元風俗嬢の天照メイです。
 
あなたの周りに“ベッドの中の武勇伝を自慢する男性”いませんか?
聞いてもないのに自慢げに夜の話をする男性の共通点は、劣等感を持っていることです。一方、本当に床上手な男性は、自らひけらかすことはありません。
 
何故、夜の自慢の話をしてしまうのでしょうか?そこには、原因があるはずです。
今回は、夜の自慢話ばかりする男性は自信がないということを裏付けるエピソードをお持ちしました。
 

自称テクニシャンは……

 

実際に、お会いした男性の中に大変セックスに関するテクニックを語る方がいました。
まるで喋る教科書の如くお話しされていたので、さぞかし凄いテクニックをお持ちなんだろうと思いました。
 
興味本位でお手合わせさせていただくと、すごく「小さなお竿」の方でした。教科書通りの様々な体位を仕向けられ、忙しいセックスとなった記憶があります。
 
女性がおっぱいの大きさを気にするように男性はお竿の大きさを気にします。お竿の大きさや形などに対してコンプレックスを感じている方も少なくはありません。
 
また、中にはコンプレックスをカバーしようとテクニックを磨いていかれる男性もいます。そのような向上心は大変素晴らしいと思いますが、自慢してしまうとその努力が台無し。
 
勉強熱心なのは伝わりましたが、知識だけでは気持ちいいセックスはできませんからね。

100人斬りはコンプレックスから始まった!?

 

よく「100人の女性と……」とか物凄い人数の女性とセックスをして数を自慢しているようにお話しされる方いませんか?
 
そう言ったお話をされている男性を見ていると、多くの女性とセックスをすることで自分の劣等感をかき消そうとしているのではないかと感じることがよくあります。
 
実際にお話しした男性の中にもたくさんの女性と交わってきた男性いました。
 
その男性たちにお話を伺うと「元々は女性に対して自信がなかった」と話す方は少なくはありませんでした。
しかも、よくよく聞いていると素人女性ではなく、風俗嬢とのプレイ人数も入っていたりして。(笑)
 
このように、少年期に周りよりも女性経験が少なかった男性は、自分のコンプレックスを打破しようとした結果、たくさんの女性と関係を持つようになった可能性が高いです。
 

女が途切れない男は寂しがり屋!?

 

不特定多数の女性と関係を持っている男性がいますよね。関係を持った女性との性生活をひけらかす男性も中にはいるかもしれません。
 
そのような男性の多くは、心が満たされていない男性が多い傾向にあります。常に誰かと繋がっていないと不安だったり、心が満たされていない可能性があります。
深層心理では、自分を愛してくれる女性がたくさんいないと不安になってしまうのでしょう。
 
このようなタイプの男性の生い立ちを聞くと、子供の頃に母親の愛情をあまり感じられずに育ってしまったり、母親との関係に何か蟠りがある……といったような傾向が見られました。
これもある種の自信のなさからくるものなのかもしれません。

夜の自慢話をするのは自分を強く見せたいから

 

ベッドの中の話を自慢げにお話しされるのは、自分を大きく見せたいという心理が働いているはずです。それは、自分への自信が無いことやコンプレックスを少しでも紛らわす為なのかもしれません。
 
誰もが何かしら劣等感を持って生きています。その劣等感を克服するために私たちは人生を通じて学びます。
 
もし、そんな夜の自慢話をされている男性を見たら、慈悲の想いで見守ってあげましょう。
また、自分も違った形で同じような行為をしていないか見直す良い機会として捉えるのも良いでしょう。
 
■車の運転、レストランでの店員への対応で豹変する「がっかり男」を交際前に見破るには?
■一緒にいると窮屈に感じる!器が小さい男性の特徴とは?
■忘れられない! 男性が経験した一夜の甘い経験【前編】

オトナ】の最新記事
  • もう終わりにしよう……男性が感じるセフレ女性との「縁切りのタイミング」とは?
  • セックスレスは年齢のせい? 加齢によって変わってくる男性のセックス事情とは?
  • 裏付けエピソード|夜の自慢話ばかりする男性が「アレ」に自信がないのは本当?
  • 「わぁお……♡」男性が思わず女性に対してエロさを感じる瞬間とは?
  • オトナの男女関係における暗黙のマナーとルール
  • 男性が自慢したくなる、エロい彼女とは?
  • 艶やかな時間がたまらない。セフレの関係を楽しむコツ
  • 男性心理|エロい女性は歓迎するが「エロ過ぎは禁物」なわけ