アプローチ?酔っぱらって電話をかけてくる男友達の心理

 by Gow!Magazine編集部


明日も仕事だし、もう寝よう……と横になった途端に、男友達から直電がかかってくることはありませんか? わざわざ電話するくらいだから重要なことかと思ったら、大したことは話さないし、どうも酔っ払っているみたい。女友達にそのことを話すと、「それってアプローチかけているんじゃないの」なんて言われて。でも電話はかかってくるもののはっきりと好きだと告白されるわけでもないし。なんなの?どういうつもりなの?
そんな、酔っ払って電話をかけてくる男友達の心理についてまとめてみました。

1. 甘えている

はっきりしているのは男友達があなたに甘えているということです。酔っ払っているときに上司と電話したいと思う人はあまりいませんよね。判断力も決断力も緩んでいる状態だからこそ、取り繕わない自分を見せてもいい、優しい人と話がしたくなるのです。そう、彼はあなたに甘えているのです。

2. 口説こうと思っている

そして、その甘えた彼が、酔った勢いで、あなたを口説こうとしている可能性は十分あります。普段は言えないけれど、お酒の力を借りて、というわけですね。できるならシラフの時に告白してもらいたいものですが、気の小さい男性の場合はよくあることです。回数を重ねてきたら、いつか告白されるかもしれません。

3. 振られたときの逃げ道に

なぜ、酔っ払っている時に告白しようとするのかというと、振られても「酔っていたから、ごめん、覚えてない」と言い訳ができるからです。つまり、傷ついた自分のケアを考えているんですね。彼の告白が本気かどうかわからないのも当然で、逃げ道を残して、あなたの反応を伺っているのです。

4. 気楽

そして、口説くわけでもないのに電話をかけてくる場合は、ずばり、あなたが気楽な存在だから。甘えているのともちょっと違い、軽く見ている場合もあるので注意しましょう。
ただ、それだけ気を許しているとも言えます。あんまりにも頻繁で迷惑だったら酔っていない時に、「次の日、朝早いときがあるから、なるべく電話はやめて?」などとやんわり釘を刺しましょう。

5. 自分に気があると思っている

一番の勘違いは、自分に気があると思って電話かけてくる男友達です。自分のことが好きだから、電話をしたら喜ぶだろうと思っているのですね。そんなことは全くなかったとしたら、ちょっと冷たくして、現実を分からせてあげましょう。余計な同情はいりません。

男友達と一言で言ってもいろんな関係があると思います。ただ嫌いな人に電話をかけてくることはないので、あなたを必要としていることは確かです。あとはあなたがそれを嫌と思うかどうかで判断してみてください。

Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)