謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ

 by 日向バンビ


みなさんは「ハイジニーナ」という言葉を聞いたことがありますか。欧米のセレブの間に浸透している、アソコの毛の脱毛のことです。
インターネットで調べてみると、ハイジーナ脱毛についてのメリット、デメリットにはヒットするものの、いちばん知りたい施術方法についてはほとんどといっていいほどヒットしません。
そこで、筆者が身をもって体験してまいりましたハイジニーナ脱毛の施術方法についてご報告いたします。

「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ

「ハイジニーナ」とは、V(ビキニライン)、I(股の間)、O(ヒップ奥)のムダ毛処理を済ませた女性の呼称で、【衛生的:hygine(ハイジーン)】が由来となっています。

ワキ脱毛と違い、あれやこれや気になることがいっぱいですよね。そこで、みなさんのために、勇気を出して生々しくレポートをしたいと思います。


●その1:デザインを決める

まずショーツを脱いでベッドの上に仰向けになり、タオルケットをかけてスタンバリます。いきなり半裸からのスタートです。「抵抗があるかもしれませんが」とスタッフの方のやさしい言葉がけ。とくに抵抗はありません。これがアラフォーの生き様。
スタッフの方が「失礼します」とタオルケットをめくりあげ、デザインを決めていきます。「どのような形がご希望ですか」と聞かれましても、他人のVラインなど意識したことがないのでよく分かりません。「自然な感じですかね……」と無難な返答をしました。だいたいの方向性が定まり、デザインに沿って、毛をそり落としたらいよいよ脱毛のスタートです。


●その2:Vラインの脱毛

Vラインは分かりやすく言うと正面から見える部分のことです。仰向けの状態で施術を行います。そして、レーザー照射! 比較的痛みが少ない部位なので楽勝です。


●その3:Iラインの脱毛

「股の間なんてどうやって脱毛するのよ!」とお思いのみなさん、ちゃんとやり方があるんです。今から説明しますよ。いいですか。
仰向けの状態で片膝を立てます。その立てた膝をくの字の状態のまま外側に倒します。想像してみてください。どうですか、まさに“おっぴろげる”という表現がぴったりです。
初対面のしかも女性の方にこんな部位をお見せしているのが本当に申し訳なくなり「なんかすみません……」と無意識に謝っていました。スタッフの方からしてみればワキもIラインも同じとのこと。心強い。
そして、「痛みを感じやすい部位ですので」という言葉とともに照射! 痛い。これはもう宇宙戦艦ヤマトで言うところの波動砲です。繰り返される波動砲に「どうして私はこんなことをしているのだろうか」と泣きたくなりました。


●その4:Oラインの脱毛

サロンの表記にはヒップ奥なんてシャレた感じになっていますが、ようするに尻の穴まわりです。こんなところにもムダ毛が存在しているんですよ、みなさん。
いったいどうやって脱毛するのか見当もつかないでしょう。今度は仰向けの状態から体を横に向けます。そして上側の足を胸のほうまで引き寄せます。さらにヒップ奥への照射を容易にするために、上側の手で片尻を持ち上げるのです。「彼氏にも見せたことないのに……」という格好です。おっぴろげるを通り越していますね。
そしてはい、照射! 痛みはIラインに比べたら楽勝ですが羞恥心はハンパないです。


●その5:施術完了

一通りの照射が終わったら、お股を冷やして施術は終了になります。照射してから1週間くらいすると毛が抜け落ちてくるとのことです。楽しみですね。
施術後のお股をまじまじと眺めてみました。あるべきところにあった毛がなくなった違和感がものすごい。こんなことする必要があったのだろうか! なんだ、このスカスカのお股は! という、なんとも言えない気分でサロンをあとにしました。


●その6:毛が抜け始める

数日後、光を照射したムダ毛が抜け始めました。肌がつるつるに近づくにつれ「なんだか快適じゃない? よくないこれ?」という気分になりました。
3ヶ月周期で通って、だいたい6回くらいで産毛のような状態になるそうです。1回目の施術後で「やっぱり毛があったほうがいい」という方はまだ間に合います。そこで施術をやめにすれば、一般的な成人女性のままでいられます。ハイジニーナのデメリットはとにかく元には戻せないということ。じっくりと考えてから照射してください。

「ハイジニーナ脱毛」の謎は解けましたか?

いかがでしょうか? 場所が場所なだけに、やってみたいけど躊躇してしまう女性は多いはず。そんなかたの謎解きのお手伝いができたのなら幸いです。

ちょっとした羞恥心を乗り越えれば、あとは快適な「ハイジニーナ」な人生が待っていますよ。





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

Written by 日向バンビ
Photo by slumberingheart