自分をキャバ嬢だと思い込め!ハズレ合コンを乗り切る方法

 by 姫野ケイ


出会いの場、合コン。
しかし、合コンにはハズレもつきものです。ハズレ合コンになってしまわないよう、幹事には充分人選に気をつけてもらいたいところですが、幹事がメンバー全員と知り合いというわけではないのでなかなか難しいですよね。

全員タイプではない、話が盛り上がらない、誰かが欠席して人数が足りないまま始まった……といったハズレ合コンに当たってしまった場合、どう乗り切ればいいのでしょうか。

ハズレ合コンをポジティブに乗り切る方法をご紹介します。

ハズレ合コンをポジティブに乗り切る方法

●その1:飲食に徹する

出会いはあきらめ、飲食を思いっきり楽しみましょう。ご飯が美味しいお店やお酒の種類が多い店の場合は、普段は食べられない物を食べたり飲んだりしてみましょう。
男性のおごりだった場合はラッキー、ワリカンであっても食べたもん勝ちです。


●その2:友だち感覚で楽しむ

どの男性もタイプではなく、恋に発展しないと分かったら、男性陣と友だち感覚でおしゃべりを進めてしまいましょう。
しかし、男性に自分に気があるのかと勘違いされてしまわないよう、色気のない話を選ぶのがベター。休日の干物具合や、女子らしくない自虐話を咲かせましょう。
もしくは、普段聞きたくても聞けない男性の本音を聞き出せる場として活用するのもアリです。


●その3:次に備える

出会いはどこにあるか分かりません。その日の合コンに来た男性陣がハズレでも、仲良くなっておくと、その男性経由で別の出会いがある可能性もあります。

また、今後合コンを組むこともできるので、女性陣で仲良くなるのもいいでしょう。一人で婚活に励むのではなく、仲間で励むとより効果的に出会いを見つけることができます。


●その4:一次会でそそくさと退散

上記のようなポジティブな思考もできないくらいのハズレを引いてしまった場合、適当に会話を流した後、一次会でそそくさと退散しましょう。

早く帰宅し早く寝て、お肌のコンディションを調えて次の合コン計画を立てましょう。


●その5:キャバ嬢だと思い込む

自分は超売れっ子キャバ嬢だと思い込み、男性の話をニコニコ聞く事に徹しましょう。キャバ嬢と思い込んでもお給料は発生しませんが……。

しかし、そういう男性相手に聞き上手を鍛えれば、今後別の男性に出会った際に好印象を抱いてもらえるはずです。

合コンには心に余裕を持って臨むこと

合コンは運ですから、何度合コンしても当たりに巡り会えないこともあります。

期待をし過ぎず、当たりじゃなくても、大ハズレじゃなかったからいいかぁと心に余裕を持って臨むと良い出会いが巡ってくるかもしれませんよ。

Written by 姫野ケイ
Photo by Kevin's© photonote