男性の性欲は女性からすると理解不能なもの。男性がエロい気分になるスイッチは、何をきっかけに“オン”に切り替わるのか全く予測できません。
 
そこで「男のエロスイッチ」の謎を、男性たちに解説してもらいました。大人の男性は、中学生男子の肉付きを良くしてヒゲを濃くしただけの存在。つまりエロで盛り上がるテンションは、中学生男子そのものなのです。
 
ご想像の通りくだらないスイッチばかりですが、ちょっとでもくだらない男と言う生き物のことをわかっていただき、少しでも話のネタになれば幸いです。
 

1.ぶっかけ

 

「『ぶっかけうどん』と言っている女性を見ると、ドキッとしてしまいます。省略して『ぶっかけ!』とオーダーしているOLさんを見て、ついついいやらしい妄想を抱いてしまいます」(27歳/繊維メーカー)

2.おこと教室

 

「近所に『おこと教室』と書かれた看板があり、それを見るたびにちょっと恥ずかしい思いになります。どうして『お琴』と漢字で書かないんだろうかと。ほかにも『おこめ券』もひらがなですし。」(30歳/飲食店)
 

3.挿入

 

「会話などに出てきても、あまり気にはならないのですが、『挿入歌』と書かれている文字を見ると、なんだかスイッチが入ってしまいます」(32歳/自営業)
 

4.お肉

 

「『お肉が好き』とか『私って肉食女子だから~』と言っている女性は、なんだか夜が凄そうなイメージを持ってしまう。合コンでは必ずその話題を出して、女性に『お肉』と言わすことが密かな楽しみになってしまっています」(28歳/整体師)
 

5.出し!?

 

「以前にコンビニでバイトをしていたとき。商品の陳列の仕方で『先入れ先出し』や、『後入れ先出し』などという言葉が飛び出すたびに、顔がニヤついて大変でした。手前の商品が売れると、奥にある商品を前に出す『前出し』すらも、なんだかエロい言葉に聞こえませんか?」(26歳/フリーター)

6.隠語のオンパレード

 

「『インコ』や『マングローブ』、『アナリスト』、『ベニス』などのカタカナにグッときてしまいます。若いころは、『あんこ』や『なめこ』などのひらがなにキテいたのですが、三十路を過ぎるとなぜかカタカナに移行しました」(34歳/設計士)
 

7.観音開き!?

 

「とっても不謹慎ですが、『観音開き』という言葉にはたまらないものが漂っていると思います。罰があたりそうという背徳感さえもスパイスになっていたりして」(31歳/英語講師)
 

まとめ

 

会話の中の言葉でエロスイッチが入ることももちろんありますが、ここで紹介した女性が発する何気ない一言やちょっとした言葉でも、脳内でエロに結びつけてしまうのは男性の“性(さが)”なのでしょう。
 
飲み会や普段のトークで、男性がノリノリになってしまうこともあります。どんなに真面目な男性も言わないだけで、このようなおバカな想像は共感できるはず。たとえ真面目ぶって「くだらん」という男性がいても、内心は「そうやな」と思っていることでしょう。
 
今回は、とてつもなくくだらない内容をお伝えしたことを皆様にお詫び申し上げます。それと共に、男性のおバカにもわずかばかりのご慈悲を頂戴できると幸いです。
 
(yummy!編集部)
 
■現実世界を犯す「独身女性のエロすぎる妄想フィルター5選」
■男性が思わずイケナイ妄想をしてしまう、エロチックな女性って?
■男性が萌える! 女性の「エロいギャップ」
 

オトナ】の最新記事
  • ベッドで即実践可♡盛り上がる彼氏へのいたずら3選
  • 男がガッカリする「浅ましいエロ」と男をドキドキさせるコツ
  • 「アッ、貴方小さいですね……」男性器が小さい人の見分け方
  • 強引に迫られた時に絶対にヤらせない上手なかわし方
  • 女がエロくて何が悪い? エロは女の嗜みです。
  • 「あちゃぁ……」睡眠不足でやらかした失敗5選
  • もう終わりにしよう……男性が感じるセフレ女性との「縁切りのタイミング」とは?
  • セックスレスは年齢のせい? 加齢によって変わってくる男性のセックス事情とは?