スキー、スノボー…冬スポーツでアラサー女子が恋を実らせるテク

 by ウラバナツミ


冬といえば、ウィンタースポーツ!
ウィンタースポーツ最盛期のこの時期、これからスキーやボードに出かける予定を立てているというひともいるのではないでしょうか?

一面銀世界の非日常な空間では、恋のエンジンのかかり方も激しくなるものです。

しかしながらスキー場には、アラサー女子の恋活にとって大きな障害ともなり得る落とし穴があったのです!

ウィンタースポーツ恋活の落とし穴

アラサー女子がウィンタースポーツをするならば、気をつけなければならない注意点をご紹介します。


●その1:寝不足注意!

スキー場に行くとなると、やはり朝は早くなるもの。

普段はしない早起きをして目の下にクマなんて作っていったら、せっかくの恋のチャンスを逃してしまいます。

「低血圧だから」というのは理由になりません! 朝が早くても、スッキリ爽やかなお顔で集合しましょう。


●その2:カロリー計算をすべし!

スキー場に行ったら何を食べますか? 寒い雪山ではカロリーの高いラーメンやカレーが食べたくなるものです。

しかし、考えてみましょう。スキー場に来る途中で寄った休憩所でも高カロリーな食事をとっていませんでしたか?

朝も昼も、もしかすると夜も外食をするとなると1日の摂取カロリーはどのくらいになるのでしょう……。考えるのも恐ろしいですね。

ここはバランスを考え、定食を注文するのが吉です。


●その3:紫外線をシャットアウト!

医療品メーカー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」の調査によると、スキー場での雪面反射による紫外線量は、なんと夏のビーチの2.5倍!

夏場と違い、紫外線対策がいいかげんになりがちな冬場ですが、スキー場に向かうのならば夏と同じように万全な日焼け対策をする必要があります。

ゴーグル焼けなんてもってのほか。日焼跡が消えるまで、いったい何か月かかってしまうのでしょうか。


●その4:十分な保湿を!

空気中の水分も氷結し、雪となっているスキー場。そのため空気もかなり乾燥しています。

面倒くさがらず、こまめに保湿することを心がけましょう。

いくらゴーグルで隠せるからといっても、あとで痛い目を見るのは自分です。

ゴーグルの下にはうるうるお肌を装備、が基本です。

冬の恋を成就させるために!

ここまでウィンタースポーツの恋活での注意点をご紹介しましたが、メリットももちろんあります。

雪山では女性がみんな美人に見える「スノーマジック」という言葉があるように、大敵と思われた雪面反射もレフ板の効果を発揮し、ウェアは体系カバーの役割を果たすのです。

このスノーマジックを恋に利用しない手はありません!

雪山での注意点を守り、ウィンタースポーツで素敵な恋をゲットしちゃいましょう!

Written by ウラバナツミ