結婚後も仕事を続けたい! 取得しておくと便利な資格とは?

 by Gow!Magazine編集部


 女性は、結婚して子どもを産むとそれまでのように働き続けることが難しくなります。そこで大切になってくるのが資格。短時間の勤務でも効率よくお金を稼ぐため、時間のある独身のうちに興味のあるものを取っておきましょう。

時間に融通がきくことが重要

■調剤薬局事務

 調剤薬局事務は、ライフスタイルに合わせて働くことができる職種として人気があります。家事や育児の隙間を縫って、しっかりと稼ぎましょう。専門職なのに、比較的取得しやすいところも魅力です。
仕事内容は、受付、処方箋内容のコンピューターへの入力と会計、保険負担分を請求するための患者ごとの診療報酬明細書の作成など。慣れればサクサクとできる仕事です。

■ケアマネージャー

 高齢化が進む一方の現在の日本では、持っていれば必ず役に立つ資格です。仕事内容は、介護サービスを受ける利用者の置かれた現状を把握し、適切なサービスを提供できるよう、事業者との間を調整すること。実際に利用者宅を訪問し、自ら聞き取り調査を行うため、コミュニケーション能力と、情報を的確に分析する力が必要となります。

■ファイナンシャルプランナー

 税金・保険・年金など、日常生活に関係のある法律に詳しくなることから、仕事としてだけではなく、自分自身の生活にも役に立つ便利な資格です。さまざまな業種から求められるので、取得しておくと就職活動の際に大きな武器となります。
2級までは比較的取りやすいのですが、1級となると合格者数はそれほど多くありません。それだけに、頑張って取得しておけば差をつけることができます。

■歯科助手

 どこの街にも必ず数軒はある歯医者さん。そのため、夫の転勤などで引っ越しをしても、比較的仕事を探しやすい資格です。
仕事内容は、受付や会計、歯医者さんの診察の補助など。午前中や午後だけというような働き方も可能なので、子育てをしている主婦のニーズにぴたりとはまります。未経験でも取得しやすいところも魅力です。

■保育士

 働く女性が増えた今、保育士の有資格者は引く手あまた。就職への間口が広いので、無理なく仕事を見つけることができます。毎日たくさんの子どもと触れ合うので、子ども好きなことは必須条件。また、母親たちとうまくコミュニケーションがとれることも大切です。
定員制ではなく、試験を受けて合格ラインに達すれば資格がとれるので、比較的取得しやすくなっています。学んだ知識は自分自身の子育てにも生かせるので、たとえ仕事に就かなかったとしても、決して無駄にはなりません。

 子どもを育てながらの仕事は、時間に融通がきくことがとても重要。少しでも有利な働き方を実現させるため、今のうちに資格を取っておきましょう。実生活に生かせるものも多く、毎日の暮らしにも役立ちます。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Victor1558