モテ女子を目指すなら目よりも表情豊かな「唇」がポイントに

 by Gow!Magazine編集部


「目は口ほどに物を言う」ということわざがありますが、人間には、目よりもさらにいろいろな気持ちを表現できる顔のパーツがあります。

それは、唇。

唇は話をするためだけの部分ではありません。

効果的に使えば、男性を1回会っただけで落とすことも可能です。妖艶な唇の使いかた6つをご紹介します。

言葉ではなく唇の動きで語れ!

言葉で感情を表現するよりも、もっと効果的なのが唇の動きで語ること。

女子の究極の魅力である唇の動きを効果的に使って、男性の心をわしづかみにしちゃいましょう!


●その1:視線を感じた瞬間に男性を見ながら唇の端を恥ずかしそうに少しあげる

これは、あなたが他のひとと話しているときにさりげなくやるのが効果的です。

他のひとと話しているとき、別の男性からの視線を感じたら、一瞬チラリと熱い視線を送ってくる男性を見やり、恥ずかしげに少しだけ口角をあげるのです。

そうすれば、その男性は、自分が特別に意識されていると感じて「ドキッ」とするはず!

注意点は、すぐに目線を会話の相手に戻すこと。

相手からの視線を感じ続けても、しばらくは焦らすように相手を見ないのが重要です。


●その2:口元を笑顔にしたまま目を5秒閉じる

向かい合って座っている場合に、相手の話をききながら目を閉じて唇だけで好意を伝えます。

あなたが黙って目を閉じたことで男性を少し不安にさせつつも、笑顔で安心させるというドッキリ効果を使った方法です。

男性は思わずあなたの唇から目が離せなくなるはずです。


●その3:唇を突き出したり思いっきり横に引っ張ったりする

話を聞いてうなずきながら、唇を思いっきりタコのように突き出したり、歯を見せずに「ニィー」っと横に広げたりします。

男性が気になって、「何してるの?」って聞いてきたら、笑顔で「なんでもないよ!」と言いましょう。

謎な部分を残して、男性への印象付けをします。


●その4:唇を舐める

比較的やりやすいしぐさですが、行うにはタイミングを見極めることが大事です。

NGなのは、食事やケーキなどなにかを食べているとき。食事中にペロペロと舌を出すのは清潔感に欠けます。

お化粧直しでグロスを塗りなおしたあとの、プルプルの唇ですると効果が倍増します。

一度両唇を内側にしまうようにしてから、ちょっとだけ下唇を舐めるようにすると相手の視線をあなたの唇に誘導できます。


●その5:指で少しだけ下唇をなぞる

口元にそっと指を持っていき、なにげなく触るしぐさもオススメです。

グロスなどが指につかないように注意しましょう。

あまり長い時間触るのは逆効果なので、“向かい合った席で頬杖をついているとき”、“話すことがなくて沈黙が続いたとき”、“食べたいものを聞かれて答えに迷ったとき”など、ポイントで使うとよいです。


●その6:別れ際に下唇を噛む

別れるのが寂しいと感じている気持ちを唇で表現できます。

「また会えますか?」と質問してから、相手の返事を待っている間に使うと効果が高いです。

相手からOKの返事をもらったら、思いっきり笑顔を作りましょう!

それまでのさみしげな表情からのギャップ効果で男性も喜んでくれますよ。

唇テクで男性を魅了しよう

目元メイクには時間をかけても、口元メイクはほとんどしないというあなた。

それは、せっかくの恋のチャンスを逃している可能性大です。

いくらうまく唇テクを使っても、ガサガサで血がにじんでいるような唇では、男性もキスしたくなくなりますよ。

とくにこの季節、乾燥しやすい唇のケアは忘れずに行ってから、これらの唇テクを活用してみてくださいね!

目と同様に男性の視線が集まりやすい顔のパーツ“唇”を使って、男性を魅了してみては?

【PR】もっと魅力的な唇になれる♪

Written by 松原美穂