女だらけの職場でドロドロしたくない人のためのマナー講座

 by きたがわさい

イヤミ、陰口、派閥にイジメ、パワハラ…オンナの多い職場は、なにかとドロドロしがちです。 うまくやってるつもりでも、ちょっと気を抜くと自分がターゲットに…、なんてことも。 でも、実はちょっとした態度や言葉に気をつけるだけで、同性からの印象をよくすることができるのです。 性格を変えるより、生きかたを変えるより、テクを身につけた者が勝ち! オンナ社会を賢く生き抜く「ノウハウ」をお勉強しましょう。

続きをヌむ

1000のモテテクを覚える前にマスターするべきひとつのこと

 by 毛利源一

インターネットや雑誌など、世の中には数えきれないほどの「モテテク」があふれています。 「気になるあの人の上手な誘い方」「ふりむいてくれない彼氏のハートをつかむには?」「男を落とすには○○だ!」etc……。 そのひとつひとつをすべてマスターしたら、本当にモテモテな女になれるのでしょうか? 残念ながら、答えはノーです。このコラムのタイトルにもあるとおり、「1000のモテテクを覚える前にマスターするべきたったひとつのこと」があるからです。この点が抜けていると、あらゆるモテテクは小手先だけの底の浅いものになってしまいます。

続きをヌむ

「童貞か!?」思わずツッコミたくなる男性誌のモテ部屋テク

 by 立原麻里

飲み仲間であり、合コン仲間でもあるアイコ(仮名)に聞いたことがある。 「手料理をふるまうから」と、とある男性の部屋に誘われたらしいのだが、それがとてつもなくひどい部屋だったのだそうだ。なんと、6畳一間の畳の上に、たくさんの食べ残し。 ふだんは「男ってバカねー」と、アンニュイな表情で知った口をきくくせに、そのときばかりはうろたえてしまったアイコ。畳だから当然、直に座らされたのだが、はやく帰りたいと思いながらも男性の提供する餃子(畳の上に直置き)を完食するまで、作り笑顔と足の神経回路を遮断して、必死に耐え忍んだそうだ。 「男の手料理」という“モテテク”でおびき寄せておきな…

続きをヌむ

早漏カレシとの楽しいスローセックスのススメ

 by さなぎ子

イマドキ女子のみなさん、ごきげんよう。 みなさん早漏オトコとのセックスは好きですか? キライですよね。当然です。でも自分のカレシが早漏オトコだった場合、「キライっ」なんていえない…。 となれば、早漏を自らの手で改善するしか道はない! とはいえ早漏というものは、女子が思っている以上に手強いシロものです。覚悟は決まりましたか? 覚悟が決まらないのであれば、この先は読まないほうが身のためです。

続きをヌむ

デフレ時代のお手軽ストレス発散マニュアル

 by 高橋隆

現代社会はストレス社会。彼氏や友達、会社の同僚にストレスを感じている人は少なくないのでは。かくいう筆者も、ストレスのストレスによるストレスのための生活(?)というくらい、ストレスフルな毎日を過ごしています。 一般的な女子のストレスの発散方法といえば、「友達とパーッと騒ぐ」「欲しかった高価なアイテムを買う」「マッサージに行く」などが挙げられます。 確かにこの方法でストレスを発散することはできるのですが、はっきりいってお金がかかる! ストレス発散のため金欠になってまたストレスが溜まる……という悪循環に陥ってしまう場合もあります。 かといって、「友達にひたすら愚痴る」「会社…

続きをヌむ

緊急アンケート!「セックス中にドン引きした彼女の行動は?」

 by TAKESHI co.,ltd.

セックス中に彼氏が萎えてしまった…という経験のあるそこのアナタ。まさか「あれ? 快感の波が引いてしまったのかな?」などと思ったわけではありませんよね?違いますからね!そう、引いたのは、彼氏自身です。彼氏がアナタに引いているのです! ということで、今回は20〜30代男性に「セックス中に引いてしまう彼女の行動・発言」を聞いてみました! ●彼女に「すごく黒いね」といわれてショック(22歳・学生) 男性は自分の性器を褒められると基本的には嬉しいものですが、ポイントを間違えると危険。「太いね」「カタいね」ならOKですが、「この黒光りがいいね」や「4つもホクロがあったよ」など生々…

続きをヌむ

女子会の前に読むべし!カラオケ見栄講座

 by 岡里奈

カラオケといえばすっかり市民の娯楽として定着した感がありますね。筆者の自宅近所のカラオケルームでは、朝早くからお年寄りが並び、夕方頃には高校生たちが並び、夜にはオールをするのであろう大学生たちで賑わっています。 30分の料金が100円もしないので、ひまな時間を埋めるという使いかたや、昼と夜のフリータイムを上手に利用して3,000円程度で17時間歌い放題という使いかたもあるようです。 そんなカラオケバブルの現代日本ですが、やはり「カラオケが大の苦手」「できる限り行きたくない!」とお思いの方も多いのではないでしょうか。 声が小さくてうまく歌えないんです……。 人前で…

続きをヌむ