カジュアルセックスとは?セフレより男友達とのエッチが良い理由

 by 佐々木英造


特定の相手がいない場合、“セフレ”という関係間でセックスをする方も多いのではないでしょうか。「お互いの性欲のために、セックスだけをする関係」を俗にそう言い習わします。気楽で、欲求を解消するには適した関係と思われがちですよね。

しかし、これからオススメするのは、男友達とのエッチです。セフレではなく、男友達とセックス「も」する関係のすすめです。「それってセフレと何が違うの?」と疑問に思ったそこのアナタ、実は大きく違うんです!

今回は「セフレよりも男友達とのセックスが優れている理由」についてご説明いたします。

男友達とエッチ「も」する関係が素晴らしい理由3つ

■1:カジュアルなセックスが楽しめる

セフレよりも重くなりにくいのが、男友達の特徴です。

いつもセックスのためだけに会っているセフレは、一見ドライな関係に思われがちです。しかし、「他の部分も知りたい」「仕事場ではどんな人なのだろう」などと、様々な興味を持ったり持たれたりしやすく、それが徐々に独占欲に変わってしまうこともあるのです。

それに対し、男友達とは普段他の用事で顔を合わせることが多いため、変な恋愛感情は生まれにくく、カジュアルなセックスが楽しめるのが特徴です。普段の生活では良き友人関係でありながら、夜はセックスができるという、昼夜を問わない「丁度よい関係」の出来上がりです。


■2:共通の友人が多く、二人の秘め事により興奮が高まる

セフレよりも共通の知り合いが多くなりやすいのが「男友達」という関係です。周囲に体の付き合いがあることを隠さなければならない場面も多々あり、面倒に感じてしまうかもしれません。

しかし、そういった共通の秘め事を持つことこそが、男友達とのエッチのポイント。お互いの秘密を共有することで、より興奮が高まります。セックスのときでしか顔を合わせないセフレより、「普段のお互いを知っていて、共通の友人たちには決して言えない」という背徳感を持っているからこそ、男友達とのエッチは快楽が深いのです。


■3:他の楽しい遊びも共有できる

セフレと違い、エッチだけの関係に陥りづらい「男友達」の利点のひとつが、他の趣味も共有できるということ。

例えば、相手との共通の趣味が音楽鑑賞だったとしましょう。普段セックスをする関係でしかないセフレとは、なかなか一緒にライブやコンサートに行くことにはなりませんよね。

しかし、男友達の場合、他のシーンでも顔を合わせていたり、はたまた元々仲良くなったきっかけが共通の趣味だったりする場合も多く、一緒に趣味欲を満たすのは自然な流れです。一緒にライブに行き、夜はセックスも楽しめるというオマケつき。決してセフレとでは味わうことのできない楽しい一日を過ごすことができるのです。

セフレのいる方は要注目!これからは「セフレ<男友達」の時代

そもそもセフレの中には、「元は友達だったけどセックスをするようになってから、セフレになってしまった」という相手がいるかもしれません。なぜだか一度セックスをしてしまうと、“男友達”ではなく“セフレ”という関係に落ち着いてしまいがちですが、「男友達なんだけど、セックスもできる関係」の方が良いこと尽くしです。

思い当たる節のある方は、是非今回の記事を参考に、以前のような友人関係に戻してみてください。セフレとでは味わえない興奮と満足度がアナタを待っています!

佐々木英造プロフィール


佐々木英造
ネットや実話誌などで執筆をするライター。趣味はゲームやネットなどかなりのインドア派。ひきこもりから一転、人間関係を学び、コミュニケーションデザイナーとしても活動を始める。

Written by 佐々木英造
Photo by Cathy Yeulet