最初が肝心!デートの待ち合わせで好感度を上げる方法

 by 佐々木英造


思いを寄せている相手とのデート。少しでも好印象を与えるために、服などに最大限に気を使うことでしょう。

そして、いよいよ待ち合わせ。いろいろシミュレーションはしたものの、いざ顔を合わせると、緊張して頭は真っ白に。でも、この待ち合わせでの印象はとても大事。その日のデートを左右するといっても過言ではありません。

今回は、元No1.キャバ嬢で、現在はフリーライターとして活躍するナナミ・ブルボンヌさんに「デートの待ち合わせで好感度を上げる方法」をお聞きしました。

デートの待ち合わせで好感度をいっきに上げる方法4つ

■1:ちょっと遅れて走ってくる

「会いたいという気持ちが先行して、時間より早く待ち合わせ場所に着いてしまいそうになると思いますが、ここはグッとこらえましょう。ちょっと遅めに到着するように設定してください。

そして、先に到着している彼を見つけ、彼もまたあなたを見つけたら、それがスタートの合図です。ダッシュで彼のもとに駆け寄ってください。遅れて申し訳ないという気持ちと、会えて嬉しいという気持ちを表現するように、走りましょう。

彼はきっと、ダッシュを見せてくれた快活なあなたに好感を抱くはず。ただこのとき、あまり豪快に走りすぎると引かれる恐れがあるので、あくまで小走り程度にしておきましょう」


■2:本を読みながら待って知的な印象を与える

「待ち合わせ時間の少し早めに到着して、本を持って読んでいましょう。このときは雑誌ではなく、小説などの文字が多めの本がいいですね。本を片手に待っている姿は、彼の目に理知的に映るはず。品があるようにも感じます。

そして彼が近付いてきているのに気付いていながらも、本に集中しているふりをしましょう。名前を呼ばれて顔を上げたとき、ハッと我に返ったような表情をしてください。真面目な文学好きの女性のあどけない一面に、彼のハートは射抜かれるでしょう」


■3:振り返って笑顔を見せる

「待ち合わせ時間の少し早めに到着し、彼を待っていましょう。そして、どこを見るでもなく、視線を泳がせてください。ボーっとしているように見せながらもアンテナを張り、彼の存在をいち早く察知しましょう。

視線の端にその存在を捉えたのなら、彼が向かってくる方とは逆に体を向けましょう。少し俯き気味で待っているところに、彼から声が掛かります。そうしたら、パッと振り向いて満面の笑みを見せてください。

まるで飼い犬が、飼い主の帰りを待ちわびていたかのように、嬉しさを笑顔に込めましょう。そんな健気なあなたに、彼はノックアウトです」


■4:会ってすぐにどこかを褒める

「彼と顔を合わせて、緊張で頭が真っ白になってしまうかもしれませんが、なんとか褒める部分を探してください。服が可愛いとか、バッグがオシャレとか、なんでもいいです。センスの良さを褒めてあげてください。

男性は、容姿よりも、そういった能力を褒められることを好みます。『こいつ俺のこと分かってくれている』と思うのです。それを会うたびに繰り返し、いろいろ褒めているうちに、彼はあなたと一緒にいることに居心地の良さを感じるようになるのです」



いかがでしたか?

これで、あなたの評価は急上昇。好感度もいっきに上がります。楽しいデートになることは間違いなし。さらにその先の、将来のことまで考えさせるような、素敵な印象を与えられるといいですね。


【取材協力】
※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

Written by 佐々木英造