元彼を忘れるためにがんばった思い切った行動アレコレ!

 by Gow!Magazine編集部


大好きな彼と別れてしまった。彼と過ごした日々、彼との思い出、早く忘れなきゃいけないのに、忘れようにも忘れられない。どうしたらいんだろう。そんな元彼への気持ちを忘れるためにした、思い切ってがんばった行動を集めてみました。みんな涙ぐましい努力をして、元カレのことを忘れようとしています。

クローゼットの中を総入れ替えした

まずは思い出の整理から。もらったプレゼントや写真を捨てるのは序の口で、彼といた日に着ていた服を全部捨てた、という人がいました。整理しているうちに、あれもこれもとなったのでしょうね。気持ちは分かりますが、着るものがなくなったら困るんじゃないでしょうか。忘れるにもお金がかかります。

引越しした

けれど、お金がかかるといえば、家そのものを変えた、という人も。駅から彼と一緒に歩いた道を通るたびに胸が締め付けられてついには引っ越してしまったようです。けれど、これはかなり有効な方法だと思います。新しい家には、新しいお店、新しい美容院、新しい駅。そこに新しい出会いがあるはずです。手間とお金をかけただけのことはあるかもしれません。また、ここまでした、というだけですんなりと気持ちが切り替えられることも。

バイトをやめた


彼と同じバイト先で、顔を見るのが辛くてやめたという人もいます。これも、可能ならやめたほうが未練が残らずにいい方法です。新しいバイト先に出会いがあるかもしれません。ただ、辛くて引きこもってしまう、ということはできるだけやめましょう。引越ししてバイトも辞めて、誰にも合わずに引きこもりになってしまったら、なかなか立ち直るきっかけが掴めません。忘れるのは、あくまで立ち直るためです。しばらく落ち込むのは当然ですが、人との出会いそのものを断ち切るのはやめましょう。

スマホを壊した

一番の強者は、彼氏との思い出の写真やLINEのメッセージがこもったスマホを壊してしまった、という人です。さすがに壊すのはためらいますよね。でもそれくらい思いつめていたんでしょうか。新しいスマホにすることで、気持ちが切り替わるなら、それもいいかもしれません。お金もかかりますが、引越しに比べたら安いですし、考えようによっては悪くないかもしれませんよ。

いかがでしたか。好きだった人を忘れるのは辛いものです。楽しかった思い出があればあるほど、過去にするのはさみしいものです。だけど、止まったままではいられません。前に進みましょう!

Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)