1. ムダ毛の処理が甘い

ワキ毛、アンダーヘアなど手入れを忘れて伸ばしっぱなしにしていませんか? 常日頃からの処理は手間ですが、少なくともデート前は気合いを入れることを忘れずに。特にアンダーヘアは野放しにボーボーのままではNG。ほどよく毛の長さを整えて、へそ下や太もも周りにまでおよんでいる毛はカット、もしくは抜いてしまいましょう。見た目が良いだけでなく、クンニもしやすくなります。

2. アソコのニオイがひどい

女性の陰部はデリケートなところ。体調の変化や生理前などで微妙にニオイが変わったりします。できればベッドインの前にシャワーを浴びておくか、洗浄綿をポーチに忍ばせてセックス前に軽く拭いておくとベター。ニオイが気になるからといって普段から石けんで洗いすぎると、膣そのものの殺菌、洗浄能力が薄れ、よりニオイが目立ってしまうこともあるので注意。最近は陰部専用のソープも売っているので試してみるのも良さそう。

3. まったく反応しない「マグロ」状態

気持ち良いのか良くないのか一切反応を見せないマグロ状態は、男性のやる気を削いでしまいます。仮に相手のプレイがいまいちだったとしても受け身に徹するだけでなく、相手の乳首を舐めてあげたりフェラをしてあげたり、ギブ&テイクの心を忘れずに。

4. 喘ぎ声が動物的

可愛らしい喘ぎ声を意識する必要はありませんが、ときおり動物がうなるような声や、絶叫に似た声を出す女性がいます。女性が快感を味わうことは男性にとってもうれしいものですが、喘ぎ声によってはムードを壊してしまうこともあるので要注意。

5. 下着がババくさい

勝負下着ほど気合いをいれなくても、ガードルや補正下着などを身につけている場合、初めてのベッドインには向かないかも。気心が知れたパートナーなら問題はないでしょうが、「外見には気を遣っていても、服を脱いだら微妙……」と第一印象があまり良くない可能性があります。オススメなのはブラックの下着。どんな服装にも合う汎用性の高さと、ほどよく男性のエロティシズムを刺激できるはず。

せっかくのベッドタイムはロマンチックな気分で過ごしたいもの。お互いにいい時間となるように相手のことも気遣いながら準備してみましょう。

Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)