね。
ただし先日話題になった不倫芸人さんのように、10年近くセックスのみの誘いを同じ女性にしていた、という異常な例もあります。
 
■普通の恋愛とどう違う? 不倫が長続きする人の特徴
 

不倫相手に求める条件

 

不倫相手 条件
 
次に、不倫相手に求める条件について紹介します。
普通の恋愛で恋人に求める条件と違う点はあるのでしょうか?
 

既婚男性が不倫相手に求める条件

 

■割り切った関係でいられる
 
これがおそらく、現代の不倫願望を持つ男性の1番の理想です。お互い割り切って、将来のことなど何も考えなくていい、そして責任も取らなくていい……。なんだかすごく身勝手てですよね。
 
■できれば既婚者
 

一昔前は、不倫といえばお金のあるおじさまと若い独身女性の組み合わせのイメージでしたが、今は若手から中堅サラリーマンが、「自分が既婚であることを理解してくれる」、同じ境遇の既婚女性を求めて不倫相手募集活動をしているのをよく見かけます。つまり言い換えれば都合のいい相手ですね。
 
■スタイルが良くてかわいい未婚女性
 

所帯染みてしまった生活の気分転換のために独身女性を条件にしている男性も。男性にとっては不倫=セックスなので、スタイルの良さが重視されるようです。さらに付け加えると自分に惚れ込んでくれそうな女の子。
 
■体の相性がいい女性
 
これは既婚、独身関わらず総じて求められる不倫相手の女性像です。セックスが好きな女性、と言い換えることもできるかもしれません。
 
■だからいつも2番目? 不倫相手に選ばれやすい女子の特徴
 

既婚女性が不倫相手に求める条件

 

割り切りながらもきちんと愛してくれる男性
 

既婚男性と同じく自分自身が既婚のため、将来的なことを考えることは無い割り切りはもちろん必要ですが、そんな中でも女性としてきちんと「愛してくれる」男性を理想としています。
 

不倫相手との年齢差は?

 

不倫相手 年齢差
不倫相手との年齢差はどれくらいなのでしょうか?
 

男性がかなり年上

 

バイト先の既婚男性、社内恋愛で上司との不倫、パパ活、など。男性がイイトコを見せやすく、密接な関係になりやすいと、自然に男性が年上になるパターンが多いようです。
 

女性がかなり年上

 

女性が既婚者である場合は、女性が年上であることが多いです。飲み屋やアプリでの出会いが多いようです。最近はママ活も増えていますよね。
ラブホテルの駐車場で、綺麗な奥さんの運転するミニバンに大学生風の男の子が助手席……なんてカップルもみかけるようになってきました。
 

同年代

 

昔の恋人や友人から不倫相手になった場合は同年代が多いですよね。最近はアプリや、街の既婚者飲み会で同年代の既婚者同士の出会いも増えてきました。
 

不倫をしてしまう男性の特徴

 

不倫 男性 特徴
 
次に、不倫をしてしまう男性の特徴を紹介します。周囲にこんな特徴の人がいたら、要注意!?
 

一見理想的な爽やかパパ

 

最近もてはやされている「イクメンパパ」や、ダブルインカムが当たり前の風潮から、爽やかでスマートなパパが献身的に育児や家事をする姿が見られるようになってきました。
 
しかし、この一見誰が見ても理想的な「爽やかなイクメンパパ」こそが、奥さんに言えない寂しさや家庭で満たせない刺激を外に求めている傾向が顕著なのです。出来すぎたご主人には注意。
 

性欲が強い

 

上記のように、人に言えない寂しさや不満を抱えて不倫に走る男性も多いですが、性欲が特に強い男性は何も考えず性欲の赴くまま奥さん以外の女性と関係を持ってしまいやすくあります。そこに山があるから登る……という感覚に近いです。
 

不倫をしてしまう女性の特徴

 

不倫 女性 特徴
 
続いて、不倫をしてしまう女性はどんな特徴があるのでしょうか?
 

自己肯定感が低い

 

現在誰かに愛されている、という実感が持てていなかったり、自分自身のことを大切できず自己犠牲の傾向が強い女性は不倫に走りやすくなってしまいます。本当の愛をつかめていないため、二番目でもいい、と妥協したり奥さんよりも自分が愛されている、と勘違いをしやすい傾向にあります。
 

年上に好かれる、年上が好き

 

傾向として年上に好かれるタイプ、年上を本能的に求めるタイプが多いようです。父親との間柄にコンプレックスを抱えている場合も。
 

既婚女性に限り…女性としてのアイデンティティが高い

 

既婚女性でしれっと不倫を楽しんでいる女性は見た目も中身も洗練されていて、女性としてのアイデンティティが高い場合が多いです。
(女性としてかなりブランクがあり久々に女を思い出してしまった、というパターンもありますが)
 
■あの子も不倫してるかも?不倫する女性の特徴
 

離婚してでも一緒になりたい人ってどんな人?

 


 
離婚というのは簡単にできるものではありません。
離婚することで将来への不安を感じる人もいるでしょうし、世間体や親せきとの関係も気になるかもしれません。
 
それでも離婚して一緒になりたいと思ってしまう不倫相手とはどんな人なのでしょうか?
 

男性の場合①自分自身の家庭が完全に崩壊していて、元々離婚するつもりでいる

 

大前提として「普通の奥さん」を持つ既婚男性は、たとえ不倫相手の方を本気で愛していたとしてもほとんど離婚前提の不倫はしません。
普通に家事、育児を人並みにこなし、見た目も年相応でいるようなごく普通の奥さんは、それだけで本来満点なのです。現実的に離婚するには物凄い労力を要しますし世間体も壊します上、子供に会えなくなります。
 
まずは奥さんが家事も育児もほとんど放棄しているような状態や情緒不安定、ギャンブル漬け……などで、奥さんが家庭を運営できないような状況でなければ離婚は考えないのが殆どです。
 
つまり奥さんに問題があれば、離婚する可能性が高まるということ。
 

男性の場合②本気で愛していて、結婚しなければ一緒にいない、と断言した女性

 

既婚男性の心をがっちりと掴み、かつ「結婚してくれないのならもう一緒にいない」と捨て台詞を残して消えるような女性は、既婚男性からも追いかけられることが多いです。
相手の家庭に問題があればさらに離婚の後押しになります。
 

女性の場合①再婚後も経済的にきちんと支えてくれる人

 

子供のいる女性の場合、離婚後もきちんと自分たちのことを経済的に支えてくれるかどうか、今の旦那よりも収入はいいか、家庭にお金をきちんと入れてくれるか、は重要なポイント。
 
女性の離婚のリスクとして離婚後の経済的問題は一番の問題となるので、今よりも遥かに経済的に楽になる、と感じれば簡単に離婚する場合もあります。
 

女性の場合②自分の家庭がボロボロで、全てを忘れさせてくれる人

 

家事、育児、仕事に疲れきり、旦那はクソで我慢ばかりを繰り返してきた女性が、大恋愛をして、家庭を全て捨ててしまうこともあります。
時に女性はとても大胆な決断をしますよね。

不倫相手に選ばれる人の特徴

 

不倫相手 特徴
 
次に、男女それぞれの不倫相手に選ばれやすい人の特徴を紹介します。
2番手にされてしまう人にはどんな共通点があるのでしょうか?
 

男性の場合①遊ぶお金と時間がきちんとあるかどうか

 

不倫は、お金と時間が何かとかかるもの。ホテル代をきちんと出せるのか、忙しい既婚女性のスケジュールに合わせられる時間はあるのかは、不倫相手として大事なポイント。
 

男性の場合②遊ぶ体力がきちんとあるかどうか

 

不倫のお付き合いは体の関係がメインとなるので、女性にとっても体の相性は必須。自分を女性として認めてくれて、十分に遊ぶだけの体力があるかどうかは、大事です。
 

女性の場合 結婚を迫ってこない、厄介なことを起こしてこない

 

結婚願望がなかったり、結婚するにはまだ若すぎる年齢だったり、すでに結婚していたり。
「今すぐ結婚してほしい」と言ってこない女性、というのは必須。
 
さらに自分の家庭に悪影響を及ぼさない情緒の落ち着いた女性で、万が一悪影響になってもすぐ別れられる女性です。
 

不倫をするときに気を付けること

 

不倫というのは当然堂々とするものではありません。
禁断の恋だからこそ、気を付けなければならないことがあります。
 
不倫カップルはどんなことに気を遣っているのでしょうか?
 

LINEでの連絡はしない

 

不倫の証拠となるLINEでは連絡をとらない、というのは不倫での必須のお約束。別のSNSアプリを使ったり、違う名前で登録して電話で必要事項だけ伝えるようにしたり……と工夫が必要です。
 

家にいる時間は連絡を取らない

 

特に既婚男性側が連絡の時間制限を決める場合が多いようです。奥さんから「誰と連絡をとっているの?」と聞かれやすいですし、スマホをゲーム以外で熱心にさわることが普段ないのに、家でスマホを嬉しそうにさわっていれば当然バレますよね。
 

平日しか会わない

 

デートは平日のみ、が既婚者との恋愛の鉄則ですね。土日は家族サービスをしないといけないからです。メインは家族でオプションが君ね、と言われているようでなんだか切ないですが……。
 

いい距離を保つ

 

不倫を続けていく上で大切なのは、お互いの距離を保つことです。遠すぎては冷めてしまうし、近すぎても壊れてしまう。
この「距離」さえ適正に保てていれば、不倫は長続きします。
 

不倫をして失ったものってなに?

 


 
不倫は普通の恋とは違ったドキドキ感や、失っていたトキメキを得ることができるかもしれません。
それでも世間的には許されないこと。不倫をしてしまったせいで失うものも当然あります。
 

家族からの信頼

 

当然パートナーや子供、両親からの信頼を失います。信頼は、1度失うと完全には取り戻せないもの。
不倫の一番の代償といえるかもしれません。
 

お金

 

不倫は何かとお金がかかります。男性であればホテル代や食事代。女性であれば美容代や下着代……相手にプレゼントを贈っていればそのお金もかかりますよね。
不倫にかかるお金、全て未来には何も繋がらない無駄遣いとなるのです。
 

気持ちの余裕

 

不倫は必ずどちらかが既婚者で、抱えるものが多いですよね。家庭や仕事の疲労に加えて不倫相手にも気をつかっていると、簡単にキャパオーバーしてしまいます。
 

不倫がバレた!修羅場エピソード

 

不倫 修羅場
 
不倫がバレたらそれはもう修羅場になること間違いなし!
実際に起こったエピソードを紹介します。
 

不倫相手とデート中にパートナーに遭遇

 

「ラブホの待ち時間で彼女とイチャイチャしてたら、自分の奥さんも知らない男とイチャイチャしてた」(38歳/営業)
「既婚女性とデートしてセックスしないつもりが、家まで送ったら我慢できずにセックスしてしまった。旦那様ご帰宅で即修羅場……」(37歳/公務員)
 
考えただけで身も凍る不倫現場にパートナーと遭遇してしまう事態。即話し合い、修羅場となりますよね。
 

不倫していることが子供にバレた

 

「スマホを子供に貸したら不倫相手とのやり取りを見られてしまい、奥さんにも伝えられてしまった」(34歳/看護師)
「高校生の子供に、不倫相手と手を繋いで歩いているところを見られてしまった。あの軽蔑する目は一生忘れられない」(43歳/営業)
 
こちらも考えただけで胃が痛い、子供に親の不貞がバレてしまう事態です。最近は小中学生の子供とスマホを共有することも多くなり、親のプライベートが子供に漏れてしまう事態が起きやすいようです。
 
また中学生以上になると子供の行動範囲も広まるので、パートナーではなく子供に不倫現場を見られる、なんてことも起きてきますよね。
 

不倫相手が家に押しかけてきた

 

「都合が悪くなれば別れてしまえばいいか……と軽い気持ちで付き合ってた会社の部下を妊娠させてしまい……おろすしかない、とお金を渡して別れたつもりが、どこで調べあげたのか家まで乗り込んできて大変だった」(40歳/営業)
 
意外にも多い、不倫相手が家に強襲してきてしまうパターン。
不倫相手を信じきってしまえばしまうほど冷静さを失い常軌を逸した行動を取ってしまうようです。こうなっては言い逃れもできず家族崩壊につながりますので、やはり不倫相手選びは大切ですね。
 
■不倫といえば修羅場?恐ろしすぎる修羅場エピソード4つ
 

不倫された人の心情

 

不倫された側は簡単に許せないのは想像できますよね。
実際はどんな気持ちなのか、詳しくみていきましょう。
 

旦那が結婚後に本気の恋をしてしまった……どうするべき?

 

永遠の愛を誓ったのに、他の女性に旦那さんが心を奪われてしまったら、裏切られたような気分になりますよね。
結婚してるとはいえ、心まで完全に縛り付けることはできないものです。好きになる気持ちを止められたなら旦那さんだってとめていたはず。
 
ただ、恋心と結婚生活は全くの別物。旦那さんも一時的に盲目になってしまっている可能性もあります。激しく責めたてても不倫相手への愛が止まるわけではないですよね。奥さんとしての立場は自分である自信をもって、毅然として振る舞いましょう。
 
そして、旦那さんの気持ちを聞き、離婚するならばその後の補償はしっかりとしてもらう、再構築するならばキッパリと縁を切る、という冷静な話し合いが必要です。
 

浮気相手に好きだと言っている旦那を許せない

 

不倫している当人同士は、コソコソしている反動からか頭の中がお花畑である可能性が高いので、わりと簡単に「愛している」だの「好き」だの、奥さんには言わないような甘い言葉も交わし合います。
 
家族を裏切って、よその女に愛を囁くなんて吐き気がしますよね。しかし残念ながら男とはそういうものなのです。仮にあなたが旦那さんの浮気相手ならあなたに愛を囁くのです。
 
ただ、忘れてはいけないのが旦那さんが毎日仕事に行き家族のために奉仕するのは他でもないあなたへの想いから、ということです。案外それが男性にとっての1番の愛情表現であることが多いんですよね。
 

不倫騒動終息後のサレ妻、サレ夫の苦悩

 

いわゆる「サレタ側」であるサレ妻、サレは、不倫騒動が落ち着いてもフラッシュバックやトラウマに悩まされ、長期間心の傷を負うこととなるケースが多いです。
相手のことを信じていたがために、そして証拠を集めていく過程で生々しい不倫の情事を知ることとなり、強いストレス、精神的苦痛を味わうこととなってしまいます。
 

旦那・妻が不倫をしていると思ったらどうする?

 


 

旦那、妻を問い詰める

 

パートナーが不倫をしている!!と思ったらついつい錯乱し、相手に追求してしまうもの。(そして、キッパリと否定して貰い、安心したいのです)しかし、すぐに問い詰めるのは実はあまり、オススメできない方法です。
 
確実に不倫を暴くには、まずは証拠を集めなければいけません。
 

探偵を雇う

 

探偵を雇い証拠を集め、相談すれば不倫相手、パートナーを追い詰めるのに1番適したやり方。
しかし、デメリットとしては費用がかかることと、容赦なく不倫の生々しい事実が暴かれていくことで、サレタ側の精神的苦痛は想像を絶するものに。
よく事務所を吟味して依頼すべきです。
 

即離婚する

 

浮気、不倫が確定した時点で即離婚!というのも潔い決断ですね。
浮気は癖ですので今後も続く可能性もありますし、先述したように結婚生活を続けることでフラッシュバックに苦しむ場合が多いです。再構築もエネルギーを使いますので即離婚するのもひとつの手です。
 

不倫相手に復讐!浮気相手を破滅させる方法は?

 


 
不倫をされたら、自分のパートナーにも腹が立ちますが、浮気相手のことが許せないと感じる人は多いはず。
自分と同性なこともあり、敵意を向いてしまうのは当然ですよね。
 
浮気相手を破滅させたい……そう思ったとき、どんな行動に出るのでしょうか?
 

相手の職場にリークする

 

相手の職場に不倫を漏らすことは相手の立場を確実に脅かすことができますよね。相手が公務員だったり、大企業に務めている場合だと特に効果的。しかし、相手が会社でかなり立場が上だったり会社側が体裁を気にして不貞をもみ消されてしまうことも。また、ありがちな不倫相手が水商売だった場合も不倫をバラすことによるダメージの効果は薄そうですね……。
 

友達に言いふらす

 

最近はSNSを使って、不倫相手の交友関係を調べコンタクトもとることができます。LINEのスクショや不倫の証拠写真があれば、それらをばらまいて友人に不倫を情報漏洩することができますよね。
 
これはとても恐ろしいですが効果のある復習方法だと思います。
 

自業自得。自滅する浮気相手はどんな人?

 

基本的に、不倫や浮気で自滅するタイプの人は自制がきかず興奮するとまわりが見えなくなってしまうことが多いです。そのようなタイプの人物は不倫関係に簡単に落とし込みやすいですが、反面自爆してしまうリスクも高いです。
 
人の家庭を深く考えず壊そうとするような人物は、不倫で破滅しやすいのです。
 
■旦那の泥沼不倫に激怒した妻の痛快復讐劇【前編】
 

不倫が終わるきっかけ

 

普通の恋愛とは違い、特殊な事情で終わりを迎えてしまうのも不倫の特徴。
不倫を終わらせることになるのは、どんなときなのでしょうか?
 

家族にバレた

 

やはり1番多いのは家族にバレた、バレそうなため身をひく、というパターンです。一番マズイ事態でもあり一番確率が高いリスクでもあります。
というか、ほとんどの不倫が家族によってバレることによって終わることが多いもの。不倫をする人は、きちんとその終わり方も見据えて行動しなければいけません。
 

愛が冷めた

 

不倫とはいえ、体の関係だけではなく愛情が芽生え恋愛関係となることもあります。しかし恋愛感情は、いつかは必ず冷めるもの。
生活のハリのために不倫をしていた人は、相手に興味がなくなれば早めに不倫を切り上げるでしょう。
 

他に好きな人ができた

 

不倫をする人はそもそも浮気癖がある人が多いので、ほかに魅力的な人が現れれば簡単に乗り換えてしまうことも。
普通の独身時代よりも将来を見据えるような真剣な恋愛でもないので、気軽に相手を変えることもできてしまいますよね。
 
■みんなはこうして不倫を終わらせる。終わった不倫関係のエピソード3つ
 

不倫はひとことでは片付けられない奥が深いもの

 

結婚は、してしまえばゴール、ではなくむしろそこからがスタートなのです。感情を持つ人間同士であり、結婚した当初は永遠を誓ったはずでも、価値観や考え方が変わることはいくらでもあります。
 
不倫が破滅を導くのはもちろんですが、不倫が救いになっている人も世の中には存在するのです。
不倫は不貞、罪であることは変わらないのですが、その一言だけでは片付けられない、現代の社会問題のひとつでしょう。
 
(mashu/ライター)
 
■やっぱりしないのが正解だった。不倫後悔のエピソード
■不倫を楽しむ人と、不倫で人生を棒に振る人
■突然どうして? 不倫相手が急に不倫をやめ家庭に戻る理由とは?
 

不倫】の最新記事
  • 切ない不倫占い|やっぱり遊び?彼の本当の気持ち
  • 不倫占い|禁断の恋を経て、あなたが得るものとは?
  • 不倫占い|あの人は私との関係に罪悪感を持ってる?
  • 既婚者への恋|思い続ければ叶う?
  • 不倫占い|曖昧な関係、この先打破できる?
  • 禁断の恋◆相手がいるあの人…この先結ばれる未来は訪れる?
  • 不倫略奪愛|彼を独占することは可能?
  • あの人を私のものにしたい!恋が叶う可能性は何%?