体の関係だけでつながっているセフレがいることに誇りを感じる人もいれば、なんとなく惰性だけでつながっている人もいます。元カレや男友達、そもそもセフレになることが目当てで知り合った人など、いろんな経由でセフレがいる人がいます。
 
セフレがいることって正直どうなのでしょうか?メリットとデメリットをまとめてみました。
 

セフレがいることのメリット

 

好きな時にセックスができる

 

まず最大のメリットは、好きな時にセックスができるということです。性欲が湧いた時や、セフレと会っている時にその行為だけに没頭できます。中にはセフレが1人ではなく、数人いる場合もあるようです。
 

恋人がいなくても人肌恋しい時に寂しくない

 

恋人がいてもセフレは別物として楽しんでいる人もいますが、セフレがいる時には特に恋人がいなくても大丈夫と感じる人も多いようです。人肌恋しくなる時期には、恋人がいないとなんとなくさみしく感じてしまうもの。
 
体を温め合えるようなセフレがいると、なんとなく安心してしまうのかもしれません。
 

アブノーマルな趣味もお願いできる

 

恋人がいてもセフレとの関係が切れない人の中には、セフレとあまりにも体の相性がいいことにあります。恋人としての関係は構築しなくても、セックスだけはできるという手軽さから、関係が続いているのです。
 
また変わった趣味やアブノーマルなことが好きな人には、彼氏にそのことをお願いできず、セフレにお願いすることもあるのです。特殊な性癖である場合、恋人にもそのことを気づかれたくないと思う人もいるのでしょう。

セフレがいることのデメリット

 

情が湧いても恋人には発展しない場合もある

 

セフレがいることによるデメリットはどんなものなのでしょうか?
心と体は密接で、最初は体の関係と割り切っていたつもりでも、体を重ねているうちに情が湧いてきて、恋人関係に発展したいと思うようになる人もいます。
 
しかしどちらか一方がそう思っても、もう一方はセフレの関係のままでいいと思っている段階ではセフレから恋人関係には発展しません。
 
モヤモヤしたまま、曖昧な関係が続いていると思ってしまう人もいるのです。
 

恋愛する必要がないと思うかも

 

セフレがいることによって、人肌恋しい時や寂しい時になんとなく連絡するひとがいると、正式な恋人を作る意味が見出せない人もいます。その結果、恋愛が遠のき、ずっと彼氏がいらないと思う人もいます。
 

悪いうわさが立つと、あなたの評判が落ちる

 

セフレがいることは大々的にはしにくいこと。セフレがいることによるメリットもありますが、体の関係でつながった異性がいることを良く思わない人がいるのも事実です。
悪いうわさが立ち、あなたの評判が落ちる可能性もあります。

今だけの体の関係であるということ

 

セフレがいることによるメリットとデメリットを見ていきました。体だけでつながった関係が長く続く場合もあれば、一時期だけの場合もあります。
 
どちらにしても、恋人や夫婦のように長く続く関係ではありません。セフレがいることによるメリットとデメリットを踏まえた上で関係を持っていきましょう。
 
(番長みるく/ライター)
 
■友達以上・恋人未満!セフレ関係を楽しむコツとは?
■セフレ、時々、恋人……割り切れない関係を「続けるORやめる」その判断軸とは?
■うっかり友人とセックスしても友情を壊さない振る舞い方

オトナ】の最新記事
  • ベッドで即実践可♡盛り上がる彼氏へのいたずら3選
  • 男がガッカリする「浅ましいエロ」と男をドキドキさせるコツ
  • 「アッ、貴方小さいですね……」男性器が小さい人の見分け方
  • 強引に迫られた時に絶対にヤらせない上手なかわし方
  • 女がエロくて何が悪い? エロは女の嗜みです。
  • 「あちゃぁ……」睡眠不足でやらかした失敗5選
  • もう終わりにしよう……男性が感じるセフレ女性との「縁切りのタイミング」とは?
  • セックスレスは年齢のせい? 加齢によって変わってくる男性のセックス事情とは?