そんなつもりはないのに、付き合う人全員既婚者……「好きになった人がたまたま結婚していただけ」不倫によくあるフレーズですが、付き合う人が全員既婚者だと、もはや意識的に選んでいるとしか思えないですよね。
 
無意識に選んでいるというイメージがあるかもしれませんが、既婚者の安定感、やさしさなどに安心や癒しを感じて、自分から進んで既婚者男性と仲良くなる行動をとってしまうのではないでしょうか?
 
そこで、今回はどうしても既婚者男性が好きで不倫関係を選んでしまう女性の心の中を探ってみました。
 

不倫を選びがちな女性の心1.ファザコン

 

自覚している人も多いかもしれませんが、不倫する女性の多くはファザコンの傾向があります。「そんなことはない、私は父親を好きではない」という人は、「理想の父親」を付き合う相手に求めているなんてことも。
 
“父親のような”男性は、私生活でも結婚していたり、子どもがいたりと、恋愛するには不向きな場合が多いものです。そこに目をつぶって恋愛するので、不倫にならざるをえないのでしょう。
 
ですが、若い男の子に「理想の父親」のような貫禄や包容力を求めるのは酷というものです。ここは「いつかいい父親になれそうな人」と、枠を大きく広げて男性をみることをオススメします。

不倫を選びがちな女性の心2.実は甘えん坊

 

ファザコンとも共通しますが、甘えられる男性を求めているうちに、既婚者ばかりになってしまったということもあります。
 
男性の多くは、若いうちは年上女性に憧れたり、母性を求めたりしますが、結婚して子どもをもって余裕ができてからは、若い年下の女性を甘やかせるようになるのです。
 
つまり、不倫相手が甘やかしてくれるのは、奥さんや子どもを持つという体験を経ているから。ではないでしょうか。
 
甘えられる男性を求める人は、普段、人に頼ったり甘えたりするのが下手なタイプの女性に多いようです。もしも、既婚者ばかりを好きになる自分に気づいているのなら、自分の殻を割って、友達や同僚に頼ったり甘えたりしてみることもお勧めします。
 
人との付き合い方が変われば、おのずと恋愛のパターンも変わります。遠回りのようですが、それが一番手っ取り早い方法でしょう。
 

不倫を選びがちな女性の心3.本当は結婚したくない

 

同世代の独身男性と付き合うと、行きつく先は「結婚」というゴールが見えてきます。ところが、この結婚を「問題」としてとらえている人もいるのかもしれません。
 
結婚すると自分の時間がなくなる、行動が縛られる、夫のために生きる生活になるかもしれない。どんな理由かは人それぞれでしょうけれど、結婚について、心の奥底でおそれている女性は、それを回避しようとして、結婚の話が出にくい結婚に興味が薄い男性を選ぶのかもしれません。
 
ですが、そんな男性にはなかなか出会うことができません。つまり、既に結婚している男性を選ぶ傾向があるのではないでしょうか。こういったことは本人も把握できない無意識下の願望であることが多いので、とことん自分と向き合わなくては自覚できなかったりします。
 
けれど、一度自覚できると、不倫への執着をきれいさっぱり忘れることもできるのではないでしょうか。心当たりのある人は、心情を吐露できるカウンセラーなどのところへ相談しに行くのもオススメです。
 
いかがでしょうか。もちろんここにあげた理由以外のものもたくさんあるでしょう。ただ、不倫に費やす時間を後から悔いても間に合わないこともあります。危機感を少しでも抱いているなら、自分の内面をのぞいてみる勇気を持つことも大切なのだと思います。
 
(yummy!編集部)
 
■不倫をする人・された人の心理とは? きっかけ、破局の理由まとめ
■だからいつも2番目? 不倫相手に選ばれやすい女子の特徴
■これが既婚者の本音? 既婚者にとってのセフレの価値観とは

不倫】の最新記事
  • 不倫はこうやって始まった…不倫が始まったきっかけ
  • ドン引きした「不倫の言い訳」4選
  • あなたは大丈夫!? 女性が思わず不倫したいと思う心の状態
  • 不倫の沼にはまりやすい女の特徴とは?
  • 不倫が旦那にバレた……もう全て終わり? 後悔エピソード
  • やばすぎ! 不倫相手の妻との危うすぎる対面
  • 同じ不倫なのにどこが違う? 不倫相手に依存する女性・しない女性の違い
  • 純愛は幻想!? 不倫の恋が一夜にして冷める瞬間エピソード