「童貞って気持ち悪い」「〇〇君って挙動不審で女に慣れていなそうなんだよね。もしかして童貞だったりして(笑)」など、童貞をバカにする人は男女ともに存在します。
 
しかし、私は言いたい。「童貞をバカにするな」と。
 
なぜなら、童貞をバカにすることは、男性だけではなく女性も苦しめる、百害あって一利なしの行為だからです。今回は、童貞をバカにしてはいけない3つの理由を解説します。
 

童貞をバカにしてはいけない理由1 いつセックスするか、は強要すべきではない

 
当たり前のことですが、「いつセックスするのか」に正解はありません。いつセックスするのか、は自分の意思で決めるべきことであり、「早く経験したから良い」「遅い方が良い」とは誰にも言えません。
 
「男だったら○歳ぐらいには、童貞を卒業しないとね」といった言説を聞くとき、私はいいようもない気持ち悪さを感じます。これって、「30歳の非処女は気持ち悪い」「20代で非処女なんてヤリマン」と言っているのと同じことですよね。
 
童貞を気持ち悪いという人にはこう言いたいです。「○歳までセックスするべき」という価値観を他人に押し付けるあなたの方が気持ち悪い、と。
 

童貞をバカにしてはいけない理由2 「やりまくっている方が偉い」という価値観の強化になる

 
童貞をバカにしてはいけないふたつ目の理由は、「性的経験のない(または少ない)男性はかっこ悪い」という価値観の強化につながるから、という理由です。童貞をバカにし、セックスしている男性の方が魅力的だと考えるなら、ヤリチンであればあるほどレベルが高いということになります。
 
童貞をバカにされ、「童貞って気持ち悪いんだ。早く卒業しないとダメなんだ」と考えるようになってしまった男性は、「男は経験人数が多い方がクール」という価値観を内面化してしまう危険性があります。
 
つまり童貞をバカにすることで、「セックスするために女性をひっかける」「何人もやれちゃう俺かっこいい」という男性を増加させてしまう可能性があるのです。
 

童貞をバカにしてはいけない理由3 多様性を否定し、生きづらい社会になる

 
世の中には、誰に対しても性的欲求を持たない人(アセクシャルと呼ばれます)がいます。また、性的欲求があっても、好きな人になかなか巡り会えず、初体験が40代・50代になった、という男女もいるでしょう。
 
童貞をバカにするということは、そういった多様な生き方を否定し、「男なら○歳までにはセックスするのが普通だよね」という常識を押し付けることになります。
 
童貞の否定は、多様な生き方の否定なのです。
 
「女性は○歳までに結婚しないと売れ残り」「結婚したら子供は2人産んで一人前」「ずっと恋人がいないなんてかわいそう」こんな風に他人に言われたら、どう思いますか?
 
「いやいや、恋人がいなかろうが、結婚してなかろうが、子供がいなかろうが、自由でしょ」と現代の女性の多くは思うでしょう。
 
童貞だって同じです。
セックスしていない男性、それの何が悪いのでしょうか?
 

さいごに。童貞をバカにするのは、子供がいない女をバカにするのと同じ

 
今回は、童貞をバカにしてはいけない3つの理由をご紹介しました。童貞をバカにするのは、人間の生き方の多様性を否定することと同じ。つまり童貞を否定しても社会にとって利益はなく、男女ともに生きにくくなるだけなのです。
 
童貞をバカにするのは、もうやめにしませんか?
 
(今来 今/ライター)
 
■素人童貞は気持ち悪い? 彼氏が素人童貞だったらどうする?
■彼とセックスをしたら、今よりも幸せになれる?
■えっ初めてなの? 童貞の彼を傷つけずにリードする方法
 

関連キーワード
オトナ】の最新記事
  • ゲイ風俗とゲイバーで働いてたオカマだけど質問ある? 〜ゲイ風俗の実態編~|もちぎ
  • あの人はどっち?仕草で見極めるSとM診断
  • 男女が語る、ワンナイトラブで「女性の価値は下がる」のか?
  • 彼女とセフレの決定的な5つの違い。「私ってセフレ?」と悩んだら
  • ダブル不倫より楽しい?年下男子のセフレがおすすめな理由
  • 性癖今昔物語|ラブホスタッフの上野さん
  • 大人の色気は、意識と知性と失敗でできている
  • ヤる前に見極めて!セックスから恋人にはなれない男性の特徴