「不倫」はもちろんよくない、関わった人はみんな不幸になることもわかっている。
しかし、中には“自分ルール”を作って、不倫を都合よく活用してしまうツワモノ女性もいるんです。
彼女たちの超ポジティブな不倫エピソードを紹介します。

 

その1:期間限定の不倫ルール

 

「すごく好きな人がいるんだけれど、彼は結婚しているの。だから、1年だけって決めてお付き合いをしてみることになったんだ」と大真面目に宣言しちゃった28歳のA子。女としてのタイムリミットを考えた末の、1年という設定らしい。
 
その不倫の恋が始まると、A子の美しさには磨きがかかりました。
男性は「結婚するならこのレベルの女がいいけど、遊ぶだけならこのレベルでOK」という、女の使い分けをするもの。本命は無理でも、不倫ならワンランク上の男性と付き合える可能性が広がるんです。
 
結果的に、イイ男と付き合うことによってA子はより女らしさを上げました。

 


その2:子どもだけ作るが不倫のルール

 

すでに奥さんとの関係は冷え切っていて、平日はB子との同棲を楽しんで週末だけ家族のもとに帰る彼。安定した家庭があり恋愛も楽しめるという、この生活を棄てて彼がB子との結婚に踏み切る可能性は低いでしょう。
 
かといって彼以上の独身男性も見あたらないのが現実。結婚はともかく、出産を熱望するB子がたどり着いた究極の答えは、彼の子どもを産みシングルマザーとして生きること。
「彼の子と一緒なら、がんばって生きていける」と言うB子には、一筋の迷いもなかったそう。
 
今は彼からの養育費と、自らの看護師の資格で安定したシングルマザーライフを送っているらしい。賛否両論あるかもしれませんが、新しい幸せのかたちなのかもしれませんね。

 

その3:仕事優先が不倫ルール

 

勤務先の経営者である既婚男性と恋におちたC子。彼に必要とされたくて、仕事に打ち込んできたC子は、いつもイキイキしていました。彼もC子の頭のよさを買っていて、じぶんのサポートが完璧にできるのはC子しかいないといつもほめています。
 
あくまでも「愛人」という立場をわきまえるのがルール。そうして充実した不倫人生を歩んでいるC子は、近く社内で出世するそうです。愛人の噂もかすむほどの実力が認められてのことだそうです。もはや誰も文句をつけられない、不倫パワーですね。

 


不倫を活用するしたたかな女たち

 

不倫はもちろん、好んでするものではありません。しかし、不倫という道ならぬ恋におぼれずに、女を磨く手段のひとつとして、したたかに活用することができるのならアリなのかも……
 
彼女たちには、そう思わせてしまう気迫がみなぎっていました。もちろん、人並みの精神力ではおぼれてしまうのがオチ。
女性が強くなっているこの時代、不倫を活用するイイ女性が、あなたの身近にもいるかもしれませんよ。
 
Written by かぎあな
 
■クリスマスのおねだりOK? 不倫カップルのクリスマス事情
■あなたが彼を好きになってしまう「本当の理由」とは?
■浮気は罪だけど悪じゃない? 浮気や不倫を許す理由とは
 

公開日:2012年11月26日
更新日:2018年12月20日

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • 意外とハードルは低い?気になる既婚者を振り向かせるテクニック
  • 独身女性が「不倫の別れ」から最速で立ち直る方法とは?
  • 不倫がバレない方法! 二人が長く一緒にいるために必要なルールとは
  • ダメだとわかっていながらも……。同級生との不倫がはじまったわけ
  • GW?何それおいしいの?GWの不倫を楽しめる人と楽しめない人の違い
  • GWは憂鬱orウキウキ?不倫カップルのGWの過ごし方
  • 「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の5つの違いとは?
  • 不倫相手が本気になってしまったら?リスクと対策