体の関係だけでつながっているセフレがいることに誇りを感じる人もいれば、なんとなく惰性だけでつながっている人もいます。元カレや男友達、そもそもセフレになることが目当てで知り合った人など、いろんな経由でセフレがいる人がいます。
 
セフレがいることって正直どうなのでしょうか?メリットとデメリットをまとめてみました。
 

セフレがいることのメリット

 
好きな時にセックスができる
まず最大のメリットは、好きな時にセックスができるということです。性欲が湧いた時や、セフレと会っている時にその行為だけに没頭できます。中にはセフレが1人ではなく、数人いる場合もあるようです。
 
恋人がいなくても人肌恋しい時に寂しくない
恋人がいてもセフレは別物として楽しんでいる人もいますが、セフレがいる時には特に恋人がいなくても大丈夫と感じる人も多いようです。人肌恋しくなる時期には、恋人がいないとなんとなくさみしく感じてしまうもの。
体を温め合えるようなセフレがいると、なんとなく安心してしまうのかもしれません。
 
アブノーマルな趣味もお願いできる
恋人がいてもセフレとの関係が切れない人の中には、セフレとあまりにも体の相性がいいことにあります。恋人としての関係は構築しなくても、セックスだけはできるという手軽さから、関係が続いているのです。
また変わった趣味やアブノーマルなことが好きな人には、彼氏にそのことをお願いできず、セフレにお願いすることもあるのです。特殊な性癖である場合、恋人にもそのことを気づかれたくないと思う人もいるのでしょう。
 

関連キーワード
オトナ】の最新記事
  • 脱・マグロ女子!セックスでマグロ女子を回避する方法とは?
  • 「彼氏の性癖が理解できない」と嘆くあなたへ…現実を見据えて選択すべき2つの対処法
  • セックスが気持ち良くなるキス
  • 艶やかな時間がたまらない。セフレの関係を楽しむコツ
  • 「ハプニングバー」で遭遇できるかもしれないハプニング5選
  • 一見イケてるのになぜ? 20代で童貞卒業できない男子の特徴5選
  • アナタは大丈夫!? なぜか体目当てにされる女には理由があった!
  • 『ファントム・スレッド』従うだけが愛じゃない! これも1つの愛のカタチ