みなさんの恋活サポーター、かぎあなです。
処女を捨てたい女性が主人公の、とある深夜ドラマを見ていました。
 
――「捨てる…!?」
ものすごい違和感でした。
 
女子は誰のために、何のために処女を「捨てる」のか。
捨てたいとひそかに思っているあなたに熱弁させてください。
 

「処女は重たい」説はウソ

 
「処女は重たい」という説についての真意を探るべく、男性にリサーチをしました。
 
しかし、ごく一般的な男性の本音は、「本気で好きになった女性なら、処女でも処女でなくても関係ない」ばかりです。
 
それなら誰が、何の目的で、「処女は重たい」説をタレ流しているのでしょうか。
 

「処女は重たい」説で得する2種類のクズ男たち

「処女は重たい」説の出どころは、女とセックスすることだけしか考えていない2種類のクズ男たち。著者の考えはこの真実にたどり着きました!
 
●クズ男1
「処女とヤルと、しつこくつきまとわれそう」という勝手な偏見のもと、世の女性に「処女は重たいからさっさと捨てるべき」だという洗脳をしかけている。
 
ヤツらのステータスは何人の女と寝たか。三ケタで百戦錬磨、四ケタで殿堂入りだと格付けしている。
 
●クズ男2
「処女とヤリたい」という、短絡的な欲望を満たすことだけを目的に生息している。処女か非処女か。ヤツラにとってそれだけが女を仕分ける基準となっている。
 
処女はキモチいいとかわかったような口をきいているが、本当は処女以外を相手にすることにビビってもいる。

 
――クズ男たちがヒトの処女を勝手に需要と供給しあっている縮図が見えてきます。
 

つけこまれる“女心のはざま”

 
もしもあなたが好きな男性に「処女は重たい」と思われないように、捨ててしまうべきと考えているのなら、クズ男たちによる洗脳です。
 
恋愛経験の少ない女性の純粋さや劣等感につけ込んだ、悪質な戦略だと気づいてください。
 
まんまとひっかかり、「処女をもらってくれてありがとう」なんて思う女は、間抜けなピエロですよ!
 

口には出せない「処女を捨てた」後悔

 
初めてのセックス。好きな人とするほうが緊張するという女性も多いと思います。というか、相手が誰でも緊張すると思いますが、相手への気持ちが大きいぶん、不安も大きく感じるかもしれません。
 
予行練習できるものならしておきたい……。
そんな弱みにつけ込んでいるから、何の根拠もない「処女は重たい」説がもっともらしくのさばるのです。
 
「本当に好きな男性と出会ったとき、過去に処女を捨てたことを後悔した」という声も耳にします。
 
しかしながら、後悔をすれば虚しくなるという理由から、その本音が世間で語られることはほとんどありません。
 

心からセックスしたい相手と出会うまで

 
“心からセックスしたいと思う相手”と出会うよりも、“処女を捨てる相手”を見つけるほうが手っ取り早い。そんな時代なのかもしれません。
 
しかし、誰かを本気で好きになったとき、捨てたものの重みがわかっても過去は変えられないのです。ましてや、その過ちが人生を大きく狂わせることもあります。
 
くだらない洗脳に惑わされず、自分の価値観を磨きましょう!
 

(かぎあな/ライター)

 
■フェラが苦手……彼氏とのセックスが気まずい時の対処法
■甘やかしてばかりじゃダメ!実は男が叱って欲しいポイント
■扱いづらい性格を逆手に取る!B型男子を落とすフレーズ10選
 

関連キーワード
オトナ】の最新記事
  • オトナ占い|セフレ?二番目の女?もしかして私……彼に遊ばれてる!?
  • オトナの占い|あの時のセックス…… 彼はどう思った?
  • あの人が夜な夜な妄想する「あなたの淫らな姿」
  • オトナのじらし|彼って本当は私をどうしたいの?
  • 禁断!ヤミツキ注意「官能の夜」
  • オトナ占い|彼って性欲強め?それとも……?
  • 衝動と情熱……彼は次、あなたに何をする?
  • 実は抱いている、あなたへの「情欲」