自分らしさを活かして

 結婚できる女になるのも同じ条件です。とはいえ、自分らしさを追求して、仕事に趣味にと生きた女性のほうが独身で残っている場合も多く見受けられます。どうやって結婚までたどり着くのが正解なのか、実際のところわからなくなってくるでしょう。特にアラサー世代になると迷い始めてしまいます。大事な自分らしさを活かして結婚できる女の仲間入りするためにはどうしたらいいでしょうか?

◆趣味を活かして相手を探す
 自分が没頭できる趣味がある人は、その趣味を活かして出会える相手を見つけるといいでしょう。とにかくワンちゃんが好きで休日はワンちゃんの散歩で終わってしまう…なんて場合は、ワンちゃんが集まる場所で男性を探すというのも立派な婚活のひとつです。同じようにワンちゃんを大切に思う相手だからこそ、最初から自然と距離が縮まりやすいですし、仲も深まっていくはずです。こういった共通の趣味があるかどうかというのは2人を引き合わせる大切なきっかけ。趣味を活かして異性を探してみてください。趣味が一緒だと結婚してからも円満に進んでいける夫婦が多いです。

◆理想の相手に合わせる
 今まで自分らしくと頑張って生きてきたけど、いい人がなかなか見つからなかったという人は、まずは近づきたい理想の男性を見つけてください。実在する人でなくとも、妄想の中でも大丈夫。理想をイメージしてみてください。その人の隣で並んで歩くためには自分にはどんな部分が足りないのか、どんなところを努力して近づけていくべきなのかを考えてみます。そうして理想の相手の隣で歩ける自分へと近づけていってみてはどうでしょう。自分が変わらないまま理想ばかりを求めていても始まりません。自分が理想に近づくことも大事な婚活です。

◆今まで興味がなかったことにも興味を持つ
 自分のスタイルを変えるのは難しいものですが、ある程度アラサーにもなれば周りにも目を向けてください。好きな仕事に没頭していた人や、真の恋愛を追い求めていた人でも、そろそろ結婚をしたいと焦りだすアラサーですが、その年齢にもなると何をどうしていいのかもわかりません。そういうときは思い切って、一度自分らしくないことをやってみてください。今までの自分よりまた成長できますし、新たに興味のある分野へ踏み出せば、また交友関係も広がっていきます。そこで異性との出会いのチャンスも生まれます。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Lara Cores