男ウケに必死過ぎ…女友達の過剰なモテテクにドン引きした瞬間

 by 柚木深つばさ


世にはびこるモテテク。男性と話すときは聞き上手に、そしてリアクションを忘れないこと。飲み会ではお皿をきちんと取り分けて、気が利くところを見せること。……といった、少しでも男性受けをするために、女性が実践するモテテクは数知れず。

しかし、なかには「さすがにそれはどうなの?」と思ってしまうようなテクニックもごまんとあります。

今回は、そんな女子がドン引きした女友達のモテテクを調査してみましたのでご紹介します。あなたの身の回りにも、こんなモテテクを披露している人いませんか?

女子が女友達のモテテクにドン引きした瞬間5選

●その1:壇蜜に憧れる女

「合コンの帰り、友人から『あのビールの飲み方はないよ』と注意されました。『ちゃんと手を添えて、女らしくしないと。いい?』というなり、手持ちのペットボトルで上品に見える飲み方を徹底指導。他にも笑い方や細かいしぐさまで指導され、最終的に『これで勉強して』と壇蜜のDVDを貸してもらいました。面倒くさ!」(28歳/広告)


●その2:アレルギーよりもモテを優先

「男友だちの家に遊びに行ったら、かわいいワンちゃんがお出迎え。女友だちは『わ〜、かわいい!』と喜んでましたが、私は昔から動物が苦手で……。それを彼女に話したら『私も動物苦手なんだけど、男ウケが悪いから無理やり好きなフリしてる』といわれてビックリ。男のためにそこまでする必要あるのでしょうか」(27歳/販売)


●その3:時間のムダにしか思えないテク

「恋多き同僚いわく、『男からのLINEを既読にするタイミングは大事!』だそう。しかし、『こういうのは、ちょっと伸ばした方がいいよ』『それはすぐに返した方が……』と、あれこれ考える同僚に内心ドン引き。LINEごときにそんなに振り回されるのはどうなの?」(29歳/IT)


●その4:スキンシップのための下準備

「私の友だちはやたら男へのスキンシップが多いです。彼女の場合、男の足をポンと触るだけのために、事前にアイメイクをちょっと濃くしたり、わざとブラのヒモが見えるようにずらしたりするんです。以前、トイレでその下準備をしているのを見て、苦笑いでした」(28歳/製造)


●その5:女は心から綺麗にならなきゃモテない?

「『男にモテるには心から綺麗にならなきゃ』が口癖の友人。エステサロンに勤めた経験なのか、よれよれのシーツなんか履いてちゃ男も寄ってこない、って豪語するんです。おかげで、彼女の身の回りにはいつも新品なバッグや腕時計がズラリ。でも、いつまで経っても彼氏ができないのは、どうしてなんでしょう……」(30歳/メーカー)

人の振り見て我が振り直せ、あなたは大丈夫?

どんなにモテる友人からの助言でも、男を落とすテクは自分にあった方法が一番。
あなたの自然な魅力が男性を惹きつけているかもしれませんよ。

むやみにモテテクを使わず、ここぞというときの武器にしておくのがいいかもしれません。

Written by 柚木深つばさ