どこまで処理してる?女子のアソコの毛の処理事情

 by 姫野ケイ


肌の露出が増える時期になってきました。

そこで気になるのがムダ毛。

脚やワキは目につきやすいうえ、どこまでがムダ毛かはっきりしているので処理に戸惑うことはないでしょう。

しかし、多くの女子が悩んでいるのはショーツの中に潜んでいるアンダーヘアの処理。

よほどの機会がない限り、他人のアンダーヘアなんてじっくり見ることはないので、世の女子たちがどこまで処理しているのか気になりますよね。

実際、女子はどの範囲までアンダーヘアを処理しているのか聞いてみました。

どこまで処理してる?女子の陰毛処理事情

そもそもアンダーヘアとは処理するものなのでしょうか? 

するとしたらどの範囲まで処理するのが普通なのでしょうか?

周囲の女子や脱毛サロンのスタッフに聞いてみました。


●その1:Vラインのみ

Vラインとは「コマネチ」のラインと言うと分かりやすいでしょうか。
前から見て見える毛の部分が、Vラインです。
毛量が多い場合、普通のショーツからハミ出てしまうことも。
筆者が調査した結果、このVラインのみ処理している女子が一番多い傾向にありました。


●その2:Vラインを含みIラインまで

Iラインとは体育座りをしたときにあらわになる、性器周りの毛です。
長さを少し整えればショーツからのはみ出しは防げますが、生理中に清潔感を保てる等の理由で処理している方も多いようです。
Iラインはツルツルにしていてほしいという男性の声も多く聞かれました。

ただ、脱毛サロンでは、脚をカエルのように広げ、性器をスタッフさんに見られての施術ですので、ちょっと恥ずかしいかもしれません。
気になった際にカミソリで自己処理という女子も多いようですよ。


●その3:Vライン・Iライン・Oライン全て

セクシーランジェリーや面積の小さな水着を着る方、こだわりのある方はVライン・Iライン・Oライン全てを処理します。
Oラインというのは肛門周りの毛のこと。
肛門周りの毛を彼に指摘されたら相当恥ずかしいですし、「Oラインの毛がもじゃもじゃで彼から幻滅された」という話も聞いたことがあります。
自分ではよく見えない部分ですし、肌トラブルのことも考えると自己処理は難しいため、脱毛サロンでの施術をおすすめします。


●その4:全部

生えている毛を全部処理してしまう、所謂パイパン。
普通の女子で全部処理している人は相当少ないですし、「ロリコンっぽい」と男性にもあまりウケはよくありません。
ただ、夏はショーツの中の蒸れを防げるので、期間限定でパイパンにしている女子もいるようです。
しかし、生え始めがチクチクしてしまうのが欠点。



アンダーヘア処理当たり前!あなたはどこまでやってる?

いかがでしたでしょうか。処理の範囲はそれぞれといった結果になりましたが、それでもパイパンにする女子は相当少数でした。

アンダーヘアの処理に悩むかたが増えたのは、クリニックや脱毛サロンで、気軽に処理できる方法が増えたせいでもあります。

いまでは処理するのが当たり前のアンダーヘア。あなたはどこまで処理していますか?





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

Written by 姫野ケイ