結婚していても解決しない! アラサー女性の憂鬱あるある

 by Gow!Magazine編集部


結婚をする前は、結婚さえすれば幸せになれると思っていた。ずっと結婚がすべてでゴールだと思って婚活をしてきた。しかしいざ結婚はしたものの、悩みは増えるばかり。今回は結婚してからのさらなる悩みをピックアップ。少しでも楽に生きられるヒントにしてほしい。

1、 親・親戚の干渉が倍に

結婚すれば今迄のような、周囲のおせっかいは止むと思っていた。しかし、結婚したらで、例えば子供の話が、自分の親と相手の親で2倍になるのです。そして、独身時代は多少回避してきた生々しいツッコミが増えてきます。結婚したからといって周囲からの視線は意外とかわないのが辛いですね。

2、 共働きで負担倍増

このご時世なのだから、旦那だけの収入で生活をしていくなんて甘い考え。ですので、自分は引き続き会社勤めをしながらも、家事をやらなければならないのです。自分1人なら家事なんてやらなかったのに、夫がいる以上そういう訳にはいきません。話し合い、上手く2人で分担できるように説得するのがいいいでしょう。

3、 たとえ子供を生んだとしてもその悩みから開放されない

独身女性の皆さんは、この恐るべき実態を知って驚いているだろうか。結婚して子供を産んだところで、あなたはおせっかいから解放などされない。干渉はどこまでもついてまわるのだ。
子供の数、性別、名前、そしてもう少し大きくなればその子のしつけ、習い事、学力、お受験など。世間が目を光らせる事はもはやきりがなく悩みはずっと付いてまわるのだ。

結論をいうならば、どうせ女の人生は周囲からの干渉と雑音まみれ。ならば、自分の最もしたい事を選択していくのが重要ではないだろうか。人に左右されずに、自らが定めた道を見極められるようにしたいものである。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)