元風俗嬢の天照メイです!
女性だってムラムラするのは当然だし、「エッチしたい時は自分から誘いたい!」と思うのも至って健康的です!
でも自分から誘うのは勇気がいる行為です。
 
もしアナタが、彼にエロティックなムードにさせたい時に“使える予備知識”があればドギマギせずに誘えるかもしれません。
 
そこで、元風俗嬢がアナタに彼氏をエロティックな気分にしたい時に使えるテクニックを伝授いたします!
 

彼をエロティックな気分にさせる仕草と発言

 

男性を“エロティックな気分にさせる”には、ただエロいだけだと下品になってしまいます。
女性だからこそ出せる美しさがあってこそ、男性がグッとくるエロティックさを醸し出すことができます。
 
まずは、日頃の姿勢や意識もとっても重要です!

言葉は内側から出てくるもの

 

言葉の力は偉大です。
ただ言葉を口先だけで発言してもあまり意味がありません。
アナタの内側から勝手に出てくるものが、彼をエロティックにさせます。自分に自信を持つと言葉に力が宿るからです。
 
まずは、自分の自信を磨く事で本物の武器を手に入れることができます。
自分に自信がないと感じる方は、小さな自信をコツコツ積み重ねていくことで自信がついてきます。
 
その第一歩が、姿勢です。
 

日頃の姿勢を正しく美しくする習慣

 

男性をエロティックな気分にさせたいなら、背筋を伸ばして凛とした姿が鉄則です。
女性が背筋を伸ばして立つのと猫背では、ボディラインが全く違って見えます。
 
お腹が出て見えたりするのも、骨盤が歪んでいるのが原因です。
ボディラインに自信が持てるようになると、自然とエロティックさが出るので言葉にしなくても、彼をエロティックな気分にさせることが可能です!
 
正しい姿勢は、決して胸を突き出し、お尻を強調するような無理な姿勢ではなく、骨盤から頭蓋骨までを一直線に積み重ねるように姿勢を保つのが正しい姿勢です。
 
正しい姿勢を身に付けることで、呼吸も深くでき、自分をコントロールしやすくなります。
彼をエロティックな気分にさせることも簡単に感じるようになり、体の不調も軽減できるので習慣化させると様々な恩恵が得られます。

自分のケアを徹底的にする

 

先ほどの二つを踏まえると「今自信がない場合は、どうしたらいいの?」という疑問が浮かぶ方もいるはずです。
 
そんな方は、彼に意識を向けるのではなく、自分に意識を向けて徹底的にお手入れすることをお勧めします!
 
例えば、ネイルしている時としていないときの『手つき』ってなんとなく変わりませんか?
フェイスマスクで潤わせたお肌でのファンデーションのノリが普段と違うように、自然とアナタの中で変化があるはずです。
 
人は行動すると意識が変化し、彼をエロティックにさせることなんて簡単になります。
彼をエロティックにさせたいならしっかり仕込みから行いましょう!
仕込みがしっかりしていればしているほど、命中率も上がります♪
 

最高の自分でエロティックに演出する

 

自分が自分にうっとりしちゃうくらい仕込みができたら、もう前戯は始まっています。
アナタの魅力は、あなた自身が自覚すると、目つき、仕草、全てがエロティックに仕上がっているはずです。
 
そして、さらに彼とハグしている時に耳元で「大好き」と言ってみたり、さりげないボディタッチが彼をよりエロティックな気分にさせる事でしょう。
 

まずは自分がエロティックな気分に浸ること

 

エロさは、上っ面だけでは響かない男性もいます。
大好きな彼氏にエロティックなアプローチをするなら、自らエロティックな気分に浸る事で成功しやすくなるのです。
 
風俗嬢時代に多くのお客様を接客してきましたが、自分自身に自信が持てるように自分磨きをすればするほど男性の反応が良くなり人気も上昇しました。
 
これは風俗嬢としてではなく、女性全員に言える事だと思います。
アナタが自分自身を綺麗に磨けば、いつもと変わらない会話もエロティックに聞こえてしまう魔法になる事をぜひ念頭において自分を磨いてみてください!
 
(天照メイ/ライター)
 
■男性を虜にする!エロい誘い方
■気づいて♡ セックスしたいとき彼をかわいく誘う方法
■男性が絶対ムラムラする!「女性のエロかわ♡仕草」3選
 

オトナ】の最新記事
  • もう終わりにしよう……男性が感じるセフレ女性との「縁切りのタイミング」とは?
  • セックスレスは年齢のせい? 加齢によって変わってくる男性のセックス事情とは?
  • 裏付けエピソード|夜の自慢話ばかりする男性が「アレ」に自信がないのは本当?
  • 「わぁお……♡」男性が思わず女性に対してエロさを感じる瞬間とは?
  • オトナの男女関係における暗黙のマナーとルール
  • 男性が自慢したくなる、エロい彼女とは?
  • 艶やかな時間がたまらない。セフレの関係を楽しむコツ
  • 男性心理|エロい女性は歓迎するが「エロ過ぎは禁物」なわけ