相手の本性を見極め!2回目デートでは男性のココをチェックせよ

 by 松原美穂


1度目のデートでいい感じだなと思った男性。

フィーリングが合うからといって、そのテンションでなんとなくお付き合いを始めてしまうと、後から相手の細かい粗が見えてきて一気に幻滅してしまうものです。

もちろんフィーリングも大事ですが、冷静に相手の細かい素の部分を見極めるには何を判断材料にすればいいのでしょうか。

ということで、今回は2回目に会ったときにチェックしたい男性のポイントをご説明します!

2回目に会ったらココをチェックすべし!

男性と2回目のデートにこぎつけたら、チェックすべきは相手の生活感や細やかな気遣い。

今後、お付き合いに発展するのかどうかを左右する大事な2回目のデートでチェックすべきところをご紹介します!


●その1:彼は目を見て話したか

話をするとき、彼はきちんとあなたの目を見て話してくれましたか? 

目を見ずに話をするのは、極度の恥ずかしがりやさんか、誠実さにかけるひとです。

目は口ほどに物を言うといいますが、その目を合わせたがらない彼は、心の中に本心を隠しているのかも。


●その2:彼の肌艶はよかったか

食生活や不規則な生活は肌に敏感に現れます。

知り合って間もないと相手の部屋に行ったことがないひとも多いですよね。

2回目のデートではわからない彼の食生活を測れるのが、肌艶なんです。

荒れた肌やニキビ、クマなどのある男性は要チェック。

自宅では、カップラーメンばかりで自炊しないグータラ男性かもしれませんよ。


●その3:靴はきれいだったか

人格は足元にでます。いくらハンサムでも、スーツをビシッと決めていても、靴が埃まみれな男性は残念です。

靴を磨く余裕がないくらい大変な生活を送っているか、汚れに無頓着な男性は、女性に対してもそのデリカシーのなさ、適当さをいつか露呈するはず。

「足元をすくわれる」という言葉そのままに、靴がきれいでなければちょっと疑ってみてもいいかもしれません。


●その4:ボディタッチはあったか

男性はなんだかんだ言っても、やっぱりセックスしたい生き物です。

2回目のデートでセックスとまではいかなくても、あなたの身体に興味があるかどうかは重要です。

たとえば手をつないだり、服についている髪の毛を取ってくれたり……。

そんな小さなボディタッチがあれば、彼があなたを女性として見ている可能性は大です。


●その5:爪がきれいだったか

男性だからといって爪に全く気を使わないひとは、部屋も片付けられない“汚部屋の住人”である危険性が大きいです。

彼の部屋に行ってみたらごみ屋敷! なんてことにならないように、押さえておくべきポイントです。


●その6:居心地はよかったか

居心地の良さは、直接相手の印象につながる大事なポイントです。

ただ、1回目はその場の流れや緊張して興奮していたりするので、あてにならないことも。

無理をしない状態で相手といて、本当に居心地がいいのかを意識的に確かめてみましょう。

お手洗い、と言って1人になれる時間を持ち、10秒ほど目を瞑って自分の感覚を確かめてみてください。

そのとき、本当にあなたは気分が楽ですか?


●その7:道路を歩くとき気遣ってくれたか

車道側を歩かされたらアウトです! 

もちろん持っている荷物やお互いにしっくりくる左右の方向などはあるのですが、車道側を歩かせているにも関わらずなにも言わないのは気がきかなすぎです。

あなたに好意があったとしても、スマートに歩道側へ誘導できないようなら、彼は恋愛経験値が低めだと思われます。

ですから、その後のお付き合いでもあなたが苦労する恐れがあります。

違和感を感じたら注意して!

他にも、「喫茶店であなたの分までナプキン、お手拭きを用意してくれるか」や、「寒くない?」「お手洗いは大丈夫?」など些細なことでもあなたを気遣ってくれないひととは付き合っても不幸になるだけかもしれませんよ。

男性の本性を見極めるには長い時間が必要です。

外で会っている間は何の問題もなくても、初めて部屋にいったら幻滅してしまったり、マンネリ気味になる頃にはあなたのことを居て当たり前の女のように扱ったりする男性もいます。

なるべく早い段階で相手の本性を見極めるのが、幸せな恋愛への第一歩ですよ。

Written by 松原美穂