本命には禁物!「元カレ」の存在を感じさせてしまうセックステク

 by 佐々木英造


愛する男性とのセックスにおいて、相手を気持ちよくさせたいという意気込みはとても大事です。そのために、これまでの経験で得たテクニックを駆使して、奉仕しようとするでしょう。

しかし男性は、自分の彼女に前の男の影を感じるのを嫌います。あなたが身に付けたテクニックは、元カレが喜んでいたものではないか、教え込んだものではないかと、想像してしまうのです。すると、急に不機嫌になったりします。

今回は、男性の肉体や心理にも詳しい看護師の大木アンヌさんに、「元カレの存在を感じさせてしまうセックステク」をお聞きしました。

「元カレ」の存在を感じさせてしまうセックステク4選

■1:フェラチオのときに唾を垂らす

「AVではお馴染みの行為です。男性から見ると、自分の性器に唾液を垂らされるというのは視覚的にインパクトが強く、大変興奮するテクニックではあります。

しかし、なかなか女性が自ら行うものではありません。あきらかに男性からの指示によって行うようになったと捉えるでしょう。そこに元カレの存在を感じてしまいます。

男性器をくわえているあなたを見て、『ほかの男にもこんなことしてるんだ……』とデリケートな男性は考えてしまうのです」


■2:意外な部分を責める

「性感帯というと、一般的には性器や乳首といった部分になります。大方の人はその部分に刺激を受けると快感を得ますが、カラダにはほかにもいくつか性感帯があるもの。位置は人によって様々です。

耳や首筋などは知られていますが、アナルやさらに理解不能な部分に及ぶこともあります。元カレに、その部分を責めるように言われて従っていたこともあるでしょう。しかし、それはあくまでその男性のみが感じる部分です。

同じように、今の本命の彼にしてしまってはいけません。『前の男はこれが好きだったのか……』としんみりさせてしまうことになります」


■3:過剰にあえぐ

「セックスにおいて声はとても重要です。女性も、耳元で囁かれると興奮するという意見は多いです。

男性は、女性の喘ぎ声によってどれぐらい感じているかを測っています。それが大きければ大きいほど、自分のテクニックを誇らしげに思い、満足感を得ます。

ですが、過剰なあえぎ声は禁物。わざとらしく感じ、『前の男もこの声を聞いていたのか……』と思えば一気に冷め、興奮も薄れてしまいます。声は、少し恥じらう程度に出すといいでしょう」


■4:「入れて」「舐めて」と自分から求める

「交際期間が短かったり、セックスもまだ回数を重ねていなかったりすると、なかなかスムーズに行為が進みません。だからといって、『入れて』『舐めて』と自分から積極的に求めてはいけません。

男性としては焦ってしまうし、『元カレとはもっとうまくいってたんだ……』と比較してしまいます。相性が悪いと思わせてしまうかもしれません。

まずは男性にリードさせて、身をゆだねましょう。何度もカラダを重ね、互いにもっと刺激が欲しいと思うようになったら、積極的な姿勢を示しましょう」



いかがでしたか?

男性の心は意外と繊細です。ちょっとしたことでショックを受けがち。前の男の影を感じて、勃起しなくなるということも考えられます。いろんな意味で、女性は男性を立ててあげなければいけないんですね。


【取材協力】
大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。

Written by 佐々木英造