エロとは天と地の差!アラサーだからこそ引き出せる色気とは?

 by 南美希子


色気はよくエロさとはき違えられる。

でも、実は天と地ほども違うものなのである。

エロさとはストレートな性的表現であって、過剰な肌の露出や誘えばすぐに落ちそうなたたずまいなど、下世話な劣情とチューニングしやすい。

分かりやすく言うと、男たちが「ヤリたい!」と思う雰囲気を充満させているのがエロい女性といえるかもしれない。

“枯れ感”のあるアラサー女にエロは似合わない

うんと若いころはエロさこそが女の色気だと思い込んでとんだ間違いを犯す女のコも少なくない。

エロさ=モテ系だと思い込んで、10代20代はエロさを目指してみたりする。

短すぎるスカート、バストがちら見出来そうな胸元、これでもかというくらい
グリッターを塗ったぎらついた唇etc……。

はたで見ていてもそんな稚拙さが可愛かったりするし、なによりも自分で気がつくものである。

「エロいということは必ずしも恋人の条件にはなり得ず、また、エロさを前面に出すことは意外と割にあわないものだなあ……」と。

これで気がついた人はいいが、中にはエロさこそが女の色気と勘違いをしたままアラサーを迎える人がいる。

女性ホルモンの分泌は一般的に20代30代をピークに以降下降し始める。

つまり、30代も半ばを過ぎればまだ若い年齢であるにもかかわらず、20代と比べると微妙な枯れ感が出てくるものである。

このほんの少し枯れた感じにエロさは全く似合わない。

いわゆるギラついた感じのアラサー女子は敬遠されるものである。

モテるアラサー女には色香と清楚さが同居する

逆にモテるのはそこはかとない色気を漂わせた女性である。

一番モテるのは、ステディな恋人がいるのに、普段はものすごく清楚な雰囲気の女性。

エロさをものすごく上品にくるみこんだ感じで、どこかかすかにそれを感じるが、むしろ劣情の対象というより、憧れの対象というポジション。

そう、おわかりだろうか……。

彼氏がいる・いないは別として、アラサー女子の色気にはひねりが必要なのである。

ひとつは、二面性。

清楚で凛とした雰囲気の中からエロさを想起させるたたずまい。

むき出しのお色気はタブーなのである。

淑女と娼婦が同居したような女性は男性の憧れであり、これこそが色っぽい女性の典型かもしれない。

そしてもう一つは、あくまでも、そこはかとなく漂う色香。

ギンギンぎらぎらむき出しのエロさはタブー。

常に異性を意識した装い、たたずまいであるけれど決してそれはストレートではない。

例えば、誰でも平気で人の目にさらしている「うなじ」。

このうなじの手入れが行き届いていてドキッとするほど女っぽいというのが一番の理想である。

つまり、バストをチラつかせて色気を演出することがいかに芸がないことか、もうおわかりだろう。

エロさは動物的に発散するものだが、色気は抒情的に表現するものなのである。

アラサー女子には是非心得ていて欲しいものである。

南美希子プロフィール


南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。

恋愛・美容エッセイスト|南美希子オフィシャルフェイスブックページ

Written by 南美希子
Photo by suvival198