【恐怖】私が男性からもらったコワいプレゼント…その中身とは

 by ハラカナエ


好きな男性からプレゼントをもらえたら、どんな女性でも嬉しいですよね♪

けれど、たいして知り合ってない男性からの贈り物は「え? なんでこれを私に…?」と、途端に怖く感じるもの……。

今回は、付き合っているわけでもないノーマークな男性から突然渡された、思わず背筋がゾッとしたプレゼントを紹介します。
背筋がひんやりとする話で残暑を吹き飛ばし、気持ちの良い秋を迎えましょう!

背筋がゾッ…恐かった男性からのプレゼント

●その1:下着

「私が通うバレーサークルのメンバーの男性が誕生日だったので、みんなでプレゼントを選び、私が代表として男性に渡しました。すると、私からのプレゼントと勘違いしたのか、翌日に『昨日はありがとう! これお返し』と私だけ包みを渡されました。家に帰って開けてみると、真っ赤なスケスケのブラとショーツが入っていてドン引き……。しかもブラのサイズが一致していて、背筋に悪寒が走りました」(28歳/広告)


●その2:1年分のポエム

「SNSで、趣味を通じて知り合った男性と直接会うことになりました。待ち合わせ場所に現れた男性は、なかなかのイケメン。『今日は渡したいものがあって……』と差し出された分厚いノートには『会いたい会いたい会いたい……』などと綴られた1年分のポエムが書かれていました。恐怖を感じました」(32歳/ライター)


●その3:ペアの指輪

「バレンタインデーに、職場の上司に義理チョコを渡したのですが、なんと、ホワイトデーのお返しにと指輪を渡されました。あ然としていると『同じ職場だと、すぐにみんなにバレちゃうね!』と、自分の指に付けているペアの指輪を見せられて、気が遠くなりました」(28歳/旅行代理店)


●その4:年齢の数のバラ

「誕生日へと日付が変わった夜の12時に、『お届けものです』と玄関チャイムがなりました。チェーンをかけ、恐る恐る出ると、職場の同僚が『生まれて来てくれてありがとう。愛してます』と年齢の数のバラを抱えて立っていました。あいさつ程度しか話したことがないのに、なぜ私のアパートを知ってるの……と鳥肌が立ちました」(26歳/出版社)


●その5:家

「合コンで知り合った男性から、『男女数人でBBQをするから』と誘われ自宅に遊びに行くことに。しかし男性の家に行くと誰もおらず、ひたすら自分が新築した家の自慢をしながら部屋を案内されました。一通り見て終わると、『気に入った? 今日からこの家は君のモノだよ』と言われ、怖くなってダッシュで逃げました。合コンで1度会っただけなのに……」(35歳/経理)

次に恐ろしい目に遭うのは…あなたかも?

こんなにも背筋がゾゾッとするプレゼントが世の中にあるなんて……!!

「どこに良縁が転がっているか分からないから!」と言って、手広く交友関係を広げている婚活女子の皆さま、くれぐれも男性に勘違いさせてしまい、恐ろしいプレゼントを贈られないよう、お気をつけ下さいませ。

Written by ハラカナエ
Photo by adamr