体だけの関係性の女性に対して、「もう終わりにしたいな」と男性が感じることもあります。
 
では、男性は一体どういった状況のときに、終わりにしようという気持ちになるものなのでしょうか。
 
そこで今回は、男性が感じるセフレ女性との「縁切りのタイミング」について紹介します。
 

関係性に「飽きてしまった」

 

「飲み会で知り合って、そのままセフレのような関係になった女性がいたけど、数ヶ月でお互いに飽きちゃって、そのままスパッと終わったことがありましたね」(30代・男性・アパレル)
 
付き合いが長くなってくると、どうしても飽きが生じてくるものです。
それは体だけの関係の場合でも同じことなので、ダラダラと長期化すると「もういいかな」という気持ちにもなりやすいかも。
 
なんとかして彼女になりたいという思いから、下手に体だけの関係を続けてしまうのは、あまりいい結果は生み出さない可能性が高いですよ。

「環境」が変わった

 

「仕事を変えて夜にあまり遊べなくなったので、セフレだった女性ともなかなか会えなくなっちゃいました。今ではもう連絡も取り合っていないですね」(20代・男性・飲食)
 
仕事環境や生活環境などが大きく変わると、普段の活動や人間関係にも変化が訪れるもの。
彼女であれば、環境が変わってもそのまま付き合っていくでしょうが、体だけの関係の女性は別かもしれません。
 
単純に費やす時間が取れなくなってしまったら、そのまま疎遠になっていくことも十分に考えられるでしょう。
 

「重く」感じ始めた

 

「なんとなく彼女から好意を感じるようになってきて、今までの関係性ではなくなっていって…。でも、僕は付き合う気はなかったので、もう会うこと自体を終わりにしてしまいました……」(30代・男性・インストラクター)
 
体だけの関係というのは、あくまでもお互いに割り切った関係であるということ。
それなのに、どちらかが本気で好きになったら、関係性は破綻してしまいます。
 
その「好き」という気持ちに応えられないとか重いと感じたら、男性は「もう終わりにしよう」と決意するはずですよ。
 

「本気で好きな女性」ができた

 

「本当に好きな女性ができたら、遊び相手の女性とは関係を終わりにしますね。でも、それはお互い様のことだと思うので……」(20代・男性・不動産)
 
本気で好きな女性ができたら、男性はその女性のことで頭がいっぱいになります。
嫌われたくないという思いもとても強くなるので、言えないような関係は断ち切ろうとするはず。
 
慌てて終わりにしようとしたり、切り捨てるかのような扱いをしてきたりする場合は、もう本命女性のことしか見えなくなっているのでしょう。

さいごに

 

つい持ってしまった体だけの関係から、ちゃんとした彼女になるためには、いつまでもダラダラと関係性を続けるのは得策ではありません。
 
早い段階できちんと思いを伝えるようにしないと、後悔することにもなりかねないですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■ソフレからセフレになってしまったら、男性と距離を置くべき?
■彼女とセフレの決定的な5つの違い。「私ってセフレ?」と悩んだら
■セフレがいることって正直どう? メリットとデメリット

オトナ】の最新記事
  • もう終わりにしよう……男性が感じるセフレ女性との「縁切りのタイミング」とは?
  • セックスレスは年齢のせい? 加齢によって変わってくる男性のセックス事情とは?
  • 裏付けエピソード|夜の自慢話ばかりする男性が「アレ」に自信がないのは本当?
  • 「わぁお……♡」男性が思わず女性に対してエロさを感じる瞬間とは?
  • オトナの男女関係における暗黙のマナーとルール
  • 男性が自慢したくなる、エロい彼女とは?
  • 艶やかな時間がたまらない。セフレの関係を楽しむコツ
  • 男性心理|エロい女性は歓迎するが「エロ過ぎは禁物」なわけ